秋月ファンクラブ掲示板

  1. セックスラブドール(0)
  2. LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器(65)
  3. パルスカウント式加算器(25)
  4. ブランド コピー 激安 - KEEVOO(0)
  5. 焦電サンサを使った人感ライト(14)
  6. リアルラブドールは男性に幸福をもたらすことができます(0)
  7. LEDの巡回点灯(1)
  8. 1001-2000 Lumens Lampes Torches(0)

karendollラブドール工場(2019/04/19 Fri 14:55) [ 編集 ] [ 返信 ]

セックスラブドール

JPG 500x750 45.6kb

セックスドールの人気になる理由

セックスドールは世界中で人気が高まっており、将来的にはより多くの売春宿で提供される予定です。
https://www.karendoll.com/pink-over-there-love-doll-p-171.html

男性は売春婦よりセックスラブドールを好みます。 彼らは本物の女性よりも人形とのセックスを好みます。 彼らはまた、黄褐色のセックス人形や自然の中のセックス人形のように、人種や肌の色合いが異なる人形を選ぶ機会があり、何もする許可を求める必要はなく、実際の人よりも良い経験をします。 さらに、彼らはセックスに不慣れで、社会的交流を恐れている人々が適切な機会を提供するのを手助けすることができます。
https://www.karendoll.com/ideal-girlfriend-love-doll-p-170.html

性的ロボットが触れることに反応することを可能にする科学技術の進歩は、知的な音声システムを持ち、そしてより多くの場合、男性に対する性的魅力の間に女性のオーガズムを模倣する。
https://www.karendoll.com/photo-precocious-girl-real-doll.html

ラブドールのレンタルとセールスサービスも大きな理由です、彼らはレンタルとセールスサービスを提供するためにユーザーの一部のためにより便利で安全と呼ばれる、よりリアルなセックスドールサービスを提供します。セックスドール売春婦の出現は、性的経験の点で本物の女性と実質的に見分けがつかない本物の人形と遊ぶことおよび賭ける機会を男性に提供してきました、そしてビジネスはますます世界的になっています。https://www.karendoll.com/the-fact-that-sex-dolls-are-part-of-society-blog.html

web

chy_farm(2019/02/25 Mon 17:20) [ 編集 ] [ 返信 ]

LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

LM7171が手元にあるので、これを使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器を作りたいので、アドバイスをお願いします。
用途はTDR検査用の簡易パルス発生器です。

周期は1MHz程度で、立ち上がりの早いパルスが欲しいです。
LM7171が4,100V/usのslew rateですから、5Vで使えば立ち上がりは5nsくらいです。
内蔵発振器が16MHzのArduinoで1MHzを作っても、ONにワンサイクル、OFFにワンサイクル取られてしまうから、パルスのオンタイムは(1/16M)秒になってしまいます。
ですから、Arduinoで基準とする周期のパルスを出して、これと直結するだけではダメですね。

何か別の方法を用いて、パルスオンタイムが立ち上がりと同じ5nsくらいのパルスを作ることが出来ないでしょうか。

LM7171を、たとえば基準とする周期のパルスの立ち上がりだけ、もしくは立下りだけで、それも瞬間的に短時間だONできればいいのですが、そういう方法があればご教示お願いします。

一応、参考にこちらのサイトも見ました。
http://kingyonull.blogspot.com/2013/04/2tdr.html

chy_farm(2019/02/25 Mon 17:31) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

マニュアルを良く見たら、電源電圧は5.5Vから36Vになっていました。
Arduinoの5Vにあわせたかったのですが、少し足らないでしょうか?
それとも何とか動くのかなぁ。。。?

inara1(2019/02/25 Mon 22:49) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^2: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 529x378 89.6kb

添付写真のような単一パルスを出したいのですか。これはパルス幅が7.7nsですが、これよりパルス幅を狭めると振幅が小さくなるので、この幅に広げています。

LM7171は使っていません。標準CMOSロジックICの74HC02で作れます。

chy_farm(2019/02/26 Tue 08:36) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^3: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

inara1さん、
おはようございます。またお世話になります。

まさに、こういうのを作りたいのです。LM7171を使わなくても、立ち上がり早くできるんですね。

よろしくお願いします。

inara1(2019/02/26 Tue 09:04) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^4: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 720x1172 143.5kb

上の波形は添付図のような回路にロジックレベル(0V/5V)の矩形波を入力すると作れます。この回路は入力信号の立上りエッジを検出するものです。

ロジックICはNORゲート
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-11489/
と呼ばれるもので、2つの入力が両方Lレベル(0V)のときに出力がHレベル(5V)になるものです。

波形を観測したオシロスコープの帯域は100MHzなので、理想的な矩形波(立上り/立下り時間=0)を観測しても立上り/立下り時間は3.5nsくらいになります。したがって実際の波形の立上り/立下り時間はもっと小さいかもしれません。

inara1(2019/02/26 Tue 09:15) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^5: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 907x794 97.8kb

このような超短パルスを発生させるには、部品や配線のレイアウトに注意しないと波形が乱れます。添付画像のようなパターンで作ったほうがいいです(上の写真はブレッドボードに組んだ回路で、この配線パターンは使っていません)。

inara1(2019/02/26 Tue 09:18) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^6: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 720x416 101.7kb

このような超短パルスを観測するには、オシロスコープのGNDリード(みのむしクリップが付いた黒色のリード線)と先端のキャップを使わずに、添付画像のように、プローブ先端を直接観測点に接続して、GNDはプローブ先端近くから取って最短経路で回路GNDと接続します。そうしなと観測波形がリンギングだらけになってしまいます。

chy_farm(2019/02/27 Wed 21:54) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^7: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

inara1さん、

おせわになります。
まず、ご教示いただいたこれで試作してみます。

細かいご注意点、ありがとうございます。

chy_farm(2019/02/26 Tue 09:07) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^4: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

inara1さん、

すみません、狙いどころを誤って計算してました。
伝送経路のチェックに使うので、伝送経路の全体長さに合わせないと意味がなかったでした。

伝送経路の全体長さは平均でおよぞ片道2mです。
光速で1m進むのに3.3nsですから、例えば断線箇所を20cmごとにチェックできるとすると、0.66ns以内に1パルスが立ち上がってー>たち下がって、欲しいところです。
伝送線が有する固有の誘電率で伝送速度が多少遅くなるはずですから、目標値として0.66nsであれば、なんとか簡易TDRに使用できそうです。

例えば上に上げてくださったサンプルケースですと、振幅を1/10に落とせばパルス長が0.7nsに収まるのですか?

inara1(2019/02/26 Tue 16:53) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^5: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

>目標値として0.66nsであれば、なんとか簡易TDRに使用できそうです
上の回路では0.66nsは無理です。

>振幅を1/10に落とせばパルス長が0.7nsに収まるのですか?
ロジックICは電源電圧を下げれば振幅も下がりますが、0.5Vの電源電圧では動作しません(最低動作電圧は2Vくらい)。電源電圧を低くすると応答速度が下がってしまいます。

chy_farm(2019/02/26 Tue 22:54) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^6: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

inara1さん、こんばんは。

> 上の回路では0.66nsは無理です。

20cm単位で伝送経路を診断するというのは、出発点からして簡単ではないのですね。

chy_farm(2019/02/27 Wed 22:07) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^6: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

inaraさん

> >振幅を1/10に落とせばパルス長が0.7nsに収まるのですか?
> ロジックICは電源電圧を下げれば振幅も下がりますが、0.5Vの電源電圧では動作しません(最低動作電圧は2Vくらい)。電源電圧を低くすると応答速度が下がってしまいます。

↑すごくアホな質問しちゃいました。失礼しました。

chy_farm(2019/02/28 Thu 00:01) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^7: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

inaraさん

74HC02を2つ注文しました。
一つに4けのロジックが入っています。

この回路には3つ使用するだけなのに2つ使うのは、何か安定性のためにそうするのですか?

inara1(2019/03/01 Fri 13:30) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^8: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

>この回路には3つ使用するだけなのに2つ使うのは
ICの上側を使うと、配線が一直線にならず、また配線がGNDパターンの上を通るからです。立上り・立下り時間を重要視する回路では、配線のインダクタンスを減らすために極力短かくして、屈曲させないほうがいいと考えてそうしました。

オシロスコープのGNDリード(みのむしクリップがついているほう)は10cmくらいありますが、GNDリードを使うと波形が乱れます。1cmでも短くしたほうがいいと考えました。

chy_farm(2019/03/01 Fri 18:51) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^9: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

なるほど、わかりました。
いつもながら、ご配慮の高さに感謝です。

ロジックで組み上げるところは、ご説明がとても分かりやすくてありがたいです。
言われたらそうなるなぁ、と分かりますが、これを発明したのはすごいですね。

74HC02は4組注文しました。
あさってにはとどくと思いますから、たのしみです。

オシロのGNDの件もありがとうございます。
5年前に買ったテクトロの1GHz差動プローブ、P6247を使ってみます。
なかなか使う機会が無いので、箱の中で腐ってしまわないか、心配でした。

chy_farm(2019/03/05 Tue 12:37) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^10: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 1000x649 575.2kb

inara1さん、お世話になります。

74HC02が届いたので作ってみました。
330Ωのところをいろいろ変えて時定数を調整したら、100Ωでこれくらいの短いパルスになりました。

村田の1pFがあったので、試しに差しこんで観察しまたが、差し込まないほうが若干短いので、外しました。

chy_farm(2019/03/05 Tue 12:38) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^11: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 996x664 416.8kb

プローブは差動を使用するほどでもなさそうなので、HPのいつもの1Gで済ませました。

chy_farm(2019/03/05 Tue 12:44) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^12: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 1000x649 523.5kb

T-fallのあとに落ち込むringingがありますけど、長さ207cmのBCNコネクタで試しにTDRしてみたら、反射波がはっきり見えてうれしいです。

chy_farm(2019/03/05 Tue 12:46) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^13: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 1000x649 514.3kb

Cを0.1uFに変更して長いパルスでも試しました。

chy_farm(2019/03/05 Tue 12:48) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^14: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 1000x649 528.1kb

長いパルスでもはっきり反射が見えますが、私の好みは短いパルスで見る方です。

chy_farm(2019/03/05 Tue 22:32) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^15: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

inara1さん。お世話になります。

この74HC02より高速に立ち上がるロジックパッケージがあればためしてみたいのですが、ご存知ありませんか?

inara1(2019/03/06 Wed 02:27) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^16: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

ロジックICにはいくつか種類があります。ここ
https://toshiba.semicon-storage.com/jp/product/logic/cmos-logic.html
のラインナップのところに、種類ごとの電源電圧範囲とtpd(伝搬遅延時間)が出ています。

立上がり/立下り時間はtpdに比例すると考えていいので、この中からtpdの小さい種類を選べばいいです。74HCタイプをそのまま置き換えられるのが74ACです。ACはHCの高速版(Advanced CMOS)という意味です。

5Vの電源電圧では使えませんが、電源電圧を3.3Vのとするのなら、74LCXシリーズがさらに高速です。パッケージも表面実装用になるので、そのままブレッドボードに挿せません。

その表には出ていませんが、74LCXより高速のロジックICにECL(Emitter Coulped Logic)というのがあります。ECLには10Kシリーズ(型番が10XXX)と100Kシリーズ(型番が100XXX)があり、100Kシリーズのtpdは1nsくらいです。100KシリーズはロジックICの中で最高速です。ただし、ECLは電源が2つ必要なことと、消費電流が非常に大きい(発熱が大きい)ため、現在ではほとんど使われていません。

chy_farm(2019/03/06 Wed 08:41) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^17: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

inara1さん、おはようございます。

>100KシリーズはロジックICの中で最高速です。
>ECLは電源が2つ必要なことと、消費電流が非常に大きい(発熱が大きい)ため、現在ではほとんど使われていません。

ありがとうございます。Fairchildの製品案内を見つけました。日立も作っていたんですね。

一つ見つけました。ためしに一つもらってみます。
100kの表面実装用で、18pinです。
(これに合う変換ボードがあったかなぁ?)

発熱対策にはパソコンのCPU冷却用シリコングリスとアルミ放熱Finで対応すれば良いですか?

実際に注文できて手元に来たら、2電源のことなど、またご案内よろしくお願いします。
(それにしても、お高いですね〜!)

chy_farm(2019/03/07 Thu 10:44) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^18: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 996x664 362.3kb

基盤に組んでから、再びパルスオンタイムをみたら、ブレッドボードのものより早くなっていました。

ブレッドボードでは7nsくらいでしたが、基盤では5.9nsくらいになっています。
ブレッドボードの中のピンを挟む部分が無い分、寄生容量が減ったせいでしょうか。

このBNCコネクタ(2.07m)で、反射波が21.7nsで返ってきていますから、このコネクタの伝達遅延率は0.636くらいでした。

chy_farm(2019/03/08 Fri 13:55) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^19: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

GIF 2480x3507 859.0kb

inara1さん、

お世話になります。ECLが届きました。Signetics社の100141というShift Registerです。

Datasheetが公開されているか調べましたが、ありません。
このチップにDatasheetが付いてきたので、代わりにアップします。
著作権があるので、ダウンロードされたら、お手数で恐縮ですがお知らせくださいませんか。画像は削除いたしますので。
全部で9ページあります。
始めのページを読み込んで頂いて、お知らせを頂いたら、次に1ページずつ、8ページ連続でアップします。
その後、1日経過後に全て削除いたします。

inara1(2019/03/09 Sat 01:44) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^20: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

なぜシフトレジスタなのですか?それをどのように使って単パルスを発生させるのでしょうか。

データシートは検索で見つかったので画像を添付しなくていいです。

chy_farm(2019/03/09 Sat 08:41) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^21: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

inaraさん、おはようございます。

> なぜシフトレジスタなのですか?それをどのように使って単パルスを発生させるのでしょうか。

ECLの型番が100XXXでも、全て同じではない、のですね。それを知りませんでした。
と言うことはこれは使えませんか。同じことをしたいのですが。

(追伸)
たぶん、100xxx番のモデルの中から、NOR Gate というものを探す必要があったのですね。
これはビットでシフト演算をするためのチップなのですね。

> データシートは検索で見つかったので画像を添付しなくていいです。

了解です。画像は添付しません。

inara1(2019/03/09 Sat 09:47) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^22: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

データシートはここ
http://bitsavers.trailing-edge.com/components/fairchild/_dataBooks/1982_Fairchild_100K_ECL_Data_Book.pdf
で見られます。

74HC02と同じ2入力のNORは100102ですが入手できるかどうかは知りません。

chy_farm(2019/03/09 Sat 16:52) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^23: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 958x692 124.6kb

inara1さん、お世話になります。

> データシートはここ
> http://bitsavers.trailing-edge.com/components/fairchild/_dataBooks/1982_Fairchild_100K_ECL_Data_Book.pdf
> で見られます。
> 74HC02と同じ2入力のNORは100102ですが入手できるかどうかは知りません。

データシートありがとうございます。

ちょうどよい具合に、ブルガリアに4個持っている人が居ました。そのうち2個を注文しました(画像のもの)。

末尾にDCと有るのは、データシート304ページにあるこちらの表示ですね。
////////////////////
(page 304)
Chapter 5
Ordering Information / Package Outlines
////
Specific ordering codes are listed on each data sheet in Chapters 3 and 4.
The Product Index and Selection Guide given in Chapter 1 list only the "basic device numbers."
This basic number is used to form part of a simplified purchasing code where the package type is defined as follows:

100xxx D C
D = Package Code
C = Temperature
Range Code
Package Code

Temperature Range => One basic temperature grade is specified in this databook:

C = Commercial / O°C to +85°C

Package Code => One letter represents the basic package type.
Different package outlines exist within each package type to accommodate varying die sizes and number of pins, as indicated below:

D = Ceramic / Hermetic Dual In-line / 4J, 60, 6Y, 8F
////////////////////

ありがとうございます。

chy_farm(2019/03/09 Sat 17:33) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^24: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 1069x988 176.2kb

緑丸印のPinは「Complementary Output」となっています。
これはNORの意味ですか?

赤下線の「E」は「Enable Input」で「OR」と「NOR」を切り替えするのですか?

ご教示、よろしくお願いします。

inara1(2019/03/10 Sun 01:20) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^25: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 1096x756 99.7kb

緑丸印のPinはNOR出力です。今回の回路ではNOR出力だけを使います。

赤下線のEはORとNORの切り替えではなく、回路を動作状態にするか、非動作状態にするかを切り替える端子です。EをLレベル(-1.8V以下)にするとOR/NOR素子として動作します。EをHレベル(-0.8V以上)にすると入力に関係なくOR出力がHレベル、NOR出力がLレベルに固定されます。

出力端子から外部に信号を取り出すには、出力端子と-2V電源(VTT)との間に50Ωの抵抗をつなぎます。

VCCとVCCAは正電圧側の電源端子(0V)、VEEは負電圧側の電源端子(-4.5V)です。ECLに2つの電源が必要というのは、-4.5Vと-2Vのことです。ECLの基準電圧はVCCなので、測定の基準電圧はVCC端子の電圧になります。

添付回路で、まずNORゲートの動作確認をしてみたらどうでしょうか。

chy_farm(2019/03/10 Sun 09:21) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^26: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

GIF 453x573 20.5kb

inara1さん、おはようございます。お世話になります。

新しい回路図と、いつもながらご丁寧な解説をありがとうございます。

そうすると、必要な両電源は、以前教えていただいたLTC1144を使えば2Vから変換できますね。
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=article&id=4491&page=1

-2Vと-4.5V必要ですから、LTC1144でそれぞれの変換をして、それぞれを接続したらよいですね。

あの時はLTC1144を購入しなかったので、これから注文します。先に電源を作って十日も待っていれば、ブルガリアから100102DCが到着するでしょう。

まずご案内くださったように、いただいた回路で実験してみます。
どれくらい速いのか、楽しみです。

inara1(2019/03/10 Sun 15:14) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^27: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 1134x794 123.7kb

負電源が必要だからといってもLTC1144を使って電圧を反転する必要はないです。添付図のように、DC電源の+と−を逆にして出力すれば負電源となります。

-2Vは負電圧用の三端子レギュレータ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-07218/
を使ってください。LTC1144は出力電流は数十mAしか取り出せないし、出力電流によって電圧が変わってしまいます。

お持ちのDC電源の出力端子にGNDがなければ「+とGND間をショートバーで短絡する」は実行しなくていいですが、その場合、DC電源の−出力端子と、オシロスコープのGND端子(BNCコネクタの外周側)が電気的につながっていないか確認してください。

chy_farm(2019/03/10 Sun 19:10) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^28: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 1000x633 524.3kb

inara1さん、お世話になります。

LTC 1144はそういう特徴だと、以前も教えていただきました。100102が電流を食うのでこれではダメなんですね。

それに3-Terminal reguratorで構成する方が簡単で安価です。

回路図、ありがとうございます。
>「+とGND間をショートバーで短絡する」
>「DC電源の+と−を逆にして出力すれば負電源」
という方法は知りませんでした。

手持ちの電源にGNDがあります。
いま黒の端子二つをつないでいるバーを外して、これをプラス端子とGND端子間に移せばいいのですね。

GND=マイナス
と信じていました。

GNDがある電源というのは、GNDを「0V」にしたらプラス、マイナスと両方に使えるのですか?

inara1(2019/03/11 Mon 02:09) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^29: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 720x718 68.6kb

>GND=マイナスと信じていました
DC電源の出力は一般にAC100V(AC240V)とは絶縁されているので、どちらを回路GNDとしても使えます。

こちらで使っているDC電源はこれ
https://www.aandd.co.jp/adhome/products/sp/ad8724d.html
ですが、2台あるので、添付画像のように直列接続して両電源(+−電源)として使うことがあります。この電源は安モノなので筐体(シャーシ)GND端子はありません。

高級なDC電源の中には、出力が複数系統あって負電圧も発生できるものがあるので、そういう電源なら1台で両電源が作れますが、出力が1系統で正電圧しか出ない電源でも2台あれば両電源が作れます。

E3634Aは出力が1系統で正電圧しか出ない電源ですが、オペアンプの実験などで両電源が必要なときはどうしているのですか。

inara1(2019/03/11 Mon 02:23) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^30: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 1399x794 169.0kb

E3634Aは筐体GNDとリモート端子が付いた正電圧電源なので、添付画像のように接続してください。

電流リミットの設定の方法は分かりますか?
取扱説明書
https://literature.cdn.keysight.com/litweb/pdf/E3634-90413.pdf?id=754769
の17ページのある「電流出力のチェックアウト」がその手順です。電流リミットを設定しておかないと、回路側で電源を短絡してしまったときなどに過大電流が流れて回路を壊してしまうことがあります。こちらでは必ず適切な値に設定しています。今回の回路では電流リミット値は0.1Aくらいでいいと思います。

chy_farm(2019/03/11 Mon 09:35) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^31: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 1000x667 552.6kb

inara1さん、おはようございます。

>E3634Aは出力が1系統で正電圧しか出ない電源ですが、オペアンプの実験などで両電源が必要なときはどうしているのですか。

以前「心電計」や「微小電流測定器」の実験のときに、inara1さんに回路図を書いてもらった両電源
http://bbs3.fc2.com/thumb/454703_1380942739.jpg
で実験してました。

新しく接続図描いていただいて、ありがとうございます。
昨日inara1さんのアドバイスの後で、写真のようなジョイントを作りました。

> 電流リミットの設定の方法は分かりますか?
> 取扱説明書
> https://literature.cdn.keysight.com/litweb/pdf/E3634-90413.pdf?id=754769
> の17ページのある「電流出力のチェックアウト」がその手順
>今回の回路では電流リミット値は0.1Aくらいでいいと思います。

日本語取説、ありがとうございます。
手元のが英文だけだったので、読みやすくてうれしいです。

リミット値は「0.1A」ですね、分かりました。
ありがとうございます。

chy_farm(2019/03/11 Mon 10:04) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^32: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 1000x667 519.1kb

inara1さん、電源のことでもう少しご教示おねがいします。

>こちらで使っているDC電源はこれ
>https://www.aandd.co.jp/adhome/products/sp/ad8724d.html
>ですが、2台あるので、添付画像のように直列接続して両電源(+−電源)として使うことがあります。
>この電源は安モノなので筐体(シャーシ)GND端子はありません。

inara1さんの例では、二つが同じ機種です。
私の手元に、Agilent_E3634A と Kikusui_35-2A とが有ります。
これを画像の「#1」ように、(このプレートで)直列に接続することは可能ですか?

可能な場合、「#2」のKikusui側のGNDはどう処理すれば良いのですか?
たぶん、Kikusui 側のGND端子はKikusui側の「正(プラス)」端子に接続して、Agilent側のGNDと一致させるのでは、と考えましたが正しいですか?

よろしくお願いします。

inara1(2019/03/11 Mon 11:15) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^33: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 720x529 89.3kb

筐体GND端子付きのDC電源を2台使うときは、それぞれの筐体GNDを互いに電気的につないでください。筐体GNDというのは装置の筐体なので、2台の筐体に電位差があると、万が一筐体が接触したときに過電流が流れます。

ECL回路の場合はVCCが回路GNDとなるので、添付画像のように、2つの電源の筐体GNDと+出力端子を接続し、さらにそれらを互いに接続します。

筐体GNDは必ずどこかに接続しなければならないというわけではないです(筐体GNDのないDC電源ではどこにも接続していません)。

inara1(2019/03/11 Mon 11:31) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^34: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 945x378 57.5kb

この回路は大電流が流れるわけではないので大きなショートバーは不要です。

ちなみに、筐体GND付きのDC電源の多くは、添付画像のようにショートバーが+出力にも−出力にも接続できるようになっています。+側にも接続できるので、常に−がGNDではないということです。

E3634Aの端子配列はそのようになっていないようですが、専用のショートバーがあるのでしょうか。

chy_farm(2019/03/11 Mon 12:19) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^35: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 2000x971 1053.1kb

inara1さん

>「2台のDC電源でECL用電源を作る」
↑ご丁寧に画像をありがとうございます。
ECL用の電源接続が分かりました。

>筐体GND付きのDC電源の多くは、添付画像のようにショートバーが+出力にも−出力にも接続できるようになっています。+側にも接続できるので、常に−がGNDではないということです。
↑なるほど、Kikusuiのは新しいほうも、古いほう(写真左)もそのようになっています。そういう風にして利用できるということを、いまやっと知りました。
三十年くらい前に初めて買ったアマチュアハム用のAlinco製電源(写真右)にはGNDがありません。

このE3632Aを中古で入手したので、E3632A用に専用のショートバーがあるのかどうか、分かりません。

E3632AとPMC35-2Aとを接続して、
(ECL用ではなく)オペアンプ用の両電源で使用するときはこちら↓のように使えるのですね。
>筐体GND端子付きのDC電源を2台使うときは、それぞれの筐体GNDを互いに電気的につないでください。筐体GNDというのは装置の筐体なので、2台の筐体に電位差があると、万が一筐体が接触したときに過電流が流れます。
↑両方のGNDを電気的に接続して筐体の電位差を無くし、その上で直列に接続する。
ということで良いですか?

chy_farm(2019/03/11 Mon 18:55) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^36: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 1000x667 531.1kb

inara1さん

お蔭様でうまくいきました!!

inara1(2019/03/12 Tue 05:20) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^37: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 720x1040 177.1kb

配線が違っています。E3634Aのほうの電圧設定は4.5Vのはずです。

chy_farm(2019/03/12 Tue 09:26) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^38: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 1000x1419 897.6kb

inara1さん、おはようございます。

> 配線が違っています。E3634Aのほうの電圧設定は4.5Vのはずです。
↑私がアップしたその画像は、一つ前の質問の「自己回答」です。
(ECL用ではなく)オペアンプ用の両電源で使用するときは、両方のGNDを電気的に接続して筐体の電位差を無くし、その上で直列に接続する、ということで良いですか?と質問いたしました。その質問への自己回答です。

今アップした画像のように、接続プレートは2種類作りました。
画像上が両電源、
画像下がECL用です。

chy_farm(2019/03/12 Tue 22:14) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^39: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 1000x667 520.0kb

inara1さん、お世話になります。

LM317と、LM337が届いたので、両方使って実験用の「両電源アジャスタ」にしました。

chy_farm(2019/03/12 Tue 22:23) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^40: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 1255x672 78.7kb

取説図(画像)にある120Ωは、inara1さんの回路図のように100Ωを使いました。

R2は100Ωのが手元に無かったので、
5k、
2k、
1k、
500
など、いろいろ試して2kΩにしました。

例えば5kを試したら、マイナス3V付近は細かく調整できるのに、2V近くは大雑把に動いてしまい、満足できませんでした。

chy_farm(2019/03/18 Mon 19:56) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^41: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

GIF 1500x1000 102.8kb

inara1さん、お世話になります。

今日、ブルガリアから100102が届きました。
早速、先日描いていただいた回路図で実験しました。

入力信号源に、先日教えていただいた74HC02を二つ組み合わせた短パルス発生器を使ってみました。

画像は、この短パルス発生器と、100102を組み合わせて、100102の出力Outputから得られた信号を見ています。

上段の重なっている二つのグラフのうち、
黄色案内線のカーブは、短パルス発生器のOutputにプローブを接続して見た出力パルス、
ピンク色案内線のカーブは、短パルス発生器からパルスを出力した状態で100102側の入力ピンのところにプローブを接続して見た入力されているパルス、です。

下段のカーブは、上記それぞれのときの100102の出力NOR出力にプローブを接続して見た信号です。

お気づきの点、ご教示お願いします。

chy_farm(2019/03/18 Mon 21:47) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^42: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

GIF 2000x666 109.7kb

こちらの画像は、パルス信号器の信号をオフセットして、約-0.2V〜-1.7Vの範囲で入力して、それを100102の出力端子で観た波形です。

NOR出力になっていますが、立ち上がりを観ると仕様書に言われているほど速い立ち上がりでは無いように見えます。

inara1(2019/03/19 Tue 03:50) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^42: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

最初の波形
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=4752.gif
の入力信号は74HC02で作った短パルスですか。ECLの信号レベルは-0.8V〜-1.8Vなので0V〜5Vの信号を入れても正常動作しません。

次の波形
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=4753.gif
の電圧レベルは合っています。この波形はこの回路
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=4731.jpg
の入出力波形(上段が入力で下段が出力)ですか?OR出力とNOR出力の波形は互いに反転していますか?

プローブとオシロスコープの周波数帯域は1GHz以上ありますか?波形の立上がり時間が5nsくらいなので周波数帯域は100MHz未満だと思います。

最初の波形の実験で誤った入力信号(正電圧)を加えたためにECLが劣化した可能性もあります。ECLを交換して再実験してみてください。

chy_farm(2019/03/19 Tue 08:25) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^43: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

inara1さん、おはようございます。

> 最初の波形
> http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=4752.gif
> の入力信号は74HC02で作った短パルスですか。ECLの信号レベルは-0.8V〜-1.8Vなので0V〜5Vの信号を入れても正常動作しません。
↑はい、74HC02の波形です。
はじめ試しに入れてみましたが、inara1さんが示してくれていたサンプル波形と電圧範囲違うので、やり直し↓ました。

> 次の波形
> http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=4753.gif
> の電圧レベルは合っています。この波形はこの回路
> http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=4731.jpg
> の入出力波形(上段が入力で下段が出力)ですか?
↑はい、こちらで示していただいた回路の波形です。一箇所変更は、入力側のピン番号(Od)にあわせて、出力側のピン番号を移動(D1c,D2c -> D1d,D2d)しました。

>OR出力とNOR出力の波形は互いに反転していますか?
↑はい、互いに反転していますのでNOR出力になっています。

>プローブとオシロスコープの周波数帯域は1GHz以上ありますか?
>波形の立上がり時間が5nsくらいなので周波数帯域は100MHz未満だと思います。
↑これはうっかりしていました。普段使いの300MHzのプローブをそのまま使用していました。変更して再チェックします。

>最初の波形の実験で誤った入力信号(正電圧)を加えたためにECLが劣化したのかもしれません。ECLを交換して再実験してみてください。
↑正電圧を入力すると劣化するのですか!!
うっかり出来ませんね。二つ目で試してみます。

ありがとうございます。

追伸:
「信号源:Zo=50Ω」のところはインピーダンス・マッチングさせているという理解で正しいですか?
そう考えて、手持ちのパルス発信機が内部抵抗600Ωなので、21番ピンからC0Mに落とす50Ω抵抗を600Ωに変更しています。これは正しいですか?

inara1(2019/03/19 Tue 10:29) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^44: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

>「信号源:Zo=50Ω」のところはインピーダンス・マッチングさせているという理解で正しいですか?
はい。信号源の出力インピーダンスが50Ωで、同軸ケーブルの特性インピーダンスも50Ωという想定です。

>手持ちのパルス発信機が内部抵抗600Ω
600Ωとは珍しいです。その発振器は600Ωで終端したときに設定した振幅が出るような構成なのなら、600Ωで終端しないと正しい振幅になりません。

ケーブル長さが数mと長くないのなら、特性インピーダンスが600Ωのケーブルは特に必要ありません。ECLの入力側(終端抵抗)の波形に大きなリンギングが出ていないのなら問題ないです。

上の波形を見ると発振器の出力波形はかなり応答が遅いようですが、ECLはデジタルICなので入力波形が多少なまっていても構いませんが、あまり遅い立上り・立下り波形だと、伝搬遅延時間を正確に測定できないので、10ns以下の立上り・立下り時間の信号としたいところです。

chy_farm(2019/03/19 Tue 14:26) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^45: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

GIF 1500x542 325.4kb

inara1さん、

> 信号源の出力インピーダンスが50Ωで、同軸ケーブルの特性インピーダンスも50Ωという想定です。
↑ご教示ありがとうございます。

> >手持ちのパルス発信機が内部抵抗600Ω
> 600Ωとは珍しいです。その発振器は600Ωで終端したときに設定した振幅が出るような構成なのなら、600Ωで終端しないと正しい振幅になりません。
↑50年くらい前の松下通信製です。アナログダイアルで周波数を合わせる式で、100KHzレンジで500KHz以上に持ってくると、パルスの立ち上がりは溶けたアイスクリームのような形状です。

> 上の波形を見ると発振器の出力波形はかなり応答が遅いようですが、ECLはデジタルICなので入力波形が多少なまっていても構いませんが、あまり遅い立上り・立下り波形だと、伝搬遅延時間を正確に測定できないので、10ns以下の立上り・立下り時間の信号としたいところです。
↑アドバイスいただいて、Tektroの差動1Gプローブで観たら、画像のような程度になりました。

では、この100102を74HC02のように使って、先日の回路↓のように
http://mpga.jp/akizuki-fan/data/img/4693.jpg
組めば、もう少し短いパルスが生成できますね。
早速、試してみたいです。

inara1(2019/03/19 Tue 16:34) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^46: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

>Tektroの差動1Gプローブで観たら、画像のような程度になりました
出力波形の fall time が5ns以上あるので、ECLを使ったNOR回路で短パルス発生回路を組んでもダメだと思います。

なぜ出力波形の応答が遅いのでしょうか。74HC02を使った短パルス発生回路でこちらが観測した波形
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=4691.jpg
は、帯域幅が100MHzのオシロスコープと300MHzのプローブで観測したものですが、rise time も fall time も 5ns 未満です。

プローブの周波数補償の調整はちゃんとされていますか?補償不足になっていませんか?

chy_farm(2019/03/19 Tue 18:57) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^47: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

inara1さん、お世話になります。

> プローブの周波数補償の調整はちゃんとされていますか?補償不足になっていませんか?

これ、確認してみます。ありがとうございます。

chy_farm(2019/03/25 Mon 18:06) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^48: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

inara1さん、お世話になります。
ご無沙汰してしまいました。仕事のほうで多忙なことが続いてしまい、こちらの実験に時間が取れませんでした。

> > プローブの周波数補償の調整はちゃんとされていますか?補償不足になっていませんか?

使用しているプローブはこのP6247型
https://jp.tek.com/datasheet/differential-probes-2
です。
アクティブプローブなので周波数補償が必要ないとありますが、何かそれに代わるようなこと、又は高い周波数で使用するときに必要な補償方法があるのでしょうか?
ご存知でしたらご教示お願いします。

inara1(2019/03/26 Tue 08:20) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^49: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

>使用しているプローブはこのP6247型
そんな高価なプローブは使ったことありません。周波数補償の調整ができないとなると、なぜ応答が悪いのか分かりません。

chy_farm(2019/03/26 Tue 22:54) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^50: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

inara1さん、こんばんは。

> >使用しているプローブはこのP6247型
> そんな高価なプローブは使ったことありません。周波数補償の調整ができないとなると、なぜ応答が悪いのか分かりません。

では、再度慎重に測定してみます。

chy_farm(2019/04/06 Sat 23:06) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^51: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 1000x413 229.7kb

inara1さん、こんばんは。

しばらく仕事で実験できませんでしたが、今晩やっと時間が取れました。
IwatsuとHPのオシロで観てみました。

左のアナログ波形は入力波形です。
右が出力波形です。Offsetしてあります。
電源を-4.5vと、-2.0vのときは立ち上がりが2.2nsくらい、
-4.5vと、-1.8vのときに、これくらいの立ち上がりでした。

inara1(2019/04/07 Sun 13:17) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^52: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

>立ち上がりが2.2nsくらい
実際の立ち上がりがもっと速いとすれば、オシロ+プローブの帯域幅は
100MHz*(3.5ns/2.2ns)=159MHz
になりますがそんなもんなのでしょうか。

chy_farm(2019/04/07 Sun 22:28) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^53: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 2067x2960 729.9kb

inara1さん、お世話になります。

HPのオシロ、54100Aのマニュアルからプローブの部分を引用しました。
字が細かいので大きいサイズで投稿します。

手元に
54001A,10KΩのアクティブプローブ
54002A,50Ωのプローブ
54003A、10MΩのプローブ
の3種類あります。

そのうちの54001Aアクティブプローブ(赤印)を使用しました。
上の欄には「DC to1GHz」とありますが、下欄では「700MHz」になっています。
これら三種類全てに、容量を補正するネジがありません。

上記のうち、54003Aも10:1で使用してみましたが、グランドをスプリングピンに換えても少しはリンギングが出るので、この立ち上がり測定には使用をやめています。

その点、54001Aのアクティブプローブを使用すると、リンギングが小さくなって目立たないので、こっちを使っています。

でも、どこか使用方法が間違っているのでしょうか?

chy_farm(2019/04/12 Fri 09:10) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^54: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

inara1さん、お世話になります。

いまさらなのですが、オシロスコープの使い方についてご教示お願いします。下記に2つinara1さんからのアドバイスを引用しました。
この2つについて、とくに2つ目についてはしばらく考えていました。

1つ目は(2019/02/26 Tue 09:04)にいただいき、2つ目は(2019/04/07 Sun 13:17)に頂きました。それぞれの内容を次のように理解しました。
誤りがあればご教示よろしくお願いします。

>(2019/02/26 Tue 09:04)
>波形を観測したオシロスコープの帯域は100MHzなので、理想的な矩形波(立上り/立下り時間=0)を観測しても立上り/立下り時間は3.5nsくらいになります。>したがって実際の波形の立上り/立下り時間はもっと小さいかもしれません。

↓(私の理解)
inara1さんのオシロスコープは帯域が100MHzで、サンプリング周波数がおよそ300MHzだから、およそ3.3ns毎に一回のサンプリングをする。だから、3.3nsの時間間隔の間にもっと速い実際の変化があったとしても、3.3nsより狭い時間間隔では表示できない。よって、理想的な矩形波(立上り/立下り時間=0)を観測しても立上り/立下り時間は3.5nsくらいになる。
(ここまで私の理解)

>(2019/04/07 Sun 13:17)
>>立ち上がりが2.2nsくらい
>実際の立ち上がりがもっと速いとすれば、オシロ+プローブの帯域幅は
100MHz*(3.5ns/2.2ns)=159MHz
になりますがそんなもんなのでしょうか。

↓(私の理解)
100102の実際の波形の立上り/立下り時間が、スペック通りにもっと小さいとすれば、
私がHPのオシロスコープとアクティブプローブで観察した100102の立ち上がり速度が2.2nsだったということは、
100MHzのオシロスコープが3.5nsの限界値であるのと対比して比較すると、
このHPのオシロスコープとアクティブプローブの帯域は159MHz程度になる。
(計算)100MHz*(3.5ns/2.2ns)=159MHz
一方、このHPのオシロスコープとアクティブプローブが、スペック通りに700MHzの帯域であるならば、観察した2.2nsの立上り/立下り時間はスペックと異なっていて、遅すぎる。この100102の立上り/立下り時間は本当にこんなに遅いのだろうか?(どこかに誤りがあるのではないだろうか?)
(ここまで私の理解)

よろしくお願いします。

inara1(2019/04/12 Fri 13:34) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^55: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 720x1512 202.2kb

chy_farmさん

こちらで観測した短パルスの波形
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=4691.jpg
はTektronixのTDS2012Cで観測したものです。TDS2012Cの帯域は100MHzですが、その波形のように、水平レンジを5ns/divとしたときのサンプルレートは 2GS/sec(サンプル間隔0.5ns)です。

サンプルレートは水平レンジによって変わり、TDS2012Cでは500ns/divのとき500MS/sec(サンプル間隔2ns)になります。しかし、幅10nsのパルスを500ns/divで観測すると幅がほとんど見えないので、普通はこのようなレンジでは観測しません。立上り/立下り時間が見えるくらいに水平軸を拡大するのが普通なので、サンプリング間隔が問題になることはありません。

100MHzの帯域で立上り/立下り時間が3.5nsというのは、サンプリング間隔でなく、帯域幅から出てくる数値です(計算方法を添付しました)。

chy_farmさんがお使いのオシロスコープのサンプルレートを調べてみてください。TDS2012Cのような低級機のサンプルレートは決まっていますが、高級機の中には、描画を速くするために、間引きサンプリングする「高速サンプルモード」という機能があります。そのモードになっているとサンプルレートが小さくなります。その他に高級機の場合は、設定によってサンプルレートを変えられる機能があるので、それが低く設定されていないか確認して下さい。

実際のサンプルレートを調べる手っ取り早い方法は、取り込んだ波形をcsv形式などで保存して、Excelでデータを開いて、どういう時間間隔になっているか見るという方法です。

chy_farm(2019/04/12 Fri 17:55) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^56: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

GIF 1280x2396 147.5kb

inara1さん、ご丁寧にありがとうございます。

> 100MHzの帯域で立上り/立下り時間が3.5nsというのは、サンプリング間隔でなく、帯域幅から出てくる数値です(計算方法を添付しました)。

計算式のほうが少しむずかしいので、自習をもう少し進めてから、また質問させてください。

> サンプルレートは水平レンジによって変わり、TDS2012Cでは500ns/divのとき500MS/sec(サンプル間隔2ns)になります。

こういう操作をはじめてしました。
なるほど!!
私のはTDS684Bで、画面の中にレンジを変更するごとにsampling rateが出ていました。
画像左、上から2つ目のように、100ns/divで500MS/sでした。
(追伸)と言うことは、100ns/divの中に50個のドットがある、ということですね。実際に数えたら50個ありました。

>---高級機の中には、描画を速くするために、間引きサンプリングする「高速サンプルモード」という機能があります。そのモードになっているとサンプルレートが小さくなります。その他に高級機の場合は、設定によってサンプルレートを変えられる機能があるので、それが低く設定されていないか確認して下さい。

どうやら高級機ではなかったようです。
画像左、一番下、200ps/divで5GS/sでした。←(単位のミスタイプ訂正しました。)
(追伸)5GS/sということは、200psに一つドットがある、と言うことになります。でもこの画像(左、一番下)は200ps/divで5GS/sのはずなのに、一つのdivの中に2.5段の段差が見えます。
これはどういうことなんでしょうか?

画像の右、中段は、HPの54001A機です。
50ns/divのレンジで、ドットの時間間隔を読みました。
100nsにドットが4つで、ドットの時間間隔が25nsですから、sampling rateは40MHzでした。
この機種はこんなに遅いsampling rateなのに、海外サイトでビンテージオシロスコープをみると、これを「サンプリングオシロスコープ」と言っている人が居ました。
昔はこんなもので仕事が出来たのでしょうか?

追伸:いま古いHPのカタログを海外サイトに見つけました。このカタログには、この機種のsampling rateが表示されていません。
「Random Repetitive Samplingという技術で1GHzの帯域を実現できた」と書いてあります。
ドットの間隔が広いけれど、繰り返してランダムにドットを作ることで線を描こう、という訳なんでしょうね。

(追伸)日本語サイトに出ていました。
https://www.techeyesonline.com/measuring-device/detail/HINCD-00261-54100D/

HP 54100A / Dは、完全にプログラム可能な1GHzのデジタル化オシロスコープで、9mchのディスプレイを備えています。自動測定、デジタルストレージ、プリトリガ表示、設定可能な入力、複雑なデジタル波形のトリガが可能です。
【周波数】1GHz(54001A,54002A),300MHz(54003A)
【ch数】4
【最高サンプリング】40MSa/s
【54001A】1GHzアクティブプローブポッド
【54002A】1GHz入力ポッド
【54003A】300MHzプローブポッド
【I/F】HP-IB

chy_farm(2019/04/18 Thu 12:31) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^57: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

inara1さん、お世話になります。

> > 100MHzの帯域で立上り/立下り時間が3.5nsというのは、サンプリング間隔でなく、帯域幅から出てくる数値です(計算方法を添付しました)。

この計算式にあるexp(x)のことを自習していました。
Napier's Constantで「(1-1/n)^n」でnを無限大にすると「2.718,,,」ですね。ずーっと前に学びました。

1-exp(-t/CR)は、RとCで組み合わされるフィルターのC両端電圧変化を表す、と出ていました。

試しに、exp(-t/CR)でtの値を小さいものから大きいのまで、5種類置き換えて、1-exp(-t/CR)を計算してみました。

tが0のとき、1-exp(-t/CR)=1-1=0

tがCRの1/1000のとき、1-exp(-t/CR)≒1-0.9990≒0.001

tがCRの1/100のとき、1-exp(-t/CR)≒1-0.990≒0.01

tがCRと同じとき、1-exp(-t/CR)≒0.63

tがCRの100倍のとき、1-exp(-t/CR)≒1

tのスタートでは抵抗だけで電圧がきまり、時間が経過してCが充電されると電圧が1になるのがわかりました。

この式から導かれて
t2-t1 = 0.3497 / Fc
になり、
それで帯域が100MHzのオシロの場合は通過出来る最小の変化時間が3.5nsになる、という訳なのですね。
便利な式だと思いました。

ご教示ありがとうございました。

chy_farm(2019/04/18 Thu 20:21) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^58: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 1480x2520 875.4kb

inara1さん、お世話になります。

お蔭様で、inara1さんが作ってくれて2月25日に投稿してくださったパルス、
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=4691.jpg
のようなのが出来るようになりました(画像上段)。

74HC02のスペックデータでVcc7Vまでいけそうなので、6V入力まで試しました(画像下段)。
画像中段は入力信号の電圧幅です。

プローブはHP54002Aで、本体に差し込むポッドで50Ω、このポッドに接続するプローブが450Ωのセットです。Attenuationは10;1の設定です。

chy_farm(2019/04/18 Thu 20:35) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^59: LM7171を使ってパルスオンタイム最小のパルス発生器

JPG 1466x905 287.0kb

このパルスを使って再度TDRを試しています。

手元にある一般電気器具用のパラレル2線コードをいくつかTDR測定したら、伝送速度の遅延率が大体0.67から0.68でした。

同じコードで長さ296cmのものをこの74HC02ユニットのパルス出力端子に接続して測ったら、画像のようにPeak-Peak時間が29.6nsでした。

往復時間なので、これを1/2にして、1nsあたりの光速30cmを乗じたら、
444cmなので、これに遅延率0.67を乗じると、
297cmでした。

1センチ違いなので、まずまずかなぁ、と一応満足しています。
測定対象の材質によって遅延率が異なるので、ちょっとめんどうですが。

inara1(2019/03/17 Sun 12:06) [ 編集 ] [ 返信 ]

パルスカウント式加算器

JPG 1134x2646 545.3kb

Yahoo知恵袋の回答の補足のためにここを使わせてください。

ゲーム機などの点数表示用の加算器の回路図です。ブレッドボードで動作確認しています。

加算用スイッチをチョイ押しすると、5と10と20と50と100という決まった数が加算されて表示されます。加算スイッチ5を押すと表示が5に、その後加算スイッチ10を押すと表示が15になります。同じスイッチをもう1度押せば、同じ数が再加算されます。点数表示は4桁の7セグメントLEDですが、スタティック表示(常時通電)なので、カウンタIC(74HC390)とデコーダIC(4511)を増やせば桁数をいくらでも増やすことができます。

回路図では加算数は固定していますが、スイッチとダイオードを追加すれば、8bit(1〜255)の任意の数の加算ができます。この回路は、設定された加算数と同じ数のパルス列を発生させて、それを10進カウンタ(74HC390)でカウントして表示させるという原理で加算を行っています。したがって、加算スイッチを押すたびに、表示が「前の表示値+加算値」に更新されます。「表示クリアスイッチ」を押すと10進カウンタがリセットされて表示が0000になります。

加算原理がパルスをカウントする方法なので、クロック信号の周波数が高いほど結果の更新(計算)が早くなります。例えば、クロック周波数が100Hzの場合、加算数を100とすると、結果が出るに1秒かかります(その間、点数表示がパラパラ変化する)。クロック周波数は可変抵抗で100Hzから10kHzまで変えられるようにしているので、瞬時に加算結果を表示する場合はクロック周波数を10kHzにすればいいです。

デコーダIC(4511)はカソードコモンLED用なので、7セグメントLEDはカソードコモンものを使います。動作確認で使った7セグメントLEDはこれ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-00885/
です。サイズの大きなもの
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-04302/
でも使えます。多桁の7セグメントLEDの中にはこれ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-03673/
のように「ダイナミック接続」と書かれたものがありますが、このタイプは各LEDが独立していないため使えません。

inara1(2019/03/17 Sun 12:31) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: パルスカウント式加算器

使用したロジックICをまとめておきます。質問者は共立電子から購入予定らしいので、そのサイトのURLを載せておきます。

TC4511(4個) http://eleshop.jp/shop/g/gT11951/
または
74HC4511(4個) http://eleshop.jp/shop/g/gT11602/
動作確認ではTC4511を使っていますが、74HC4511は電源電圧範囲が狭い(2V〜6V)だけで、機能はTC4511と同じです。

74HC574(1個) http://eleshop.jp/shop/g/gT11573/
74HC390(2個) http://eleshop.jp/shop/g/gT11562/
74HC191(2個) http://eleshop.jp/shop/g/gT11520/
74HC112(1個) http://eleshop.jp/shop/g/gT11486/
74HC14(1個) http://eleshop.jp/shop/g/gT11464/
74HC00(1個) http://eleshop.jp/shop/g/gT11450/

Yahoo!知恵袋質問者(2019/03/27 Wed 16:05) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^2: パルスカウント式加算器

お世話になっています。

なんとか基板配線図を考え終わりました。

B基板4枚になりました。

桁数は色々考え、6桁としました。

今後秋月に部品を注文予定です。

知恵袋にてお話しましたが最終的にスイッチ部を前回の障害物センサーような赤外線センサーを使用したいと考えています。
使用LEDとトランジスタは同じものを使用します。
もちろん動作確認時は今回教えて頂いた回路図と同じタクトスイッチで行います。

送料等の関係もあるため、一度で注文したいと思いますので赤外線センサー使用時の回路図も教えて頂けますか?

+100は入力一つですが、+5や+10はor回路にして2つ以上の入力にしたいと考えています。

すいませんが宜しくお願い致します。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/03/27 Wed 16:08) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^3: パルスカウント式加算器

センサーの作動方法は前回と同じく遮った時に感知となります。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/03/27 Wed 16:40) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^4: パルスカウント式加算器

マメに確認しますが、知恵袋のような書き込みがあった際の通知が無いため返信に時間が掛かる事があると思いますが了承下さい。

inara1(2019/03/28 Thu 03:22) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^5: パルスカウント式加算器

JPG 720x869 107.0kb

遮光したときカウントするには添付図のような回路にすればいいです。新規部品は使っていません。図はどちらかが遮光されると+5されるものですが、OR動作にしないときは一方の回路を取り除けばいいです。

74HC14と100kΩと10kΩと1N4148と0.1μFはよく使うので、余分に買っておいてください。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/03/28 Thu 06:44) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^6: パルスカウント式加算器

ありがとうございます。

センサー分の配線図を作り終え次第、必要部品を秋月に注文したいと思います。

前回の回路では赤外LEDの所に10uFのコンデンサが使われていましたが今回も使用した方が良いですか?

センサー数は全部で18個使用予定です。

inara1(2019/03/28 Thu 08:42) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^7: パルスカウント式加算器

>前回の回路では赤外LEDの所に10uFのコンデンサが使われていましたが今回も使用した方が良いですか?

赤外LED数が多いとき(18個の場合)は10uFのコンデンサを付けてください。電解コンデンサでも積層セラミックコンデンサでもどちらでもいいですが、電解コンデンサを使うときは極性(+−)に注意してください。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/03/28 Thu 09:35) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^8: パルスカウント式加算器

ありがとうございます。

電解の10uF(50v)は在庫があるので良かったです。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/03/29 Fri 06:24) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^9: パルスカウント式加算器

すいません、74HC4511ですが、こちらのパスコンは0.1uFで大丈夫でしょうか?
IC1個に付きパスコン1個で使用です。

inara1(2019/03/29 Fri 08:30) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^10: パルスカウント式加算器

>74HC4511ですが、こちらのパスコンは0.1uFで大丈夫でしょうか?
全てのデジタルICには、パッケージ1個につき1個のパスコン(0.1μF)を付けてください。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/03/29 Fri 14:36) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^11: パルスカウント式加算器

わかりました。ありがとうございます。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/04/09 Tue 01:57) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^12: パルスカウント式加算器

お世話になっています。
遅くなりましたが基板実装が終わり、動作確認になりました。

いくつか不具合と言うか、動作違いがありました。
加算は押しボタンで行っていますが、
+5の時→37
+10の時→42
+20の時→52
+30の時→62
+200の時→232
となってしまいます。
+50と+100の時は正確でした。

又合計が10000になるとなってすぐは問題無いのですが、暫くすると(この間スイッチは押さない)90000の表示になります。内部では10000なようで20000までいくと表示は直ります。が30000になると暫くして3が消えます。
同じ現象が50000、70000の時も同様に、90000の時は初め1と表示され、その後9に変わる状態です。100000以降も万の桁の表示は同じ挙動をします。

inara1(2019/04/09 Tue 09:43) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^13: パルスカウント式加算器

加算ボタンの件は、32のラインが常時Hレベルになっているのが原因だと思います。回路図か配線をチェックしてください。

値がおかしい数値は正常値より32大きい数字になっています。50と100のとき表示が正しいのは、
> +50の時→50=2+16+32
> +100の時→100=2+32+64
なので、32が常時Hレベルでも正常値と同じになります。

1万台の表示がおかしい件については、数値が奇数のときだけおかいしので、1万の桁の7セグメントデコーダ(4511)の入力信号(ABCD)の最下位のAの信号線の接触が悪いのかもしれません。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/04/09 Tue 14:40) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^14: パルスカウント式加算器

今見ました。ありがとうございます。
これから仕事なので、帰宅後確認してみます。

また、結果は報告させて頂きます。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/04/10 Wed 10:25) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^15: パルスカウント式加算器

入力値の32多かった件につきましては74hc191の配線ミス(2つともに16ピンと5ピンが接続されて無かった)(片側の1ピンに接続すべきところが2ピンに接続されていた)を直したところ直りました。

1万の桁の表示に関しては次に時間が取れた時に確認します。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/04/11 Thu 09:33) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^16: パルスカウント式加算器

一万の桁の表示がおかしかった件ですが、ご指摘通り接触不良でした。

これで押しボタンでの動作は完了です。
ありがとうございました。

今後センサーによる入力を行う為の回路を組み立てて行きます。

又不具合等ありましたら新たに質問させて頂きますのでよろしくお願いいたします。

inara1(2019/04/11 Thu 15:51) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^17: パルスカウント式加算器

>これで押しボタンでの動作は完了です
動きましたか。良かったです。

>今後センサーによる入力を行う為の回路を組み立てて行きます
ここまで来たら後は大丈夫でしょう。

ただし、センサー回路をつないだときは、手動スイッチを外してください。手動スイッチを付けたままにしておいて、センサーが検出していないときに手動スイッチを押すと74HC14の出力(0V)に5Vがかかってしまいます。そうなっても74HC14が壊れることはありませんが、そういう使い方は良くないです。

問題が起こるとしたら、光を遮断したときに2・3回カウントされる(2倍や3倍の点数になる)という症状だと思いますが、その場合はセンサー回路
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=4769.jpg
の0.1μFにつながっているほうの抵抗(10kΩ)を100kΩなどに変更してみてください。抵抗値が大きいほど、速く変化する信号に応答しなくなります。

その回路はピンボールの点数表示用ですか?穴にボールが入ったら点数が加算されるとか。スマートボールや野球盤では10万点というのはないですから。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/04/14 Sun 20:37) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^18: パルスカウント式加算器

> ただし、センサー回路をつないだときは、手動スイッチを外してください。
押しボタンでの確認後は外していました。たまたま外したのですが、正解だったようで良かったです。

> 問題が起こるとしたら、光を遮断したときに2・3回カウントされる
わかりました。この部分はセンサーを固定して確認してみます。

> その回路はピンボールの点数表示用ですか?穴にボールが入ったら点数が加算されるとか。
そうです。動作としてはその通りです。只、10万の桁は使用せず飾りです。
例えば1万の時に10000と表示されるより010000と表示された方が好きなんです。まぁ自分の好みですが。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/04/14 Sun 22:33) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^19: パルスカウント式加算器

> 問題が起こるとしたら、光を遮断したときに2・3回カウントされる。
この件に関して確認しました。
穴に入った玉(使用したのは白いビー玉です。)がバウンドして再度センサーを遮ることにならなければ(ここは木工作業のやり方ですね。)複数カウントはされませんでした。

前回のセンサー回路同様イメージ通りの作動でした。
これでこの回路を取り付ける本体の木工に移ることができます。

ありがとうございました。

inara1(2019/04/16 Tue 08:31) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^20: パルスカウント式加算器

>複数カウントはされませんでした
大丈夫でしたか。本体が出来上がったら全体写真を見せてください。

このスレッドの始まりのYahoo知恵袋ですが、昨日、私が投稿した既回答が利用規約違反とみなされて、数十個まとめて削除されてしまったため、利用停止になってしまいました。「返答がないので回答を削除しました」という回答だけが削除されたのですが、ずいぶん前からこういう回答もしているのに、なぜ急に不適切な回答とみなされたのか分かりません。一定期間経過すれば再び利用できるようになるのか分かりませんがしばらくは回答できない状況です。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/04/17 Wed 00:26) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^21: パルスカウント式加算器

>本体が出来上がったら全体写真を見せてください。

わかりました。そんなに上手な訳では無いので恥ずかしいのですが、色々教えて頂いたので完成したら添付します。
暫く忙しいので材料購入も中々できない状況でして、完成まで1ヶ月程掛かる予定です。

> Yahoo知恵袋ですが、利用停止になってしまいました。

残念です。その解答を見た質問者が違反報告でもしたんでしょうか?(ちゃんと返信しない質問者が悪いのですが)

inara1(2019/04/17 Wed 05:41) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^22: パルスカウント式加算器

>完成まで1ヶ月程掛かる予定です
全体写真でいいです。回路部分が写っていなくてもいいです。

Yahoo知恵袋のほうは、最初、登録していた全てのIDが利用停止となりましたが、いつも使っていたID(okwave_inara1)以外は使えるようになりました。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/04/17 Wed 08:29) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^23: パルスカウント式加算器

> 全体写真でいいです。回路部分が写っていなくてもいいです。
わかりました。完成したら添付致します。

ふと、知恵袋の過去質問を見ていたのですが、3年程前にもLEDの回路でinara1さんにお世話になっていました。遅ればせながらお礼を言わせて下さい。
ありがとうございました。無事完成していました。ちなみに、この時はままごとキッチンのコンロを作る時でした。

>いつも使っていたID(okwave_inara1)以外は使えるようになりました。
良かったです。IDがわかれば今後そちらに質問させて頂きたいと思います。
パソコンが無いので、スマホで利用しているのですがIDが半分以上*マークになっているので探すのも困難ですが。(今回のIDではokw*****となっていました。)

inara1(2019/04/18 Thu 11:58) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^24: パルスカウント式加算器

>IDが半分以上*マークになっている
半分以上*マークになっているIDをクリックすれば、その回答者の回答ページが開くので、そこでフルIDが分かります。

私の前の回答ページはここ
https://chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace_ansdetail.php?writer=okwave_inara1
です。URLの末尾のwriter=okwave_inara1がフルIDです。IDの一部を*にしてもフルIDは分かるのに、なぜそんな小細工をするのか分かりません。

利用できる別IDはokwave_inara2です。
https://chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace_ansdetail.php?writer=okwave_inara2
URLの末尾が2に変わっているだけです。この末尾の名前を変えてそのページを表示させると、そのIDが登録されているかどうか確認できます(未登録なら「お探しのページは見つかりませんでした」と出ます)。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/04/18 Thu 13:48) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^25: パルスカウント式加算器

> 利用できる別IDはokwave_inara2です。
確認しました。
今後もよろしくお願いいたします。

ブランド コピー 激安 - KEEVOO(2019/04/08 Mon 18:10) [ 編集 ] [ 返信 ]

ブランド コピー 激安 - KEEVOO

秋冬人気セール安いCHROME HEARTS クロムハーツCHROME HEARTS 偽物 コピー パーカー シップ 星柄 バックに星柄がプリントされたクロムハーツ パーカーです。プリント 裏起毛 無地 カジュアル ブランド コピー 激安 - KEEVOO http://www.keevoo.com/ アウター

web

inara1(2019/04/05 Fri 04:18) [ 編集 ] [ 返信 ]

焦電サンサを使った人感ライト

JPG 720x2457 396.4kb

Yahoo知恵袋の補足のためにここを使わせてください。

実物写真を添付します。左上の画像をクリックすると拡大表示されます。

この掲示板は登録なしで書き込めます。右上の[返信]をクリックすると返信画面になるので、その中の「名前」の欄に名前(偽名で可)を書いて、「本文」の欄に文章を書いて、「編集キー」の欄にパスワード(後で返信を書き直したり削除するときに必要)を記入して、「投稿する」をクリックするだけで返信できます。他の項目には何も書かなくていいです(題名は書き換えてもいい)。画像を添付するときは、画像欄の「参照」をクリックします。

1度投稿しても、後で文章を修正したり、投稿自身を削除することができます。そのときに必要なのが「編集キー」の欄に書いたパスワードです。

mame_tetsu511(2019/04/05 Fri 06:05) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: 焦電サンサを使った人感ライト

テストします。
届きましたでしょうか?

mame_tetsutetsu511(2019/04/05 Fri 07:12) [ 編集 ] [ 返信 ]


焦電サンサを使った人感ライト

okw・・・・・・さん
長い間に渡り、いろいろありがとうございました。自分の力では到底ここまで、たどり着けなかったと思います。
いろいろ失敗したことで勉強にもなりました。
一旦、知恵袋の方は締めさせていただきます。
また、機会がありましたら、アドバイスをよろしくお願いします。
本当にありがとうございました。
追記・・・パワーLEDの結果は報告致します。

inara1(2019/04/05 Fri 07:20) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: 焦電サンサを使った人感ライト

知恵袋の質問は閉じてください。

inara1(2019/04/05 Fri 08:39) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^2: 焦電サンサを使った人感ライト

JPG 1399x567 171.3kb

・焦電センサを接続するとLEDが点滅してしまう(LED電流が小さくても)
・焦電センサを接続しなければLEDは点滅しない

この2点から、焦電センサからの信号線にノイズが乗っているのが点滅の原因と思われます。

実物写真を見ると、焦電センサが別基板になっていて、その間を単線のケーブルで接続するようになっていますが、できればケーブルを使わずに、「焦電センサ+アンプフィルタ」は1つの基板としたほうがいいです。アンプフィルタの後ろの回路は別基板としてもいいです。

どうしても焦電センサだけ別基板にしなければならないときは、添付図のように、基板間の配線をシールド線とし、信号線に重畳するノイズを少なくしてください。

メイン基板の配線はあまりきれいではないですが、配線の引き回しを見ると、電源ラインとGNDラインがアンプ回路に悪影響を与えているようには見えません(焦電センサをつけなければ誤動作しないことからもそれが言えます)。

mame_tetsutetsu511(2019/04/05 Fri 12:43) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^3: 焦電サンサを使った人感ライト

早速の回答をありがとうございます。
先程も申しましたが、現在は2VのLEDでは正常に作動しております。感度調整用Rを47K→1Kになっているため、感度は良くないですが、正常です。
おっしゃる通り、センサーとアンプ部は今夜元に戻します(アンプ部にまとめる)。
パワーLEDの配線を工夫してみます。結果は報告致します。

mame_tetsutetsu511(2019/04/05 Fri 12:48) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^3: 焦電サンサを使った人感ライト

編集キーの意味がわかりました。投稿するその都度編集キーを記入するんですね。

inara1(2019/04/05 Fri 16:15) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^4: 焦電サンサを使った人感ライト

>現在は2VのLEDでは正常に作動しております
焦電センサを付けるとLED電流を小さくしても誤動作していたのではなかったのでしょうか。R2を1kΩに変更したら誤動作しなくなったということですか。

R2を小さくすると焦電センサの感度が悪くなってノイズの影響を受けにくくなっているだけなので、根本的には、焦電センサに混入するノイズ自身を減らす必要があると思います。そのためには焦電センサとアンプを同じ基板に乗せるか、基板間をシールド線にするかですが、市販の焦電センサは全て焦電センサとアンプは同じ基板に乗っているので、同じ基板に乗せるほうががいいと思います。

> 編集キーの意味がわかりました。投稿するその都度編集キーを記入するんですね。
返信するときはその都度編集キーを入力する必要がありますが、こちらでは同じキーを使いまわしています。

投稿済の返信も後でこっそり修正できます。自分の返信欄の[編集]をクリックした後、それを投稿した時の編集キーを入力し、その後[編集する]をクリックすれば、投稿済の返信を編集できるようになります。そのため、毎回編集キーを変えていたのでは面倒なことになります。

mame_tetsu511(2019/04/05 Fri 22:49) [ 編集 ] [ 返信 ]


センサーライトの回路について

お世話になっております。
編集キーの件、承知しました。
結果を報告します。
@センサーの位置アンプ部へ
A感度調整R2 1K→47K
BパワーLEDのアースを電源の近くへ移動

全て直しました。
感度、良好です。10mA LEDでは全く点滅しません。良好です。
パワーLEDの接続もしました。初め、1000Ωに繋げてテスト。良好です。47Ωま点滅しません。
47Ωでは明るさが足りないので、解決方法を教えていただきたいです。
前に作った時にもこの現象が起きました。トリガーを制御する2SC1815のベースに並列に22μ電解を入れるときだけおさまります。
トリガー辺りにコンデンサを入れたらどうですかね?

inara1(2019/04/06 Sat 02:57) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: センサーライトの回路について

ちゃんと動作するようになりましたか。良かったです。

>47Ωでは明るさが足りないので、解決方法を教えていただきたい
LED駆動回路を教えてください。基板の写真には2SC1815がありませんが。

mame_tetsutetsu511(2019/04/06 Sat 07:24) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^2: センサーライトの回路について

ありがとうございます。
回路が正常に作動しています。
明るさの向上の件とあと、一つ問題が今朝わかりました。
朝方の中途半端な明るさの時にセンサー感知した時、点滅します。この症状は解消できるのでしょうか?しばらくして、明るさが強まると作動しないので、ほんとに少しの間のことだと思います。
追記・・・すみません、ちょっと画像添付方法が分かりません。
私がモーションセンサー+タイマICの回路図は知恵袋の方で一度送らせていただいております。画像添付方法を理解するまで、お手数ですが、そちらの方を見ていただけないでしょうか?

inara1(2019/04/06 Sat 08:54) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^3: センサーライトの回路について

JPG 1587x720 187.6kb

>モーションセンサー+タイマICの回路図は知恵袋の方で一度送らせていただいております
知恵袋に添付された回路図を再添付します。この掲示板の2019/04/05 Fri 22:49の返信に
「トリガーを制御する2SC1815のベースに並列に22μ電解を入れるときだけおさまります」
という記述があるのですが、添付図の右側の回路のことでしょうか。この回路は今回の回路とは別物です。左側の回路には2SC1815はありません。

>朝方の中途半端な明るさの時にセンサー感知した時、点滅します。この症状は解消できるのでしょうか?
それはNE555のリセット動作が不安定だからです。周囲が明るくなってCdSの電圧がNE555のリセット電圧(〜0.6V)付近まで下がってきたときに、CdSの電圧に重畳している外来ノイズによって、NE555が動作状態とリセット状態を繰り返してしまうからです。

そうならないようにする方法は次の返答に書きます(ここでは1つの画像しか添付できないので)。

inara1(2019/04/06 Sat 09:23) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^4: センサーライトの回路について

JPG 720x869 73.3kb

NE555のリセット動作を安定させる回路です。NE555をもう1個追加してCdSの取り付け位置を変更しています。

周囲が暗いときはCdSの抵抗値が大きいので、U2のトリガ入力(2pin)の電圧は低くなります。この電圧が4V未満ならU2の出力(3pin)は12Vになります。U2の出力はU1のリセット端子につながっているので、リセット電圧が12VならU1は動作状態になります。

周囲がが明るくなってCdSの抵抗値が小さくなると、U2のトリガ入力(2pin)の電圧が大きくなります。この電圧が8V以上になるとU2の出力(3pin)は0Vになるので、U1はリセット(停止)状態になります。

U2の状態が変わるトリガ入力電圧に4V〜8Vのヒステリシスがあるので、トリガ入力電圧に多少のノイズが乗っていてもU1が動作状態とリセット状態を繰り返すことはなくなります。ただし、この回路を追加すると、明るさセンサの動作点が変わるので感度を再調整する必要があります。

mametetsu511(2019/04/06 Sat 12:46) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^5: センサーライトの回路について

何度も申し訳ありません。
今、元々の基本回路を読み返してみたら、負荷ドライブはリレーを使っていることを再確認しました。
よくよく考えてみれば、リレーを使えば、消灯した時には一旦回路が開くので、今の症状は解消するのではないかと、考えられますが、どうでしょうか?

mametetsu511(2019/04/06 Sat 12:34) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^4: センサーライトの回路について

ありがとうございます。
CDSの件、ありがとうございます。でもあまり気にならないので、部品の追加の考えはありません。折角説明していただいたのに申し訳ありません。でも勉強になります。
2SC1815の件
はい、そうです。C2もそうです。
前回、制作した時に同じ現象が起こり、実験の末こうなりました。うまく作動します。
ただ、C2の容量が微妙で、少ないと点滅変わらず、多いと点灯しなかったと記憶しております。
でも今回の回路では、トランジスタは使っていないので、どこに入れていいのかさっぱり分かりません。

山崎砂羽(2019/04/04 Thu 20:37) [ 編集 ] [ 返信 ]

リアルラブドールは男性に幸福をもたらすことができます

JPG 900x550 335.2kb

あなたはラブドールがあなたのために働くかどうかについてのいくつかの情報を得ていますか?高級ラブドールは彼らが見返りに受け取る喜びのために非常に多くの人々によって利用されている。それに関して、性人形は次第に複雑で楽しいタイプの自己喜びを提供します。本物の大人リアルドール所有者ではなく、そのような話を立証する報告や研究がまったくないことを理由として、不思議なことに非日常的で神経症的であるという不思議を不当に保証するいくつかの説明があります。

https://www.roridoll.com

セックス人形は、遊ぶために使用している男性と別の10代の若者にとって現実的な喜びをもたらします。あなたが彼女の外観や機能と共に遊びに来るとき、誰も質問をすることはありません、そしてそれは毎回あなたのすべての性的欲求を満たすことを保証します。この大人ラブドールは、男性が髪型、ネイルカラーなどをもっと変えることができるようにします。このタイプの人形を使うことによって、男性は久しぶりに心配する必要はありません、彼らはいつも彼女と一緒に時間を過ごすために開いた足と腕であなたを歓迎します。何の質問もせずに毎回奉仕することは確実であり、それは完全な喜びを提供することを保証します。

https://www.roridoll.com/mature-girl-sex-doll.html

この業界はウェブ上でも顧客向けファサードでもサイズと程度が急速に拡大していますが、あなたが所有したい人形があなたの生活様式に適していると言って外れるチャンスはありません。言われるべき真実は、会うために開いているほとんどの個人は自分自身と彼らの生活に別々に非常に満足していることが観察されています。

人形の開発は、その動機と同じように彼らの費用を向けることができるので、最も極端に重要な要素の1つです。期待は、イノベーションがいったん彼らが異なる人々から定義されないところまで進歩すると、不名誉は完全に消えるかもしれないということです。これらの童顔リアルドールの装飾品はオナニーの目的で本質的に利用されています。ただし、それらはユーザーにいくつかの異なる利点を与えることができます。おそらく最も広く認識されている利点は、性的システムの強化です。

https://www.roridoll.com/cute-girl-sex-doll.html

これらの事はあなたが楽しいと信じられないほどのクライマックスを持つことができるという目標で、より根拠のある刺激を考慮に入れるディルドを伴います。多くの人が女性のためのセックスラブドールを大胆な共犯者によるラブメーキングセッションに融合させて、エネルギーと喜びを向上させています。あなたが人間の仲間とセックスの問題を抱えているならば、あなたの性的仲間としてファック人形を作ることによってベッドの中であなたの戦略は強化されることができます。

https://www.roridoll.com/sexy-girl-sex-doll.html

Roridoll.comは有性人形を配達するために主要な承認されたオンラインストアであり、それは完全で現実的な性的快楽を届けることを保証します。それからそれはキャッチーで素晴らしい外観でうまく設計されているので、それは過ごす時間に関して本当のガールフレンド経験をもたらして、そしてそれが非常に安全でもっと楽しんでいることを望みます。

Roridoll.comを介して配信人形のほとんどは常により楽しいと喜びを作るためのより良いシミュレーション膣を提供することですあなたはフルサイズのパートナーと本当にセクシーであることのような特別な経験を満たすことができます。性行為を持つこと。それは様々なサイズ、重さ、高さで作られているので顧客はそれのどんな悩みも満たすことなく一晩中遊んで楽しむために適切な高さと重さを確保することができます。このオンラインストアから、ユーザーは最高の価格で男性のための妊婦ラブドールを見つけることができます。

https://www.roridoll.com/pregnant-feminine-69401-doll.html

mail web

inara1(2019/03/26 Tue 08:25) [ 編集 ] [ 返信 ]

LEDの巡回点灯

JPG 1210x832 164.2kb

Yahoo知恵袋の回答の補足にここを使わせてください。

以前にも投稿していますが、LEDが1個ずつ順番に点灯する(最後のLEDが点灯したらまた最初に戻る)回路です。電源投入後は@のLEDから点灯します。

電源電圧は4V〜15Vです。添付回路は巡回LED数が12個の例ですが、配線を1箇所変えるだけで最大18個まで増やせます(4017を増やせば19個以上も可能)。

4017はCMOSのICなので、4017にLEDを直結したときのLED電流は4mAくらいが上限ですが、高輝度のLED
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02024/
を使えば、まぶしいくらいの明るさになります。

LEDの明るさを決める電流制限抵抗は1個だけですが、これはある瞬間にはLEDは1個しか光らないからです。

可変抵抗で巡回速度を調整できます(3秒に1個進む〜1秒に130個進む)。

TC4017BP(10進カウンタ) https://www.marutsu.co.jp/pc/i/35914/
TC4584BP(シュミットトリガインバータ) https://www.marutsu.co.jp/pc/i/18969/
1N4148(小信号用ダイオード) https://www.marutsu.co.jp/pc/i/13304/

inara1(2019/03/26 Tue 08:36) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: LEDの巡回点灯

PNG 680x378 37.4kb

上の回路でのLED電流は4mAくらいが上限ですが、LED電流をさらに大きくしたい場合は添付画像のようなトランジスタアレイを追加すればいいです。

元の回路では@〜KにLEDを直結していましたが、この回路はその間にトランジスタアレイを挟んでいます。トランジスタアレイを入れるとLED電源を別電源にすることができますが、同一電源で良ければ、元の回路の電源と共通にすればいいです。

TD62083APG https://www.marutsu.co.jp/pc/i/14374882/

viseurfr(2019/03/19 Tue 19:01) [ 編集 ] [ 返信 ]

1001-2000 Lumens Lampes Torches

https://www.viseurfr.com/1001-2000-lumens-lampes-torches.html - A travers notre comparatif des meilleures lampes torches 1001-2000 lumens, tactiques puissantes, vous découvrirez les meilleurs modèles de lampes pour une utilisation tactique que soit soit pour la police, gendarmerie, l’armée ou une utilisation en tant que particulier pour de la randonnée, du survivalisme, trekking etc… した

mail web

  1. 前8件
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. ...
  10. 19
  11. (1-8/150)
  12. 次8件