秋月ファンクラブ掲示板

  1. 74HC00のasyファイル(0)
  2. プレゼン電卓(56)
  3. 高品質TPEリアルラブドール通販ダッチワイフ販売店(0)
  4. 「Falcon」号のお飾りライティング(1)
  5. LT1054で昇圧コンバータ(10)
  6. Arduino Uno r3、A-D変換のリニアリティー(0)
  7. 色の違う2列の流れる点滅(1)
  8. BC817とBC807のSPICEモデル(0)

inara1(2018/12/16 Sun 02:01) [ 編集 ] [ 返信 ]

74HC00のasyファイル new!

Yahoo知恵袋の回答補足用にここを使わせてください。

こちらで使っている74HC00のasyファイルの中身はこれです。ファイル名は74hc00.asyです。

Version 4
SymbolType CELL
LINE Normal -16 96 -16 32
LINE Normal 64 64 32 64
LINE Normal -16 48 -48 48
LINE Normal -16 80 -48 80
CIRCLE Normal 32 72 16 56
ARC Normal -48 96 16 32 -16 96 -16 32
WINDOW 0 -16 16 Left 0
WINDOW 3 -32 113 Left 0
SYMATTR Value 74HC00
SYMATTR Description 2-input NAND gate
SYMATTR Prefix X
SYMATTR SpiceLine VCC=5 GND=0 SPEED=1.0 TRIPDT=1e-9
SYMATTR SpiceModel VCC GND
SYMATTR ModelFile 74hc.lib
PIN -48 48 NONE 0
PINATTR PinName A
PINATTR SpiceOrder 1
PIN -48 80 NONE 0
PINATTR PinName B
PINATTR SpiceOrder 2
PIN 64 64 NONE 0
PINATTR PinName Y
PINATTR SpiceOrder 3

daruma(2018/10/13 Sat 10:15) [ 編集 ] [ 返信 ]

プレゼン電卓

JPG 960x720 56.6kb

新ネタのご相談です。

例の『お知らせ座布団』の友人からの話です。
高齢者相手の「終活相談」のような場をイメージしてください。
「コレにいくら、コレコレにいくら・・・総額これくらい」と数字をあげて説明する場面です。

Excelで作ればと提案したのですが、タブレットやノートPCでは小さすぎ、プロジェクタでは大がかりすぎ、高齢者には画面上での表示がなじみにくく、現在はA3サイズのホワイトボードに文字を貼り数字はマーカーで書き入れているそうです。

電卓を使いながら、「これを」というところで「ここに」とボタンを押すと、その数字を取り出して保持(ラッチというんでしょうか)し外部に表示、電卓が次の局面に進んでも外部表示は残っているかっこうです。
計算機から作るのは遠大すぎます。電卓から取り出すのに液晶ではやっかいそうで、7セグLED表示ならと探したらこんなもの
https://www.amazon.co.jp/dp/B07FP7GMM2/ref=pe_492632_159100282_TE_item
を見つけて、中国直送で十日ほどかかって既に到着しています。

必要な桁数は7桁でこの電卓は6桁なのですが、最下位は"0"をゲタばきさせて見かけ上7桁でかまいません。下3桁くらいは"000"でもよいのですが、電卓側に見えないけど生きている桁があると誤操作のもとかと、全6桁を生かすほうがよいと考えます。

7セグ×6桁の信号線を取り出して保持するとなると大ごとでしょうか。
図で表示欄は7か所にしていますが、実際は9か所必要です。回路ができれば、それをいくつでも並べればいいんですよね。

電源は電卓(CR2032を使うようになっています)と表示回路用、大きなLEDを光らせるので取り出した信号線でそのままではなく増幅してと、そんな感じでしょうか。

付属の7セグLEDは3桁のもので"SP410361N"という型版です。調べてみると、"SP41"はアノードコモン"SP42"はカソードコモンのようですから、これはアノードコモンだと思われます。
http://www.avrobot.ru/product_info.php?products_id=2417

表示のクリアは、全欄いっしょにクリアのボタンで、その際最下位の"0"が残れば0表示ということで違和感ないと思います。

お忙しいところ申し訳ありません。motomuraさんのネタのあとでけっこうですので、よろしくお願いいたします。

inara1(2018/10/13 Sat 10:59) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: プレゼン電卓

さっそく新ネタですか。

その電卓キットに使われている7セグLEDは、以前改造した「2線式電圧計」
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=thread&id=317&page=7#id317
の表示に使われている3桁LED
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-09051/
と同じ端子配列ですね。2線式電圧計のLEDはずいぶん小さいのですが、電卓キットのは高さ15mmくらいはありそうです。

その7セグLEDはダイナミック点灯なので、その配線から数字を取り出すにはシフトレジスタというデジタルICを使う必要があります。レジスタという名前がついているように、シフトレジスタは記憶素子なので数字を保持できます。

こういう処理はPICマイコンでやれば簡単にできると思います(私はまだPICをマスターしていません)。なんじゃらほいさんがPIC版を考えてくれるかもしれません。

電卓に表示された数字を別のディスプレイに転送するのは、「転送スイッチ」を押すのでしょうか。転送スイッチを押すたびに、ディスプレイの上の段から下方向に数字が埋まっていくという感じでしょうか。他にオールクリア(9個全部を000000にする)のスイッチも必要ですね。

daruma(2018/10/13 Sat 13:40) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^2: プレゼン電卓

> 転送スイッチを押すたびに、ディスプレイの上の段から下方向に数字が埋まっていくという感じでしょうか。

表示先に対応したボタンがあって、[A]を押せば[A欄]に、[B]を押せば[B欄]にと考えています。欄ごとに同じ回路を並べれば済むのでそのほうが単純ではないかということと、他の欄まで表示したあと例えば[B欄]を変更するということが生じた場合にも容易に対応できるかと。
もっとも、総計を出してから上の欄を変更したからと言って自動再計算してくれるのは無理ですが。その場合は手動再計算し再表示です。

> 他にオールクリア(9個全部を000000にする)のスイッチも必要ですね

これについては、上にも書いたように、取り込んで表示している部分を消してゲタばき"0"だけが残るのがよいと思います。

> その7セグLEDはダイナミック点灯なので、

そうか、6桁が同時に点灯しているわけではないので、1つずつ順に取り込んでいかなければならないのですね。

> こういう処理はPICマイコンでやれば簡単にできると思います。

そうなんですか。なんじゃらほいさん、どうなんでしょう。
プログラミングが辛いので、回路でできれば部品点数が多くても・・・と思ったのですが。

inara1(2018/10/13 Sat 16:55) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^3: プレゼン電卓

>6桁が同時に点灯しているわけではないので、1つずつ順に取り込んでいかなければならない
そうです。それに関してですが、ハードだけで作る場合でも、PICで作るにしても、その順送りのクロック信号がないと、取り込めないのですが、基板のどこかにその信号が出ていないですかね。そのキットの回路図はありますか。製品のサイトを見ると、取説のような紙ッペラ(英語)がついているようですが、そこに回路図が書かれていないですか。

>プログラミングが辛いので、回路でできれば部品点数が多くても・・・と思ったのですが
ハードウェア版も考えます。うまくできるか分かりませんが。

daruma(2018/10/13 Sat 17:25) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^4: プレゼン電卓

回路図は出ていません。紙っぺらにもたいしたことは書かれていなくてQRコードが載っていました。それを撮ってみると、
https://pan.baidu.com/share/link?shareid=1932342389&uk=990159356
に行けました。(何度か再読み込みしないと開かないことがあります)
そこにもたいしたことは出ていません。

基板には表面実装パーツもなく、スイッチと抵抗6本コンデンサ2個、7セグLED、それに28ピンDIPのマイコン(35473D ATMEGA328Pと印字)を取り付けるだけです。クリスタルは付いていません。マイコンの内部クロックなんですね。
ATMEGA328Pは秋月にありました。AVRなんですね。Arduinoに使っているもののようですから、情報は豊富にありそうです。

> ハードウェア版も考えます。うまくできるか分かりませんが。

よろしくお願いします。

daruma(2018/10/15 Mon 12:03) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^5: プレゼン電卓

JPG 1024x768 186.2kb

キット中タクトスイッチが17個のところ16個しか入っていませんでした。足りない1個を送ってとAmazon経由でショップに英文でメールしたら、定休日なのでと日本語の自動応答が来ました。はたして来るかどうか。aitendoで5個100円なんですけど。

ATMEGA328Pは一応ソケット付けにしました。なにか有ったにしても書き変え環境もなにもないんですが。

7セグLEDはどう付けようか思案中です。11ピン×2のピンそれぞれを外出しすることになりますよね。LEDとパラで出すので、ソケット付けにしても直付けしても各ピンの基板裏から取ることになると同じことですし、ボタンとの関係であまり高くできません。328Pのソケットで既に少し高いんですが。
いったんサブ基板に出してそこでLEDのスペースと外出し線のスペースとに分けようかなという考えもありますが、ボタンと表示が離れてしまうと視線移動が大きくて操作性悪くなるでしょうし。

ところで、電卓には小数点もあります。利率や税率で少数の計算もあり得ますが、外部表示するのは整数値だけです。それでも一応小数点も外出ししておくほうがいいですよね。(ゲタばき"0"との絡みでおかしなことになるかな?)
「7セグ」LEDと呼びますが、小数点も入れて八つのセグメントが有るから「8セグLED」じゃないのかと以前から思っています。「七つのセグメントから成る文字」を表示するLEDだから「7セグLED」と呼ぶんでしょうかねえ。

シフトレジスタとは
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-08605/
の類でしょうか。「パラレル」とついたものも有るんですね。ストアレジスタというのもありますね。
8回路入3ステートラッチ74F373
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-13348/
というのもありますね。
こんなのを使うことになりますか。それぞれ似てて違うものなんでしょうね。

クロックは、ピンアサインを見ると
https://www.google.co.jp/search?q=ATMEGA328P+%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%B3&lr=lang_ja&hl=ja&rlz=1I7ADRA_ja&tbs=lr:lang_1ja&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=2ahUKEwjy476CuofeAhUSPnAKHejNDT0QsAR6BAgFEAE&biw=1517&bih=781#imgrc=A4xsnUViOUISMM:&spf=1539572417290
14pinのCLKOがそうなんでしょうか。

daruma(2018/10/16 Tue 10:28) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^6: プレゼン電卓

ATMEGA328Pを内部クロックで動かす作例は出てくるんですが、その内部クロックを取り出す例には行き当たりません。クリスタルやセラロックを付けて外からのクロックなら、そこから取ればいいんでしょうが。

inara1(2018/10/16 Tue 14:17) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^7: プレゼン電卓

クロックというのは7セグメントLEDをダイナミック駆動(順次走査)する信号のことで、マイコンのクロックのことではありません。普通は数10Hzから数100Hzくらいの矩形波です。

7セグメントLEDの8pinと9pinと12pinが共通のアノードになっていますが、そこに来ている矩形波の周波数が知りたいのです。厳密な周波数でなくてもいいですが、その信の3倍の周波数の信号を作って、数字データを読み込むクロック信号とするためです。

2組の7セグメントLEDの8pinと9pinと12pinにはたぶん同じ信号が来ているはずで、周期の1/3の区間だけHレベルで、Hレベルの時間が互いに1/3周期だけずれた信号になっていると思います。Hレベルの間だけ1桁分の7セグLEDが光るので、3桁が順番に光るという動作を繰り返しているはずです。

daruma(2018/10/16 Tue 14:23) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^8: プレゼン電卓

> クロックというのは7セグメントLEDをダイナミック駆動(順次走査)する信号のことで、マイコンのクロックのことではありません。

あ、それでわかりました。電卓が動くようになったら、オシロで調べればいいですね。

inara1(2018/10/16 Tue 15:34) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^9: プレゼン電卓

電卓が動くようになったらオシロで調べてください。

ところで、その電卓はボタン電池(CR2032)2個で電池は持つのですか。7セグメントLEDはかなり電流を消費します。6桁表示で平均電流が20mAだとしても11時間で電池切れです。

daruma(2018/10/16 Tue 16:40) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^10: プレゼン電卓

電源については
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=article&id=4400&page=1
で言葉足らずでしたが、外から供給するつもりです。CR2032(2個ではなく1個です)は使いません。

ACアダプターから三端子レギュレータで電卓へは3V、表示回路とLEDには5Vでも9Vでも。

外付けの7セグLEDは、付属のもののように3桁ダイナミック点灯の結線になっていなくても、1桁のものを基板上で同様に結線すればいいですよね。やや大きいのを選ぼうと思います。

daruma(2018/10/16 Tue 17:47) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^11: プレゼン電卓

JPG 1024x768 174.6kb

足りないスイッチが来るのを待ちきれなくて、とりあえず動くようにしました。電源はCR2032用ホルダを付けるところにピンを立てて安定化電源から3Vを入れています。
7セグLEDは、結局ボタンのキートップとそこそこの高さにおさまるよう直付けにしました。

起動直後は「CAL 1.5」とおそらくプログラムのバージョンでしょう、表示されます。マイコンって感じです。[ON/CLR]スイッチの代わりにピンセットでショートすると、"0"になりました。使ってみるとちゃんと動きました。

daruma(2018/10/16 Tue 17:49) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^12: プレゼン電卓

JPG 1004x709 360.2kb

プローブを8pinに、GNDを電源[-]に繋いでみました。
こう出ました。これでいいですか。周波数は"57.781Hz"と表示されています。

例によって0点より上にずれていますね。このあと、キャリブレートしたら0点になりました。こんなに毎回なおさなきゃならないんですか。このあたりが中華製でしょうか。

daruma(2018/10/16 Tue 19:21) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^13: プレゼン電卓

JPG 1004x709 372.1kb

CH2のプローブを9pinに繋いでみました。この見方では1/6ずれていることになりますか。CH2はきれいな矩形波ではありませんね。

daruma(2018/10/16 Tue 19:26) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^14: プレゼン電卓

JPG 1004x709 375.6kb

CH1とCH2を入れ替えてみました。やっぱりCH2の波形がこうです。こりゃオシロのCH2が悪いんだということですね。

周波数を見ると、小数位はばらついていて、概ね57Hzということのようです。

※明日は病院に一泊してきます。音沙汰できないと思います。

daruma(2018/10/16 Tue 22:27) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^15: プレゼン電卓

JPG 1004x709 367.9kb

布団の中でハッと思い当たって起きてきたら、やはりそうでした。先日と同じ過ちをしていました。
CH1はCouplingDCになっていましたが、CH2がCouplingACになっていました(おまけに1xでした。)。CH2もDCにしたら、ちゃんときれいな波形が出ました。(10xに直してもあります)

※CH1が下にずれていますね。キャリブレーションは合っているんですが。

inara1(2018/10/17 Wed 12:43) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^16: プレゼン電卓

JPG 567x718 53.5kb

>CH1が下にずれていますね
入力のカップリング(DC AC GND)をGNDにすると正しい0Vになりますが、それがずれていればキャリブレーションずれでしょう。

7セグLEDは6桁あるので、ダイナミック駆動用の信号は6種類あるはずですが、添付図のような波形でしょうか。

daruma(2018/10/17 Wed 17:43) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^17: プレゼン電卓

持病の都合でオヤシラズ2本抜くのに全身麻酔で一泊入院です。短時間で目覚めて時間ができました。
昨日は8pinと9pinを見ただけですが、そんな様子でした。2つのCHを使って順に2ピンずつ並べて見ればいいですね。帰宅したら早速やってみます。

↓管理人さん、消していただけるとうれしいです。

daruma(2018/10/18 Thu 18:33) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^18: プレゼン電卓

JPG 732x575 242.9kb

こんなふうになりました。
比較のためにCH1には常に上位12pinを入れ、CH2を順に上位9pin,8pin,下位12pin,9pin,8pinとして、上位12pinとのペアで観察しました。
図は、上位12pin上位9pinのペアの下に上位8pin,下位12pin,9pin,8pinを並べたものです。
方法はこんなことでよかったでしょうか。

見ると、下位から上位へ順に進んでいるのではないでしょうか。また、下位8pinの波形だけこうなっていますが、これはゼロ表示の状態で観察していて、他の桁は無表示なのに対しこの桁は0を表示しているからのようです。他の桁もなにか数字を表示させるとこのような波形になることがわかりました。つまり、空位だと矩形波、表示が有る桁はデコ形波ということです。

このような実験結果となりました。

inara1(2018/10/19 Fri 02:27) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^19: プレゼン電卓

> こんなふうになりました
ありがとうございます。下位から走査しているのですか。

daruma(2018/10/19 Fri 07:07) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^20: プレゼン電卓

キーインした数字が下位から上がっていくことに関係しているでしょうか。
表示のある桁はデコ形波になるのはなぜでしょう。

<管理者削除>(2018/10/17 Wed 15:44) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: プレゼン電卓

<管理者により削除されました>

daruma(2018/10/20 Sat 07:02) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^2: プレゼン電卓

管理人さん、削除ありがとうございました。

daruma(2018/10/27 Sat 16:32) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^3: プレゼン電卓

JPG 1024x768 152.2kb

1個足りないタクトスイッチは、中国のショップからメーカーに申請したから待っててくれと言って来たきり届きません。aitendoに同じ物を見つけて今日届きました。これで電卓本体の完成です。
キートップの印字は、付録のシール(右)があんまりな色だったので別に作りました。

inara1(2018/10/30 Tue 15:13) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^4: プレゼン電卓

キットの基板の裏面はパターンを追えるようになっていますか?裏面の写真があれば見てみたいです。

表は真っ黒ですが配線パターンはあるのでしょうね。

基板のパターンが分からなければ、7セグLEDから直接信号を取り出すしかないですね。

daruma(2018/10/30 Tue 19:43) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^5: プレゼン電卓

JPG 1024x768 173.7kb

基板は表も裏もハンダ付けする箇所以外は真っ黒にレジストというんでしょうか塗ってあります。うっすらとたどれるラインもありますが、両面ですので部品面は隠れている部分もあります。多層基板ではなく両面だけかもしれませんが・・・。もう1枚購入して、表面をペーパーがけでもしてみましょうか。

一応、AVRや7セグLED,C,Rのあたりはこんなふうです。部品面は
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=4425.jpg
のようになっています。

inara1(2018/10/31 Wed 02:02) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^6: プレゼン電卓

ありがとうございます。
7セグLEDは、電流制限抵抗なしでマイコンに直結のようですね。直結してもLEDは壊れないのでしょうか。

7セグLEDのアノード側の波形は以前のこれ
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=4438.jpg
ですが、カソード側(7セグLEDの1pin〜5pin)はどうなっているでしょうか。CH1を12pin(最上位のアノード)として、CH2で測定してみてください。CH2で測定するのは1pin〜5pinの中のどれか1つだけでいいです。

>もう1枚購入して、表面をペーパーがけでもしてみましょうか。
そこまでしなくてもいいです。

ダイナミック点灯の7セグLEDから数字を引き出す実験を始めました。以前改造した時計キット
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-01996/
から信号を引き出して実験しています。

表示を保持するデジタルICは74HC573
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-13265/
を使う予定です(シフトレジスタは使わないことにした)。これは最初にdarumaさんが言っていた「ラッチ」動作を行うものです。

1個の74HC573で1桁ぶんの保持を行うので、6桁で6個、9組の表示だと合計54個必要になります。1個40円なので2160円になります。他にもデジタルICをいくつか使いますが大量使用は74HC573だけです。

daruma(2018/10/31 Wed 12:07) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^7: プレゼン電卓

JPG 1004x709 368.5kb

CH1は12pin、CH2は1〜5,7,10,11について調べました。
5pin以外はタイミングも電圧もまったく同じです。
5pinだけは、オートOFFで無表示のときも含め常時H(3V)です。
これは表示値がゼロのときで、なにか数字を入れると、5pinも他と同じ波形になりました。

daruma(2018/10/31 Wed 12:20) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^8: プレゼン電卓

JPG 1004x709 390.8kb

5pinを見ていますが、上記「なにか数字を入れると」は、「"1"以外の数字を入れると」でした。図は"2"を各桁に入れて行ったときですが、下位から桁が埋まっていくにつれて谷が増えて行き、6桁全て埋まるとこのようにCH1がデコ波になります。5桁まではCH1は矩形波です。
1pinを見ると、入れる数字によって谷が移動し、増えはしません。これは見ているセグメントによる違いなのかと思います。数字とセグメントの対応を精査してはいませんが。

inara1(2018/10/31 Wed 15:59) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^9: プレゼン電卓

カソード波形ありがとうございます。その結果から、7セグLEDのアノード電圧波形の「デコ」の原因が分かりました。

7セグLEDを光らせないときは、アノードとカソードは両方とも3Vか、または両方とも0V(LEDには電圧がかからない)ですが、光らせるときは、アノード電圧を3Vにして、特定のカソード電圧だけ0Vに下げています。そのとき、アノード電圧が電圧降下で少し下がるので「デコ」が発生するようです。電流制限抵抗を入れなくても、マイコンの出力ポートの直列抵抗が大きいために、LEDが発光すると電圧降下が起こるようです。

マイコンの出力ポートは一般に電流を吐き出す能力はあまりない(直列抵抗が大きい)ですが、電流吸い込み能力がある(吸い込み時の直列抵抗が小さい)ので、LEDが光っているときのカソード電圧の上昇はほとんどないようです。

アノード電圧波形の最大値は2.35V、「デコ」の電圧が1.85Vとなっていますが、本当の最大値は3Vではないのでしょうか。オシロの自己校正を再度行ってみてください。

daruma(2018/10/31 Wed 16:36) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^10: プレゼン電卓

JPG 1004x709 397.1kb

> マイコンの出力ポートの直列抵抗が大きいために、LEDが発光すると電圧降下が起こるようです。

なるほど、納得です。

キャリブレートし直してから再度波形を見ました。
やっぱりこうです。

daruma(2018/10/31 Wed 16:43) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^11: プレゼン電卓

JPG 1004x709 365.1kb

オートOFFでLEDが点いていないときでも、CH1は3Vではなく2.520Vです。

電源電圧がドロップするのかなと思って、電池ホルダ部で見てみましたが、3Vでした。(安定化電源から入れています)

inara1(2018/10/31 Wed 17:30) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^12: プレゼン電卓

>オートOFFでLEDが点いていないときでも、CH1は3Vではなく2.520Vです
そうですか。マイコンの電源ラインに抵抗が入ってるわけでもないのに不思議です。でも2.52Vでも問題ないです。

daruma(2018/10/31 Wed 17:46) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^13: プレゼン電卓

CH2で見ているカソード側は3Vなんですけどね。
CH1と2を交換しても変わりませんから、オシロのせいではないですし。
それでも問題無いならよかったです。

daruma(2018/11/07 Wed 21:08) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^14: プレゼン電卓

中国のショップから、足りなかったスイッチが届きました。不足は1個だけだったのですが、3個送ってくれました。
きちんとした事後処理対応よかったです。

なにか私のほうで実験しておけることはありませんか。
まだ何も発注していませんが、74HC573と7セグLEDをとりあえず買っておいたほうがいいですか。

inara1(2018/11/08 Thu 08:58) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^15: プレゼン電卓

>なにか私のほうで実験しておけることはありませんか
7セグはどういうものを使う予定ですか。
高齢者が見るものなので数字が大きいものでしょうか。アノードコモンでもカソードコモンでもどちらでも対応します。

点灯方式はスタティック点灯(連続点灯)とダイナミック点灯(順次点灯)のどちらにも対応しますが、明るさとの兼ね合いになるので、まずは、darumaさんのほうで、1つの金額だけ表示するものを作って、スタティックで問題ないかを確認したほうがいいかもしれません。

スタティック点灯のほうが断然明るい(6桁なら6倍明るい)のですが、抵抗の数が桁数×7個になってしまい、配線数も大幅に増えます。

ダイナミック点灯にするのなら、3桁入ったものと4桁入ったものがありますが、表示が6桁しかないのなら、3桁のを2個でいいように思います。しかし、秋月の7セグで3桁のものは数字が小さいです。4桁のは大きいのがあるのですが。

スタティック点灯にするには、1桁のものを並べればいいので、大きさの選択肢が広がります。

ダイナミック点灯で実験してみて暗かったら無駄になるので、最初からスタティック点灯にしましょうか。配線が多くなりますが。スタティック点灯なら、1桁のものを並べるだけなので、darumaさんのほうで使う予定のものを教えてください。

74HC573はまだ買わなくていいです。他のロジックICを使うので2度手間になります。

daruma(2018/11/08 Thu 10:27) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^16: プレゼン電卓

7セグLEDは、パネルの大きさがA3ですから、あまり大きなものも使えません。「総額」表示欄が22.5mm幅、他は12.7mm幅と考えています。一部細目欄に7.0mm幅が必要かもしれません。あまりいろいろなサイズにしないほうがいいとは思いますが。

電卓回路がアノードコモンのものを使っているので合わせるほうが都合いいかと思ったのですが、どちらでもいいのなら、どちらでもいいです。
ダイナミック点灯かスタティック点灯かのことも含め、電卓回路とは切り離して考えていいのでしょうか。以前調べたダイナミック点灯のサイクル(57Hz)は取り込みに必要で、取り込んでしまったらスタティック点灯でいいということですか。なら、スタティック点灯がいいでしょうか。

配線数は少ないに越したことはありませんが、多くてもかまいません。秋月の4桁はコロンが入っていて時計を想定しているようですが、違和感はないでしょうか。電卓出力は6桁、ゲタばき1桁の7桁表示になりますが、1桁ものと3桁あるいは4桁ものが混在した場合ちぐはぐ感が心配です。1桁ものも配線しだいでダイナミック点灯にできると思っていたのですが、そうではないのですか。

ダイナミック点灯3桁を2個、ゲタばき1個として、ゲタの1個は抵抗を大きくして同じ明るさに見えるようにするか、あるいは全部同一の1桁ものにするか、1桁もののほうが大きさの選択肢は広いですね。

> まずは、darumaさんのほうで、1つの金額だけ表示するものを作って、

それをやりたいですが、どのような回路になりますか。実験回路に74HC573が必要なら買いますが。

> darumaさんのほうで使う予定のものを教えてください。

私のほうで特にこれというこだわりはありません。上述の3サイズが揃うものが望ましいです。

inara1(2018/11/08 Thu 13:17) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^17: プレゼン電卓

7セグLEDは明るさ優先でスタティック方式(1桁だけの7セグLEDを桁数だけ並べる)にします。極性は電卓に合わせてアノードコモンにします。

スタティック方式用は1桁と2桁のものになるので、秋月にあるものから選ぶとしたらここ
http://akizukidenshi.com/catalog/c/c7seg6/
http://akizukidenshi.com/catalog/c/c7seg3/
の中のアノードコモンになります。幅22.5mmはこの中になさそうですが、1桁と2桁のものは種類が多いので秋月以外で扱っているかもしれません。

darumaさんの投稿には「ゲタの1個は抵抗を大きくして同じ明るさに見えるようにする」と書いてありますが、ゲタも表示するのですか。電卓の表示が6桁なので、表示を7桁にしても表示する信号がないです。7桁目は最上位ならブランク(無表示)でいいと思いますが。7桁目が最下位なら常時0ですか。

『お知らせ座布団』の友人が実際に使う電卓はそれ
https://www.amazon.co.jp/dp/B07FP7GMM2/ref=pe_492632_159100282_TE_item
でいいのでしょうか。7セグLEDの駆動方法が同じでないと今回の回路は使えません。

秋月で扱っている3桁と4桁のものはダイナミック点灯専用です。コロンが入っている4桁のはサイズが小さいです。

daruma(2018/11/08 Thu 20:02) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^18: プレゼン電卓

アノードコモン1桁LEDでスタティック点灯ですね。了解です。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-04975/
がデータシートによると幅22.5mmです。

ゲタの件は、
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=article&id=4400&page=1
に書きましたが、友人からのリクエストは7桁なんですが使う電卓キットが6桁なので、下1桁は"0"でよいと友人に確認しゲタを履かせることにしました。
この桁は信号を受けて点灯するのではなく回路ONで点きっぱなしでよいと思います。そこより上の6桁がクリア時は無表示とすれば、ゼロ円を表示ということになります。クリアは全欄いっしょでワンボタン、押せば全クリア(無表示)です。

> 『お知らせ座布団』の友人が実際に使う電卓はそれ

そうです。既に組み立てた現物が製作物の「電卓部」になります。
表示部がA3パネを机に立て、電卓部は裏か脇に机置きにするイメージです。両者を結ぶケーブルが十数本程度以内ならば別筐体にしてケーブルで繋ぐ形、もっと多線であれば、"∠"形にして筐体内で結線する形を考えています。

daruma(2018/11/22 Thu 16:24) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^19: プレゼン電卓

JPG 1024x768 166.7kb

inara1さん、難航しているのですね。やっかいなネタを持ちこんでしまってすみません。

私のほうでは、ゲタばき一桁を電卓部の表示にも付け加えました。当初は付加しないかシールでも貼るかくらいに考えていたのですが。

aitendoで、同じピンアサインの三桁ダイナミック点灯と、それとほぼ同じ見た目の一桁とを見つけて並べてみました。一桁LEDは通常の基板だと半ピッチ隙間が空いてしまうので、ハーフピッチの基板を使いました。見た目で電流制限抵抗の値をきめたのですが、やや明るいようです。
写真では点灯していない桁が有るように見えますが、シャッタースピードのせいで、肉眼では全桁点灯して見えます。

どうでしょう。このネタ幕引きとしましょうか。

inara1(2018/11/23 Fri 03:52) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^20: プレゼン電卓

>難航しているのですね
難航はしていませんがチンタラやっていて全然進んでいません。これは締切り(希望納期)があるのですか?

daruma(2018/11/23 Fri 09:22) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^21: プレゼン電卓

JPG 960x720 124.8kb

そうでしたか。安心しました。
締め切りは特にありませんが、楽しみにしています。

札幌は初雪が一昨日で、こんなに遅かったのは実に128年ぶりだそうです。昨夕はちらほら降っても路面が濡れる程度だったのですが、今朝は未明に除雪車が通って行きました。「来ればいきなり」です。これから半年近く憂鬱な日々です。

電卓のLEDは暗いので、後日でも高輝度な一桁LEDを7個並べようかと配線図を描いてみました。同じ赤であれば電圧が足りないということはないですよね。「空中配線排斥運動」で、ピンが上下に横並びなものを採用して『LED Cube』で使ったスルーホールじゃない両面基板を使えばこれでいいかなと。

※図に誤りがあったので差し替えました。あわせて、基板も通常の片面基板を使うようにしました。

sakuraba(2018/11/28 Wed 17:43) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^22: プレゼン電卓

お初です。
時々読ませてもらいますが、マイコンを使えば簡単にできる回路をinara1さんがロジックICを駆使して作り上げるのに感心しています。
自分もプログラムは初心者ですが、今回の作品は下のようなLEDモジュールを使ってマイコンで点灯させる方が安くて作りやすいと思います。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-06681/
https://www.amazon.co.jp/HiLetgo%C2%AE-MAX7219-%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4-Arduino-STM32%E3%81%AB%E5%AF%BE%E5%BF%9C/dp/B01D0WSCJA
どうしてもマイコンが嫌いならだめですけど。

daruma(2018/11/28 Wed 18:45) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^23: プレゼン電卓

sakurabaさん、初めまして。アドバイスありがとうございます。

ご紹介のものは、Arduinoで使うのでしょうか。
Arduinoは使ったことありません。Raspberry Piは興味をもって↓このようなもの
http://darumakobo.wixsite.com/work/lednixieclock-b
を作ってはみたものの、「作った、動いた」の後は机上の置物と化しています。PICは、ここの掲示板でなんじゃらほいさんに指南いただいたのですが、どうにも頭が固くてついていけません。
ハードウェアで作るのは、inara1さんにすっかりお世話になってもう何年にもなります。いつも実際的な回路を提示いただきたいへん助かっています。

もっぱら他力本願で情けないのですが、Arduino作戦はこんな私にもなんとかなりそうでしょうか。「できるでしょう」の先を具体化するのがハードル高いのです。

inara1さんが考えてくださっている回路に取り組みたいのは変わりませんが、sakurabaさんマイコン作戦のほうご指南いただけますか。

漠然とした思いですが、電卓がブラックボックスなので取り出すのが各桁各セグメントのON/OFFですから、それらをラッチするのはマイコン使うにしても回路で行う部分が大きいように思うのですが、そんなことはないものでしょうか。値で取り出せればまた別なんでしょうが。

sakuraba(2018/11/29 Thu 12:36) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^24: プレゼン電卓

このLEDモジュールは、Arduino(AVR)でもPICでも他の色々なマイコンでも表示することができます。
こちらの掲示板でPICの書き込みを見るとアセンブリ言語で作られているようで、アセンブリ言語を初心者が理解するのはとても難しいと思います。
そのため最近の多くのマイコンでArduinoのスケッチの言語が使われています。

僕もLEDモジュールに数字を出すくらいのプログラムは作れますけど、買われた電卓とつなぐことまで教えられるレベルじゃないです。
特に割り算や消費税計算で小数点が出た時に、inara1さんはどうやってロジックICで対応するのかも想像がつかないんです。
セグメントのラッチについても、電卓がマイコンの出力なら取り出すのもマイコンの入力で回路の追加はいらないと思います。

電卓もArduinoもAVRマイコンなので、AVRマイコンに詳しいサイトの人に聞いてみてはどうでしょうか。

daruma(2018/11/29 Thu 17:12) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^25: プレゼン電卓

Arduinoではスケッチというものを作るんだとは見たり聞いたりしますが、その実際についてはなにも知りません。「難しい?」と訊くと「簡単だよ」と返って来そうですが、そのハードルが高そうで。

小数点の件は、電卓出力が小数になることはあり得ますが、運用上は整数しか出てこないことになっています。もし出た場合、各桁のLEDの小数点を含む8セグメントをラッチして再現するのだからそのまま表われると思うのですが、そうはいかないでしょうか。電卓に丸め機能があればいいのですがあいにくそんな気の利いた電卓ではないし。
今回の仕様では末尾一桁にゲタの"0"をつけますから、例えば、"3.14"が来た場合の表示は"3.140"となります。このあたり、inara1さん、いかがでしょう。

7セグLEDの状態を取り出して再現するので、電卓から数値を受け取るのではなく単なる点灯パタンとしての処理です。

sakuraba(2018/11/29 Thu 18:41) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^26: プレゼン電卓

最初の投稿を見ると金額を表示すると書いてあったので、金額に小数点が出てくるのは変ですし小数点が移動すると混乱の元になるような気がしたので、どうやってロジックICで桁を右詰めするのかと思ったんです。
マイコンなら切り捨ても四捨五入も自由自在にできると思いますが。

数字がたくさん並ぶと桁数を数えるのが大変なので、表示のボードに3桁ずつの仕切り線かカンマを書き込むことになると思います。そうすると、小数点表示はじゃまものになるのではないですか?

整数しか出てこないと言うことは、足し算と引き算だけなんですね。消費税は計算しないんですね。
僕の余計な心配でした。失礼しました。

daruma(2018/11/29 Thu 20:37) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^27: プレゼン電卓

計算や右詰めなど数値としての処理は電卓で完結させようという苦肉の策で7セグLEDから取ることを考えました。それで、液晶ではなく7セグ出力の電卓を探したわけです。電卓に表示された点灯パタンをそのままもらうことにすれば、マイコンに踏み込まなくてもいいのではと。7個(小数点も入れれば8個)のLEDの点灯パタンを各桁ぶんとりだして再現する作戦です。マイコンはよくわかりませんが、これだけの数のバイナリを処理するのはけっこうたいへんではないかと、むしろハードウェアでと考えていたら、inara1さんがシフトレジスタとかラッチとかの存在を教えてくださいました。

マイコンでということになれば、計算結果を数値として受け取るとか点灯パタンを数値化するとかいったことが必要になるのではないでしょうか。7セグLEDからもらう処理がマイコンを使えば簡単にできるのであれば魅力ですが。

マイコンのことはよくわからないままこのように思っています。

sakuraba(2018/11/29 Thu 21:49) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^28: プレゼン電卓

やりたいことはよくわかりますが、マイコンを使えば1/10から1/100くらい楽な製作になると思います。
もちろんプログラムは多少勉強する必要がありますが。
さらにマイコンを使えば、つねに総額を自動で計算することもできるような気がします。
もともとマイコン基板を使えば、その電卓基板自体もいらない可能性もありそうです。

自分で詳しく教えることができない事をいろいろ書いてすみませんが、ネットに出ている作品を見れば使える例がたくさんあるので、マイコンの使用もいいかなと思って投稿しました。
どうしてもマイコンに抵抗があるようでしたら読み飛ばしてください。

daruma(2018/11/29 Thu 22:29) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^29: プレゼン電卓

ありがとうございます。

> さらにマイコンを使えば、つねに総額を自動で計算することもできるような気がします。
> もともとマイコン基板を使えば、その電卓基板自体もいらない可能性もありそうです。

というのは計算機部分から作るということですね。それが王道だとは思いますが、私には、また今回のミッションとしても、遠大すぎます。

ArduinoにしてもRaspberry Piにしても、またPICやAVRを使うことも、おもしろそうだなあいろんなことができるんだろうなあと興味はあるのですが、これから新しいことを勉強するには気後れというか抵抗感のほうが先に立ってしまうのです。年のせいにしてはいけませんが・・・。

折があればまたいろいろ教えてください。こちらの掲示板ときどきお読みとのこと、私ももうずいぶん(7年くらい?)前にinara1さんにここで出会ってから初心の質問やらお願いやらでこちらに出入りさせていただいています。sakurabaさんもぜひご登場ください。

daruma(2018/12/02 Sun 19:01) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^30: プレゼン電卓

JPG 1024x768 173.5kb

高輝度のLED
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-00639/
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-04114/
の2種を買ってみました。
前者は「超高輝度」、後者は超の字は付いていないものの「世界で最も明るい」と書いています。
どちらもある程度の電流を流したらのことで、この電卓では小電流しか出てこないのでその威力は発揮されないようです。おまけにダイナミック点灯ですし。
前者のデータシートにはグラフが載っていて、数mA程度だと明るくは光らないようです。後者には20mAでの明るさしか出ていません。
電卓の表示と見た目で同程度になるように3V+抵抗で光らせてみたら、数mA相当でした。

電卓電源は三端子レギュレータで取るつもりですが、3Vではなく3.3Vのものしか無いようなので3.3Vを入れてみるとやや明るくなって電卓動作にも問題無いようですから、3.3Vで行こうと思います。ATMEGA328Pは5Vでも使えるらしいですが、5Vで実験はしていません。やってみようかな。

ところで、この電卓で使われているのが三桁ダイナミックのLED2個なので一桁LEDでそのとおりに作ったのですが、これは6個の各セグメントピンを皆つないで六桁ダイナミックにしてもいいのかなと思いました。メーカーでは三桁ものを採用したのでそのようにしてあるだけでしょうか。6個の各ピンを繋いでいいのなら、外出しで引く線数が減らせます。

また、いままで気がつかなかったのですが、この電卓では最下位が一位の場合そこに小数点が出ます。ゲタを履かせて"xxxxxx0"になるべきところが"xxxxxx.0"になるのは具合が悪いですね。運用上整数しか出てこないということで小数点を殺してしまうのは乱暴でしょうか。

追:
電卓を5Vで動かしてみました。LEDは元気よく光り、機能も正常です。"888888"を表示させた時の総電流は、3.3Vでは20mA、5Vでは56mAです。長時間は試していませんが、大丈夫ですよね。この回路にはATMEGA328Pと7セグLED、数本の抵抗と積層セラコンのみ、ATMEGA328P自体は電源1.8〜5.5Vだそうです。

daruma(2018/12/05 Wed 22:56) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^31: プレゼン電卓

JPG 1024x768 148.6kb

5VならLEDが十分明るく光るので、電卓は5Vで動かすことにしようと思います。
高輝度LEDを並べず元のLEDに戻しました。各セグメントをラッチ回路へ取り出すのにヘッダピンを付けようとしたのですが、ハーフピッチ基板は穴が小さいのでピンが入りません。細ピンのものでもだめでした。それで、2.54mmピッチの基板と半々で貼り合わせました。接合部の裏に3穴幅に切った基板をあて、エポキシで貼り、充分しっかり接合できました。

LEDの各セグメントからピンで信号を取り出すようにしてあります。この電流で直接LEDを光らせるわけでなく74HC573の入力になればいいので、小電流が取れればいいのですよね。

さて、もしやinara1さん、ご無沙汰なのはこのネタは現実的でないよと暗に示唆なさっているのでしょうか。LEDからの引き出し線が22本、ラッチをONする制御線をもう1本でしょうか、これを9枚のラッチ基板に配って、で、ラッチした出力でディスプレイ用7セグLEDをスタティック点灯、7セグ×7桁×9欄ですからけっこうな本数ですよね。配線量でめげはしませんが・・・。
仮にマイコンでするとしても、よくわかりませんがラッチして桁数ぶんの7セグLEDを点灯させる回路は同様に必要ではないでしょうか。ハードウェアで行く作戦が殊更おおげさだとは思えないのです。実現を目指すのは無謀でしょうか。

daruma(2018/12/11 Tue 13:19) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^32: プレゼン電卓

inara1さん、ご無事でしょうか。なにか起きたのかと心配しております。

inara1(2018/12/12 Wed 08:27) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^33: プレゼン電卓

> inara1さん、ご無事でしょうか
元気ですよ。プレゼン電卓の表示部を少しずつ作っています。

配線量が多いので1個のデータの表示は「4桁+ダミー1桁」としています。9個のデータを表示させると9倍の工数がかかって、いつ終わるのか分からないので1個のデータだけの表示にしています(データ表示は同じ回路)。この他に、データ転送用の共通回路が1つあります。

クリアボタンを押すと表示が消え(ダミー桁だけ0表示)、転送ボタンを押すと電卓の表示が出るようにします。クリアボタンと転送ボタンは各データごとに設ければいいですが、全クリアというボタンを追加してもいいです。

daruma(2018/12/12 Wed 09:51) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^34: プレゼン電卓

あ、ご無事でしたか。よかったよかった。

1欄ぶんの回路がユニットになれば、それを必要ぶん並べることになるのですね。9個の欄をもう少し減らせないかの相談も折を見て友人としてみようと思います。欄が多いと数字のサイズも小さくなってしまいますし。

実は、1欄ぶん7桁のLEDと74HC573は買ってあります。

電卓部のLEDは5Vで56mAは流し過ぎかと、結局電源をダイオードで少し落としたりLEDのコモン側に47Ωを入れたりで20mAほどに抑えることに落ち着きました。

inara1(2018/12/12 Wed 10:08) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^35: プレゼン電卓

>それを必要ぶん並べることになるのですね
そうなんです。配線が大変です。マイコンを使ってもスタティック表示なら配線量は多いはずです。LEDと表示回路を別基板にすれば表示部分が大きくなることはないですが、基板間の配線がさらに増えます。

>7桁のLEDと74HC573は買ってあります
LEDは1桁用(アノードコモン)を想定しています。74HC574は1つのデータで6個必要です(ダミー桁には使わないので)。9個のデータなら54個です。

LEDの明るさは外部で調整できるようにする予定です。電源電圧5Vで100Ωの電流制限抵抗を入れたときが最大光度で、LEDの共通アノードの電源電圧を回路電源とは別にして、LEDので電源電圧を変えることで調整するようにします。47ΩでもLED電流はあまり変わらなかったので100Ωにしました。

daruma(2018/12/12 Wed 10:25) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^36: プレゼン電卓

ハイエンド版ラーメンタイマを思えば、配線量にはめげません。

> LEDは1桁用(アノードコモン)74HC574は1つのデータで6個。9個のデータなら54個

了解です。まずひとつ作って、あと×8はその時点で購入します。

私の方でいろいろやってみているのは電卓自体の手元表示LEDで、提示用の表示はラッチ出力を受けて別に点灯させるのですよね。充分明るいのがよいと思います。緑色がいいかなと思ったりもしています。

山崎砂羽(2018/12/05 Wed 20:26) [ 編集 ] [ 返信 ]

高品質TPEリアルラブドール通販ダッチワイフ販売店

弊社は10年以上の人形を作る経験があります。全ての人形は丹念に作られております。人形を作る過程に弊社の全員の心血を注ぎます。弊社は人形を販売するほか、女性の美しさを世界に伝え、お客様に弊社のドールの美しさをお味わいになってほしいいです。

mail web

chy_farm(2018/11/21 Wed 18:30) [ 編集 ] [ 返信 ]

「Falcon」号のお飾りライティング

JPG 1500x524 261.6kb

3色LEDで長いこと夢だったファルコン号の七色ライティングをやっと実現できました。

画像のファルコン号は一つで、色が流れていく様子を連続でシャッターしました。3枚が横並びになってます。

chy_farm(2018/11/21 Wed 18:34) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: 「Falcon」号のお飾りライティング

点滅間隔と、色の取り合わせは乱数を使っています。
思わぬきれいな色が出たりして楽しいです。

「Arduino UNO r3」だと3色LEDを2個しか点灯できないので、「UNO」の上のボード「MEGA」を取り寄せようと考えてます。「MEGA」は4つ点灯できるので色取りが楽しみです。

chy_farm(2018/11/11 Sun 22:33) [ 編集 ] [ 返信 ]

LT1054で昇圧コンバータ

JPG 1251x790 158.8kb

PICとArduinoでLCDを使おうとしています。

PICの16F(L)1519のSupply Voltageは1.8V〜3.6Vなので、5Vを使うLCDのために昇圧ユニットを使おうと考えています。

手元にあったLT1054を使って昇圧ユニットを作るのに、マニュアルにある添付の回路図を試作したいのですが、何か大事なポイントなどあればご教示お願します。

chy_farm(2018/11/12 Mon 00:10) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: LT1054で昇圧コンバータ

図の右上にLTC1044というコンバータがあります。
これはLT1054で置き換えても良いですか?

chy_farm(2018/11/12 Mon 13:14) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^2: LT1054で昇圧コンバータ

ネットで検索してみたら互換できそうなので、試してみました。

はじめのサンプル回路は狭いブレッドボードでは複雑過ぎて配線できたのかが不安です。結局さっぱり電圧が出て来ませんでした。

取説のPositive Doublerで試したらうまくいきました。
入力電圧3.1Vで5.0V出てくれました。

でも、取説によれば
Vout: 50mA
になっています。

これでLCDが表示するのか確認してみます。

chy_farm(2018/11/12 Mon 14:01) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^3: LT1054で昇圧コンバータ

取説のVout値によれば、

Vout = 2Vin - (VL + 2Vdiode)

になっています。ということは、

5.06V = 6.20V - (VL + 2Vdiode)

です。このときのLED1ケの消費電流が 0.5mA でしたから、取説の「Voltage Loss」グラフから読むと最低値の0.4Vです。そこで

2Vdiode = 1.14V - 0.4V = 0.74V
1Vdiode = 0.37V

大体この程度の値でしょうか。

chy_farm(2018/11/12 Mon 14:50) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^4: LT1054で昇圧コンバータ

LCDは、「SC2004C」で4行20列の文字配列です。
電流値は最大で6mAでした。
これならOKですね。

inara1(2018/11/13 Tue 12:11) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^5: LT1054で昇圧コンバータ

JPG 1040x1512 257.1kb

LT1054とLTC1144は良く使います。片電源(0 +V)から両電源(−V 0 +V)を作るときに使います。

LT1054とLTC1144の違いは以下の通りです。
電源電圧範囲 3.5V〜15V(LT1054)、2V〜18V(LTC1144)
出力抵抗(typ)10Ω(LT1054)、56Ω(LTC1144)

LT1054は出力抵抗が小さいのでLT1144より出力電流を多くしても電圧降下は小さいですが、最低動作電圧は3.5Vと高くなっています。

その応用回路の動作を回路シミュレータ(LTspice)で見てみました。回路図に以下の間違いがありました。
・LT1054の8pinの配線のドットが抜けている
・1個のダイオードの極性が逆
この回路で動作したのでしょうか。

間違いを修正してシミュレーションしたところ、電源電圧が3.3Vでは動作しませんでした(3.5V以上では動作)。データシートに書かれた最低動作電圧は3.5Vなのでおかしな結果ではありません。その回路の入力電圧をギリギリの3.5Vとするのはあまりお勧めできません。

また、入力電圧が3.5Vのときの出力電圧は4.3Vくらいで5Vになっていません。この回路は負電圧側(out-)は安定化されていますが、正電圧側(out+)は入力電圧がそのまま来ているだけなので、入力電圧が変化すると出力電圧も変化します。

入力電圧が変動しても出力電圧を一定(5V)に保持したいのなら、これ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-03451/
をお勧めします。入力電圧が1.5V(乾電池1本)でも5Vの出力電圧が得られます。以前はその小型版(6pin)があったのですが、もう販売されていないようです。

chy_farm(2018/11/15 Thu 21:49) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^6: LT1054で昇圧コンバータ

inara1さん、こんばんは。お世話になります。

>その応用回路の動作を回路シミュレータ(LTspice)で見てみました。回路図に以下の間違いがありました。
・LT1054の8pinの配線のドットが抜けている
・1個のダイオードの極性が逆
この回路で動作したのでしょうか。

ヒドイ間違いでしたね。ぜーんぜんダメでした。
でも、修正したらおかげさまで稼働するようになりました。

でもでも、ご教示どうりです。実際に電圧を変化させて観察すると、

入力ーーーー出力ーーーー電流ーーーー
3.5Vーーー4.2Vーーーー90mAーーー
5.5Vーーー6.24Vーーー160mAーーー

でした。
むしろこっちのではなく、12日にアップしたもう一つのPositive Doubler の方がマシでした。

chy_farm(2018/11/18 Sun 22:08) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^7: LT1054で昇圧コンバータ

JPG 800x534 299.6kb

お蔭様で文字表示が出来ました。
画像の左下、LCD表示器左側のユニットがLT1054です。

PICでアセンブラ語を使っていたときの1000分の1の労力で出来ました。
最近、C言語で記述してましたのでアセンブラよりは比べ物にならないくらいずーーと楽でしたが、それと比較しても100分の1くらいの労力でした。

もうPICは、Akitsuki-PIC-Kit2も、PICKit2、PICKit3も全部しまいこんでしまいました。

chy_farm(2018/11/19 Mon 21:07) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^8: LT1054で昇圧コンバータ

JPG 1086x1051 391.0kb

Arduinoサイトに周波数カウンタのライブラリがあって、すぐに試作できました。

ところが、周波数が安定してとれません。
例えば1kHzで試したら±1%くらいのふらつきがあります。

chy_farm(2018/11/19 Mon 21:15) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^9: LT1054で昇圧コンバータ

JPG 1000x1131 407.1kb

15KHzくらいの帯域を使いたいのに、ふらつきが大きいです。

chy_farm(2018/11/20 Tue 19:35) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^10: LT1054で昇圧コンバータ

JPG 800x526 348.4kb

> 15KHzくらいの帯域を使いたいのに、ふらつきが大きいです。

ライブラリーを入れ替えてみました。
こちらのライブラリ;
「FreqCounter_1_12」
はタイマーを使ってゲート時間を作り、その中へカウント値を入れるタイプです。

こちらのほうが安定していて、目安にはなりそうです。
末尾の0.01KHzのデジットが少しずれてます。

左端の数値は測定回数です。1秒間に4回測定するようにcodingしてあります。

chy_farm(2018/11/20 Tue 12:13) [ 編集 ] [ 返信 ]

Arduino Uno r3、A-D変換のリニアリティー

JPG 800x600 187.8kb

500ΩのポテンシオメータにArduino ボードの5V端子、GND端子から5Vを印加して、
ポテンシオメータの中間点をアナログ入力ポート「A0」に接続して、
ポテンシオメータの値を変化させながら、テスターで電圧変化を記録しました。

A0から入力されるアナログデータが良いリニアリティーでデジタル変換されているかをみました。

開始前に準備測定すると、

(テスタ表示): (COM4ポート表示)
   0. 00V    0. 00V
   4.84V    4.85V

でしたので、割り算して
Serial.println(a*(4.85/1023));
のコーディングのところでパラメータに入れています。

C++のコードは次の通りです。
/////////////////////////////////
void setup() {
Serial.begin(9600);
}

void loop() {
int a;
a=analogRead(0);
Serial.println(a*(4.85/1023));
delay(1000);
}
///////////////////////////////////

(結果)
(テスタ表示): (COM4ポート表示)
   4.84V    4.85V
   3.98V    4.00V
   3.50V    3.50V
   3.03V    3.00V
   2.52V    2.50V
   2.00V    2.00V
   1.50V    1.50V
   1.01V    1.00V
   0.50V    0.50V

/////////////////////////////////////

と、まあ、こんなものなのでしょうか。

daruma(2018/11/14 Wed 19:47) [ 編集 ] [ 返信 ]

色の違う2列の流れる点滅

JPG 960x720 104.5kb

少年少女発明クラブの作品を飾るのに『流れる点滅』を見た目のバリエーション変えていくつか作ってきましたが、今回は「青の列」と「赤の列」を同時に走らせたいということで、こんなふうにしました。

電源が単三×2を5Vに昇圧なのでLED2個直列はできませんから、以前同色の2列を作ったときはこの回路で同種LEDを10個×2列でうまく行きました。
今回は2列の色が異なるので、このやり方は通用しないかなと思いつつも作ってみましたら、だめでした。

単体で実験したとき、青LEDは1kΩ、赤LEDは330Ωで同程度の明るさになったので抵抗はそのようにしました。
動作させてみると、一瞬は2色とも元気に光るのですが、その後、赤は明るく青はボンヤリとしか光りません。
赤と青で順方向電圧が違うからかと思うのですが、解決策はありませんか。

daruma(2018/11/14 Wed 19:56) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: 色の違う2列の流れる点滅

あれ、青1列だけで試そうとして、赤の列に行く330Ωを切り離したら、2列とも元気に走りました。結果オーライですが、なぜでしょう。赤LEDのカソードはどこにも繋がらないから点灯しないと思ったのですが。

inara1(2018/11/14 Wed 18:23) [ 編集 ] [ 返信 ]

BC817とBC807のSPICEモデル

Yahoo知恵袋の回答の補足のためにこの掲示板を使わせてください。

BC817-25 のSPICEモデルです。電流増幅率は BF=338.8 の部分です。

.model BC817-25 NPN(IS=9.198E-14 NF=1.003 ISE=4.468E-16 NE=1.65 BF=338.8 IKF=0.4913 VAF=107.9 NR=1.002 ISC=5.109E-15 NC=1.071 BR=29.48 IKR=0.193 VAR=25 RB=1 IRB=1000 RBM=1 RE=0.2126 RC=0.143 XTB=0 EG=1.11 XTI=3 CJE=3.825E-11 VJE=0.7004 MJE=0.364 TF=5.229E-10 XTF=219.7 VTF=3.502 ITF=7.257 PTF=0 CJC=1.27E-11 VJC=0.4431 MJC=0.3983 XCJC=0.4555 TR=7E-11 CJS=0 VJS=0.75 MJS=0.333 FC=0.905 Vceo=45 Icrating=500m mfg=NXP)

BC817-25のSPICEモデルです。電流増幅率は BF=385.7 の部分です。

.model BC807-25 PNP(IS=1.08E-13 NF=0.99 ISE=2.713E-14 NE=1.4 BF=385.7 IKF=0.3603 VAF=31.29 NR=0.9849 ISC=5.062E-13 NC=1.295 BR=20.57 IKR=0.054 VAR=11.62 RB=1 IRB=1.00E-06 RBM=0.5 RE=0.1415 RC=0.2623 XTB=0 EG=1.11 XTI=3 CJE=5.114E-11 VJE=0.8911 MJE=0.4417 TF=7.359E-10 XTF=1.859 VTF=3.813 ITF=0.4393 PTF=0 CJC=2.656E-11 VJC=0.62 MJC=0.4836 XCJC=0.459 TR=5.00E-08 CJS=0 VJS=0.75 MJS=0.333 FC=0.99 Vceo=45 Icrating=500m mfg=NXP)

  1. 前8件
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. ...
  10. 19
  11. (1-8/150)
  12. 次8件