秋月ファンクラブ掲示板

  1. 単相 Inverter の仕組み、その他(11)
  2. 電子負荷の製作記事(5)
  3. オンディレイ回路(5)
  4. プレゼン電卓3(18)
  5. ラブドールはうつ病を治療するために使用することができます(0)
  6. パルスカウント式加算器(26)
  7. ラブドールはあなたの気持ちを補うことができます(0)
  8. セックスラブドール(0)

chy_farm(2019/05/02 Thu 22:48) [ 編集 ] [ 返信 ]

単相 Inverter の仕組み、その他

GIF 384x337 20.9kb

なるべく簡単なところからはじめたいので、単相インバータについて書籍
https://www.amazon.co.jp/%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%97%E3%81%8F%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E5%8D%98%E7%9B%B8%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%81%AE%E8%A3%BD%E4%BD%9C%E3%81%A8%E5%AE%9F%E9%A8%93-%E9%88%B4%E6%9C%A8-%E7%BE%8E%E6%9C%97%E5%BF%97/dp/4501109106#reader_4501109106
を購入して学んでいます。

この中に図のようなサイン波と、三角波とを比較してロジックで出力するところがあります。

このサイン波と、三角波とを比較するところが、本当にそうなのかを実際にサイン波と、三角波とを拡大して描いて、目で追って比較したいのです。

なにか適当な描画ソフトと、方法があればご教示お願します。
手元のWindows-7にScilab-6.0.1がインストールしてあります。
それから、LTspice XVIIもインストールしてあります。
これらは使えるでしょうか?

chy_farm(2019/05/03 Fri 09:52) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: 単相 Inverter の仕組み、その他

> なにか適当な描画ソフトと、方法があればご教示お願します。

エクセルで何とか表示できそうです。

chy_farm(2019/05/03 Fri 11:49) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^2: 単相 Inverter の仕組み、その他

GIF 1000x1175 53.1kb

こんな感じになりました。

inara1(2019/05/03 Fri 16:01) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^3: 単相 Inverter の仕組み、その他

JPG 720x832 171.2kb

LTspiceで同じことをすると添付画像のようになります。

実在のコンパレータICを使わずに、ビヘイビア電圧源(デバイスリストにある名前はbv)を使ってコンパレータと同じ動作となるように、IF文で記述しています。

PWM変調された信号(out1)をローパスフィルタに入力して高周波成分を抑制すると元の波形が復元できます(振幅は大きくなっている)。

LTspiceの回路図ファイルの中身はテキスト形式で書かれているので、以下の内容を適当なテキスト編集ソフト(NotePadやWordPadなど)に張り付けて、ファイル名.ascという名前(拡張子をascとする)で保存すると、そのままLTspiceで読み込めます。

Version 4
SHEET 1 1672 680
WIRE -528 -320 -528 -368
WIRE -528 -192 -528 -240
WIRE -320 -192 -320 -240
WIRE -208 -192 -320 -192
WIRE -80 -192 -128 -192
WIRE 32 -192 -80 -192
WIRE -80 -160 -80 -192
WIRE -80 -64 -80 -96
WIRE -528 -32 -528 -80
WIRE -320 -32 -320 -192
WIRE -528 96 -528 48
WIRE -320 96 -320 48
FLAG -528 -192 0
FLAG -528 -368 tri
FLAG -528 96 0
FLAG -528 -80 sin
FLAG -320 -240 out1
FLAG -320 96 0
FLAG -80 -64 0
FLAG 32 -192 out2
SYMBOL voltage -528 -336 R0
WINDOW 0 52 52 Left 2
WINDOW 3 -1114 54 Left 2
WINDOW 123 0 0 Left 2
WINDOW 39 0 0 Left 2
SYMATTR InstName V1
SYMATTR Value PULSE({-A_tri} {A_tri} 0 {1/2/f_tri} {1/2/f_tri} 0 {1/f_tri})
SYMBOL voltage -528 -48 R0
WINDOW 0 52 52 Left 2
WINDOW 3 -519 44 Left 2
WINDOW 123 0 0 Left 2
WINDOW 39 0 0 Left 2
SYMATTR InstName V2
SYMATTR Value SINE(0 {A_sin} {f_sin} 0)
SYMBOL bv -320 -48 R0
WINDOW 0 58 38 Left 2
WINDOW 3 54 99 Left 2
SYMATTR InstName B1
SYMATTR Value V=IF(V(tri)-V(sin)+0.5, {out_L}, {out_H})
SYMBOL res -112 -208 R90
WINDOW 0 0 56 VBottom 2
WINDOW 3 32 56 VTop 2
SYMATTR InstName R1
SYMATTR Value 100k
SYMBOL cap -96 -160 R0
WINDOW 0 44 10 Left 2
WINDOW 3 44 56 Left 2
SYMATTR InstName C1
SYMATTR Value 0.01uF
TEXT -1256 -712 Left 2 !.param f_tri=1.6kHz A_tri=1V
TEXT -1256 -464 Left 2 !.tran {2/f_sin}
TEXT -1256 -648 Left 2 !.param f_sin=100Hz A_sin=0.8V
TEXT -1256 -584 Left 2 !.param out_L=-10V out_H=10V
TEXT -1256 -520 Left 2 !.ic V(out2)={(out_L+out_H)/2}

chy_farm(2019/05/03 Fri 23:27) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^4: 単相 Inverter の仕組み、その他

inara1さん、こんばんは。
いつもありがとうございます。

inara1さんがアップしてくれた波形画像の一番下の「のこぎり山」の波形についてお願します。

私がエクセルで作った波形
http://mpga.jp/akizuki-fan/data/img/4821.gif
のうち、一番下の信号は、Hブリッジに印加するときは、その極性が反転してマイナス側なので、その上の波形と合わせると、原理として振幅が調整されて、結果として電力が調整できる、というのが理解できます。

でも、この「のこぎり山」の波形についてが、まだ良く理解できません。
この「のこぎり山」の波形のギザギザはどこからそういう風になるのですか?

inara1(2019/05/04 Sat 08:41) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^5: 単相 Inverter の仕組み、その他

一番下の2つの信号は、ここのYahoo知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13202137063
の回答にある回路で作れます。オペアンプU2とU3の出力波形がその波形になります。U4の出力(out)は、その2つの波形を差を取ったものです。

> この「のこぎり山」の波形のギザギザはどこからそういう風になるのですか?
どういう意味でしょうか。LTspiceで三角波をどうやって作るかということですか。

chy_farm(2019/05/04 Sat 09:45) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^6: 単相 Inverter の仕組み、その他

inara1さん、おはようございます。

>> この「のこぎり山」の波形のギザギザはどこからそういう風になるのですか?
> どういう意味でしょうか。LTspiceで三角波をどうやって作るかということですか。

↑私が理解できているところは、
「正電圧と、負電圧の側に交互に一定の振幅のパルスが出ていて、それらパルスはパルス幅が違う。
このパルス幅を調節することで、電力の調整が可能」
というところです。

ですが、この「のこぎり山」の波形のギザギザでもって、どうして電力の調整が出来るのか、と言うところまで理解がいっていません。

お手数おかけします。

chy_farm(2019/05/10 Fri 15:57) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^7: 単相 Inverter の仕組み、その他

inara1さん、お世話になります。

>V=IF(V(tri)-V(sin)+0.5, {out_L}, {out_H})

↑inara1さんが記述してくれたこちらのコマンドで、「+0.5」は何を意味するのですか?コンパレータのThreshold電圧のことですか?

inara1(2019/05/11 Sat 09:53) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^8: 単相 Inverter の仕組み、その他

JPG 1040x720 181.9kb

LTspiceで使えるIF関数のthresholdは0.5なので、thresholdを0にするために0.5を足しています。

LTspiceに最初からあるロジック素子(ANDやOR)の論理レベルは、デフォルトでは0Vと1Vなので、0.5Vをthresholdにしているのだと思います。

LTspiceで使える関数は、メニューのHelpか、ファンクションキーのF1を押して出てくるウィンドウの検索タブの空欄にbv(ビヘイビア電圧源)を入れて検索すると、B.Arbitrary・・・が出てくるので、それをWクリックすると出てきます。

chy_farm(2019/05/12 Sun 22:47) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^9: 単相 Inverter の仕組み、その他

inara1さん、こんばんは。

LTspiceのご教示、ありがとうございます。

出て来ました。
どのコマンドも調べて学ばないと理解できません。
1つずつ試してみてます。

先日お伺いしたノコギリ波のことは、いろいろ調べてみましたが、まだ理解出来てません。
ひとまず置いておき、先にIGBTの方を学ぶことにしました。

ロジックを使って、デッドタイム挿入回路とか、アーム間短絡防止回路とかを学ぶ部分で、inara1さんに教えて頂いていたことが思い出されて理解が楽に出来ています。

chy_farm(2019/06/17 Mon 13:32) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^10: 単相 Inverter の仕組み、その他

JPG 1920x1056 258.0kb

inara1さん、お世話になります。

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-09805/
秋月にあるIGBTのこれを使いたいのでご教示お願します。

添付に取説から引用図を挙げました。
ゲート・エミッタ間電圧の最大値が±25Vになっています。
グラフで見ると、8Vから定格の80Aに達してます。

ということは、ゲート・エミッタ間電圧は8V以上であれば働く、という理解で良いでしょうか?

Gateをコントロールするのは、フォトカプラのTLP250Hと、メイン電源からフローティングさせているDC15V電源にさせようとしています。
ですからGateが15Vで働いてくれたら良いです。

別のサイトを読んだら、
https://www.powerelectronics.com/discrete-power-semis/igbts-frequently-asked-questions-faqs

「最低でも14V,できれば15V必要だ」と↓書いてありました。
· IGBTs typically have a higher gate-emitter threshold voltage compared to a MOSFET. Also, at elevated temperatures, a higher gate-emitter voltage is required to ensure the device remains in saturation at a given collector current. For both of these reasons, the IGBT’s applied VGE (gate-emitter voltage) should be at least 14 V (preferably 15 V). In case of similarly rated MOSFETs, an applied VGS of 10 V (gate-source voltage) is generally sufficient to ensure saturation across temperature and current.

chy_farm(2019/06/18 Tue 11:34) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^11: 単相 Inverter の仕組み、その他

JPG 1000x1254 204.7kb

inara1さん、お世話になります。

調べていたら、ルネサスからIGBTのアプリケーションノートが出ていて、こんなのが掲載されていました。

numa(2019/06/09 Sun 17:48) [ 編集 ] [ 返信 ]

電子負荷の製作記事

初めての投稿です。
以前、この掲示板で電子負荷の製作記事があったかと思います。
負荷FETの温度を測定して、温度範囲を設定できて冷却ファンを制御
する機能があったと思うのですが・・・
ブックマークしておいたのですが、記事が参照できなくなってしまいました。
過去ログ等も見てみたのですが、見つけることができなく・・・

回路の一部はメモしているのですが、全体回路と製作記事を是非参考にさせていただきたいと思っています。記事がどこにあるのかご存じのかたがいらっしゃらないでしょうか。
お手数おかけしますが、ご教示ください。

inara1(2019/06/14 Fri 06:42) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: 電子負荷の製作記事

JPG 1008x1344 293.1kb

その記事は持つかりませんね。

PCに保存してある写真と回路図と配線図を添付します。

まずは実物写真から。基板はユニバーサル基板
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00517/
1枚だけです。

ヒートシンク(ファンで冷却)は2SK2232の放熱用です。

inara1(2019/06/14 Fri 06:44) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^2: 電子負荷の製作記事

JPG 2835x1134 500.7kb

回路図です。

部品は全て秋月電商
http://akizukidenshi.com/catalog/
で揃います。

inara1(2019/06/14 Fri 06:45) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^3: 電子負荷の製作記事

JPG 1134x1512 481.5kb

配線図です。

numa(2019/06/16 Sun 13:10) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^4: 電子負荷の製作記事

返信ありがとうございます。これです。これです。
もしかして、投稿者ご本人ですか?お手数おかけしました。

電子負荷は「暇とその気があったら作るリスト」には入れてあったのですが
必要にせまられて作ってみようかと思ったしだいです。
しかし私の場合、実用性と作る楽しみは3:7ぐらいなので、これから楽しみながら
設計したいと思います。
この回路も参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

inara1(2019/06/17 Mon 11:32) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^5: 電子負荷の製作記事

>もしかして、投稿者ご本人ですか?
本人です。

実物写真
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=4844.jpg
の前面パネルの左上隅にinara1と書いてあります。

daruma(2019/06/07 Fri 17:36) [ 編集 ] [ 返信 ]

オンディレイ回路

JPG 1052x1355 596.7kb

『プレゼン電卓3』スレで書いている電源投入時まれにエラーが出る件で、的外れの悪あがきかもしれませんが、通電直後に問題があるのであれば少し後から起動すればと、表示部回路の電源を遅れてONすることを考えました。

なにはともあれ、inara1さんが『教えてgoo』2009年の質問で答えられている回路
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/5039164.html
を作ってみました。遅延時間を調整できるようR3は500kΩVRにしました。

単体で、LEDを取り付けオンディレイ動作は確認できたのですが、出力側の波形を見ると、通電していないときとON後遅れ時間の間、このような波形が見られます。
プローブを繋いだ時点でLレベルのリップルが見られ、通電し[TEST]スイッチOFFの状態ではHレベルまでの振れ幅が続きます。

プローブは出力の+5V/0Vに繋いでいます。ここに抵抗とLEDを取り付けると遅延時間経過後フワッと点灯します。

なにか異常が起きているのでしょうか。充放電で動作しているのでこういうものなのでしょうか。電源はいつもの安定化電源を使っています。安定化電源がOFFでも繋がっているとこの波形で、入力ピンを外すとフラットになります。
アースの問題でしょうか。遅延出力は5Vと2SD2012コレクタとの間で取るんですよね。

inara1(2019/06/08 Sat 09:40) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: オンディレイ回路

JPG 720x605 94.0kb

プローブのGNDリードをつなぐ場所が不適切です。GNDリードは必ず回路GNDに接続してください。プローブ先端は出力の「0V」につないでください。

そのように接続すると、2SD2012のコレクタ−回路GND間の電圧を観測することになりますが、負荷電圧は「5V−コレクタ電圧」なのでコレクタ電圧が0Vになれば負荷に5Vかかっていることになります。

2SD2012がOFFのとき、D2にもLEDにも電流が流れない状態なので、2SD2012のコレクタは開放状態になります。そのような場所の電圧を測定すると外来ノイズが乗りやすいので、添付図のようにR4(10kΩ〜100kΩ)を入れて、コレクタが開放にならないようにしてください。

この回路のR3の部分を500kΩの可変抵抗に変更すると、2SD2012が完全にONにならない可能性があります。遅延時間を延ばすのであれば、R3は100kΩの可変抵抗にして、4.7μFの容量を22μFなどにしてください。

daruma(2019/06/08 Sat 09:53) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^2: オンディレイ回路

inara1さん、お久しぶりです。ありがとうございます。

> プローブのGNDリードをつなぐ場所が不適切です。GNDリードは必ず回路GNDに接続してください。プローブ先端は出力の「0V」につないでください。

プローブGNDを回路GNDに繋ぐのはしてみたのですが、プローブ先端は5Vではなく0Vに繋ぐんですね。

> そのように接続すると、2SD2012のコレクタ−回路GND間の電圧を観測することになりますが、負荷電圧は「5V−コレクタ電圧」なのでコレクタ電圧が0Vになれば負荷に5Vかかっていることになります。

ああ、なるほど。そういうことなんですね。

> 添付図のようにR4(10kΩ〜100kΩ)を入れて、コレクタが開放にならないようにしてください。

それはこの測定をするときだけでなく回路に追加しておくということですか?

> この回路のR3の部分を500kΩの可変抵抗に変更すると、2SD2012が完全にONにならない可能性があります。遅延時間を延ばすのであれば、R3は100kΩの可変抵抗にして、4.7μFの容量を22μFなどにしてください。

そうします。22μFは積層セラコンでなくてもいいですか。両極性の電解コンならあります。

inara1(2019/06/08 Sat 12:04) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^3: オンディレイ回路

> プローブGNDを回路GNDに繋ぐのはしてみたのですが、プローブ先端は5Vではなく0Vに繋ぐんですね。
プローブ先端を5Vについないでもオシロには5Vの波形(一本線)しか出てきません。

> それはこの測定をするときだけでなく回路に追加しておくということですか?
その抵抗の消費電力はたいしたことないので、付けたままでもいいです。取ってもいいですが。

> 22μFは積層セラコンでなくてもいいですか。両極性の電解コンならあります。
そのコンデンサには直流電圧しかかからないので、有極性の電解コンデンサでも大丈夫です。

daruma(2019/06/08 Sat 19:48) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^4: オンディレイ回路

JPG 1004x709 364.5kb

少年少女発明クラブで出かけたので、梅澤無線に行ってみました。積セラ22μFは有りませんでした。一昨日は4.7μFを買ったのですが、2個入り216円、実に秋月の10倍でした。秋月が安いんですね。

先ほど帰宅しました。
積セラ22μFが無かったので普通の電解コンを付けました。出力に10kΩを付けVRは100kΩにしました。

0V_GND間の波形です。きれいな波形が観察できました。OFF時がHでON時がLですね。立ち下がりのの角が丸く、遅延時間を大きく取るとこれが一層なだらかになります。これはそういうものですか。

実使用時はTESTスイッチは常にONで供給電源のON/OFFを受けて動作するので、その実験をしてみましたらパルス一発で終わるので一瞬あわてましたが、そりゃそうですよね。回路電源が断たれるのだから。
LEDで確かめましたら、所期の動作をしています。

さて、これを『プレゼン電卓』に付けてみるのは明後日になります。はたしてどうなるか。「効果無いと思うよー」ってinara1さんの声が聞こえる気がしますが。

daruma(2019/06/11 Tue 16:11) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^5: オンディレイ回路

やってみました。
結果オーライです。

遅延回路をどこに入れるか、
1.三端子レギュレータの入り口 回路全体の電源
2.電卓を除きマイコン部以降の電源
3.表示部電源
と考え、まずは手っ取り早いところで1.を試したところあっさりエラーが出なくなりました。
全回路が遅延しているのだから遅延していないことと同じです。思うに、遅延回路を通ることでON時の波形が整形されたからではないでしょうか。
ON直後の立ち上がり部が悪いのなら先っちょを切って捨てればと遅延を考えたのですが、部分的にずらすことをしなくてもきれいになってから供給したのがよかったのですね。

と考えますが、いかがでしょう。結果オーライの解決ですが。

daruma(2019/02/16 Sat 18:44) [ 編集 ] [ 返信 ]

プレゼン電卓3

JPG 960x720 137.4kb

このスレッドは『プレゼン電卓2』の続きです。
inara1さん、なんじゃらほいさん、よろしくお願いいたします。

操作部基板にPIC16F87を置いてみました。クロック生成スイッチの部分はまだはっきりしないので記載していません。

16F87を表示部筐体のほうに置くことにすれば、この基板は電源と信号線プルアップ/プルダウンの役目で左半分の小サイズ基板にします。

前スレ最後の方に書きましたが、LED電源は2SJ334で電圧調整したものを供給するようになっているので、三端子レギュレータを各表示部に置くのではなく当初計画の一括でと思います。

低損失で1.5A出せる
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-09262/
にして6V 2.8AのACアダプター入力でどうでしょう。
この三端子レギュレータは4本足ですが、4番のピンはオープンにしておけば出力ONというスイッチなんですね。
三端子レギュレータの商品カテゴリに有りますが、「シリーズレギュレータ」とも書いてありました。

※あ、ピンアサイン違いますね。これから直して差し替えます。
NJM2396F05は一般的な三端子レギュレータとピンアサインが違うので描き変えました。小手先直しでカッコ悪いですが。図は差し替え済みです。

daruma(2019/02/17 Sun 15:40) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: プレゼン電卓3

JPG 1809x2079 1381.0kb

先日の成功報告は初代のスイッチが一つになっている回路でのことしたが、

> 仕様はラッチと表示が別になった以下の回路図に基づくものです。
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=4653.jpg

とのことですので、スイッチを二つに分けた回路に取り替えました。

なんじゃらほいさんリンクの図は、配線図の変更箇所を点線で記したのが読み取っていただけなかった際のものですので、あらためてここに貼ります。これですよね。

で、この基板は中点OFFトグルスイッチ版へ変更を加えてあったので、元に戻してから実験をと作業したら配線不良が出て、とんだ時間がかかりました。情けない。

さて、

> NC側につながるのは表示板側のラッチ・解放の配線、NO側につながるのはクロック生成用の配線

とのことですので、そのようにしました。(先日の実験は、16pinとGNDの間にタクトスイッチを入れていました。)
NC/NOのあるモーメンタリということで、マイクロスイッチがあったのでそれを使っています。COM接点がGND、NO接点が16pin、NC接点は表示回路の74HC573のipin(OE)に付けていたスィッチとおきかえればいいのでしょうか。そう解釈して1pinに繋ぎました。

この状態で電源ON(電卓は通電するが起動していずVer.表示の状態)すると、"888888"表示になります。次いで電卓の{ON/C]ボタンを押して電卓が"0"になると、"000000"表示になります。マイクロスイッチを押すと、"000000"表示が消え離すと"000000"が表示されます
電卓がオートオフで切れると、無表示になります。

ここで表示基板の74HC573の1ipin(LE)側にトグルスイッチをとりつけOFF(オープン)状態で再起動しました。
"888888"から電卓{ON/C}で"000000"表示になり、数値をいれるとそれが全桁に並びます。例えば"1"を入れると"111111"です。トグルスイッチをON(GND)すると無表示になります。

という動作状況です。

マイクロスイッチのC接点とトグルスイッチとを入れ替えてみても、若干振る舞いは違いますが似たようなぞろ目表示が現れます。

プログラムは「重要な更新(押しボタンスイッチ用)」を使っています。

なんか私ピント外れなことをやっていますか。

daruma(2019/02/17 Sun 17:45) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^2: プレゼン電卓3

JPG 960x720 93.4kb

NC/NOモーメンタリを付けるのはこっちなんですね。
これ一発で転送される仕様ですか。それとも、トグルスイッチも付けるのでしょうか。

OEの側トグルスイッチをONのままにしておいて、ボタンのワンアクションで転送更新されますが、実際の数字列のどれかがぞろ目で表示されます。例えば、電卓で"123123"→"111111"や"222222"、2と3の重なったような表示、など。

inara1(2019/02/19 Tue 09:27) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^3: プレゼン電卓3

中点OFF付きのスイッチを使うときの回路図はそれではありません。こっちです。
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=4663.jpg

もしかして、中点OFF付きのスイッチで動作確認していないのでしょうか。この方式なら、途中でOFF状態が入るので、同時ONの問題が起こらないと思ってましたが。

darumaさんの報告は結果だけで、何をやってそうなったのかさっぱり分かりません。

daruma(2019/02/19 Tue 10:41) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^4: プレゼン電卓3

JPG 960x720 48.7kb

なんじゃらほいさんは
> 仕様はラッチと表示が別になった以下の回路図に基づくものです。
とのことで、「中点OFF付きのスイッチを使う」バージョンではないと思います。

> もしかして、中点OFF付きのスイッチで動作確認していないのでしょうか。この方式なら、途中でOFF状態が入るので、同時ONの問題が起こらないと思ってましたが。

いえいえとんでもない。やってみましたよ。既報のとおり思わしい結果にはなりませんでした。やってないのにやりましたなんて書くことはしません。100kΩの位置が変わったので2スイッチ版に変更を加えて行いました。
今回のなんじゃらほいさん仕様の実験は当初私の方では原形の1スイッチ版で行ったのですが、その後2スイッチ版に基づいているとのことでしたので、中点OFF版を元の2スイッチ版に戻して再実験しました。その際空中配線の一部が不良になって時間がかかった顛末は上に書いたとおりです。どうも空中配線はこういうことに陥りがちで私は苦手です。

> darumaさんの報告は結果だけで、何をやってそうなったのかさっぱり分かりません。

すみません。結果を添えて報告をと思うものですから。
「こうやったらこうなった」と書いているつもりですが。

inara1(2019/02/19 Tue 11:02) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^5: プレゼン電卓3

この画像
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=4675.jpg
は、なんじゃらほいさんに向けた質問でしたか。失礼しました。急に古い回路図が出てきたので、こちらに対する質問かと誤解しました。なんじゃらほいさんの返答待ちですね。

こちらでは、なんじゃらほいさんが何をやろうとしているかフォローしていないので、マイクロスイッチ云々の話は分かりません。

質問をするときは、今後名前を入れてください。こういう誤解もあるので。

daruma(2019/02/19 Tue 11:07) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^6: プレゼン電卓3

ご心配ありがとうございます。

なんじゃらほいさんからはdaruma工房宛メールでプログラムの新バージョンやそれに伴うアドバイスをいただきました。
それにそって少しずつ進んではいるのですが、こちらでのやりとりになかなかならなくて申し訳ありません。
↑の質問はなんじゃらほいさんからのメールに対してのものだったのですが、誤解を生んでしまって申し訳ありません。

新展開があったので、今晩でも投稿しようと思っていたところです。
ノーマリクローズ付きの押しボタンスイッチを使ってトグルスイッチは使わない方向で形になりつつあります。

inara1(2019/02/19 Tue 13:54) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^7: プレゼン電卓3

話の展開が全く理解できなかったのはメールでやりとりしていたためですか。分かりました。

daruma(2019/02/19 Tue 17:43) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^8: プレゼン電卓3

JPG 960x720 104.6kb

マイコン版をこちらで提案くださった後、なんじゃらほいさんからはdaruma工房宛メールでプログラムの新バージョンやそれに伴うアドバイスをいただきました。

inara1さんの「OEとLEのスイッチを別にしたバージョンの表示部」で、OEの側はGNDに落として、LEの側とマイコンの出力ポートをノーマルオープン/ノーマルクローズの押しボタンスイッチで操作することができることになりました。
動作原理について、なんじゃらほいさんからメールで解説いただいたのですが、私には理解しきれていない部分もあります。
なんじゃらほいさん、こちらで解説いただけるとありがたいのですが。

で、各表示部につけたスイッチからNO端子の線をマイコンにもってくるため、操作部には電源と信号のプルアップ/プルダウン部分を残し電源部とし、マイコンは表示部筐体におくことにしました。

電源部はいつもの小サイズ基板に収まる配線図が描けました。まだ作っていません。

daruma(2019/02/19 Tue 17:49) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^9: プレゼン電卓3

JPG 960x720 143.9kb

マイコン部は信号を各表示部基板に分配する役割も持たせてみました。こんなかっこうです。ヘッダピンが大きな面積を占め倍サイズ基板になりました。

LED電源Vdd2は2系統ともヘッダピンで運んで、表示部の側でどちらを使うか接続し分けるようにしようと思います。

こんな構想なんですが、なんじゃらほいさんいかがでしょう。
※図に一か所ミスが有って修正しました。

daruma(2019/02/20 Wed 18:55) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^10: プレゼン電卓3

JPG 1024x768 197.0kb

マイコン版では1.5秒のインターバルで転送のクロックが生成され、転送中はLEDが点灯する機能を追加いただきました。それを見て転送ボタンを離すタイミングを検証しました。

左が「点灯しているときに離す」、右が「消灯してから離す」で、それぞれ50試行の星取表です。
点灯しているときに離すと、転送が完了していない状態で中断することがあって、これが「失敗桁」です。成功率 31/50 = 62% でした。消灯してから切ると、50/50 = 100% 成功です。

このLEDは操作部筐体に有ればいいのですが、操作部と表示部は16芯+シールドの丸ケーブルをちょっと大げさですがD-Sub25ピンのコネクタで繋ぐことを考えているので、芯数がいっぱいです。二十数芯となると太いし、フラットケーブルだとパネル面に出せるコネクタが無くて収まりが悪いです。
次善の策で、表示部筐体(パネル)の裏か側面に付けようかと思っています。
inara1さん、なにかいい手はありませんか。

daruma(2019/02/28 Thu 16:20) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^11: プレゼン電卓3

JPG 1024x768 170.3kb

なんじゃらほいさん、inara1さん、ご無沙汰しました。

なんじゃらほいさんからはいくつかのバージョンとアドバイスをいただき、転送スピードがより速くなって、また失敗桁が転送完了しないうちに終了するからでなく完了後繰り返し転送に入って中断された場合に起こることが理解できました。

なんじゃらほいさんからはdaruma工房宛メールでいただいたので、こちらでは経過報告のような形になってしまいますが、ここまで来ました。

回路が固まったので、複数表示部を接続しての実験をしました。
2枚の表示部基板それぞれに付けた押しボタンを押すと、そこに転送表示されます。(電卓はダイナミック点灯のためとびとび表示に写っています。)

これから、LEDサイズの違うものを含め3枚目4枚目・・の表示部製作に入ります。

daruma(2019/05/20 Mon 16:09) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^12: プレゼン電卓3

JPG 768x1024 172.7kb

たいへん永らくご無沙汰しました。

混迷していたわけではないのですが、表示回路基板の量産、ケース加工、ケーブル(というよりワイヤーハーネス)作りと道のりが長くて、それを思うと歩みがすっかりスローダウンしてしまいました。

ようやく全貌があらわれました。表示部の大きさはA3よりひとまわり大きい340mm×465mm、やや傾斜をつけて立つように背面下にアルミケースを付けてL字形とし、そこに主回路とケーブル分岐の基板が入っています。操作部は天面が傾斜したアルミケースに電卓と電源・操作部基板、スイッチ類が入っています。操作部-表示部間のケーブルを減らそうと当初は転送ボタンを表示部筐体に付けるつもりだったのですが、それではやはり操作性がよくないので、D-SUB37ピンのコネクタ(D-SUBは25ピンまでと思っていました)とフラットケーブルを使ってボタンも操作部に持ってきました。

ひとつ問題があります。電源投入時にまれにエラー(点かないはずのセグメントが1〜数個点灯)が出ることがあるのです。

オールクリア用に電源スイッチと直列にNormalyCloseの押しボタンを付けリセットスイッチとしているのですが、それのチョイ押しで電源再投入(最悪2回)すると解消されます。電源入れ直しで解消するなら投入時も正常でよさそうなものですが、シーソースイッチのチャタリングでしょうか。スイッチにコンデンサを抱かせればよいでしょうか。回路中にパワーオンリセットを設けるべきでしょうか。
なにか解決方法を示唆いただければありがたいです。

このあとは、表示部パネルと操作部ケースの文字入れにかかります。

daruma(2019/06/03 Mon 16:16) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^13: プレゼン電卓3

JPG 960x720 88.1kb

電源ON/OFFの波形を見てみました。
Ch1(赤)が安定化電源からの入力、Ch2(黄)が三端子レギュレータからの出力です。
ON→チョイOFFリセット→チョイOFFリセット→OFFです。
いったん通電するとOFFしても0Vにならず0.7Vほど残ります。OFFしておいて+側をGNDに接触させると0Vになります。これは電解コンデンサに貯まっているのですね。

横軸400mSで見ているからでしょうか、チャタリングは見えません。

daruma(2019/06/03 Mon 16:28) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^14: プレゼン電卓3

JPG 1004x709 378.0kb

横軸を4mSにして観察しました。
立ち上がりが少し乱れています。このときエラー点灯は起きていませんが、エラーが出る場合も見る限り同様な程度の乱れです。
エラーを待っているとさっぱりエラーが出てくれません。直ったのかなと思ったところへ出ました。

電源チャタリングのせいではないと考えられるでしょうか。
次は、信号入力を調べようと思います。

daruma(2019/06/04 Tue 11:57) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^15: プレゼン電卓3

JPG 960x720 80.6kb

これかなあと思われる状況をとらえることができました。

Ch1(赤)は最下桁74HC573のLE(11pin)、Ch2(黄)はSegAを見ています。
電源が入っていないとき、Ch1(赤)はLレベル、Ch2(黄)はLレベルながらリップルがあります。
電源ONすると、Ch1(赤)は0.4V程度に上がりCh2(黄)はHレベルになります。これが平常時です。

エラー点灯したときが右半分です。Ch2(黄)はいったん0.5V程度に上がった後Lレベルになりリップル無くそれを維持しています。

他の桁・セグメントも見てみましたが、同様です。

なにが起こっているのでしょう。

daruma(2019/06/04 Tue 12:22) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^16: プレゼン電卓3

JPG 1004x709 398.1kb

ちなみに、全桁に"8"を置いて転送ボタンを押したときのようすがこれです。

daruma(2019/06/04 Tue 17:47) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^17: プレゼン電卓3

9枚の表示部基板は桁信号・セグメント信号・電源それぞれが9枚並列になっています。その中で一部にだけエラー点灯が起きるということは、各表示基板の個体差によるものかと思われます。9枚中比較的エラーの出やすい表示基板はあるようですが、特定の基板だけに起きるというわけでもありません。

なんじゃらほいさん、

プログラムでこれを回避することはできないでしょうか。初期化時にパワーオンリセットが確実になされるといいのでしょうか。(素人考えですみません)

inara1さん、

回路上で解決する手立てはないでしょうか。例えば、電源投入直後にのみ起きるのだから三端子レギュレータ出力から回路へいく電源に遅延回路を加えるというのはどうでしょう。
『教えてgoo』2009年の質問でinara1さんが答えられている回路
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/5039164.html
のようなものを追加することはいかがでしょう。安定してから供給されるのではなく単に不安定要素が遅延するだけでしょうか。

お助けいただけるとありがたいです。

daruma(2019/06/05 Wed 10:02) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^18: プレゼン電卓3

JPG 1004x709 389.6kb

前掲「これかなあと思われる状況」のCh2(黄)SegAは74HC573の出力を見ていましたが、今度は入力側つまりマイコン出力が74HC573の入力ピンに入るところを調べてみました。

立ち上がり直後のパルスが長いのは正常/エラーにかかわらずいつもです。
立ち上がり角が虫歯のようにかけていますが、ここがきれいにきっぱりになる場合もあります。試行回数が足りないかも知れませんが、虫歯の場合エラー、きっぱりきれいな場合成功の傾向があります。必ずそうとは限らないようですが、二三十回中数回出たエラーの「ほとんど」でそうでした。

山崎砂羽(2019/05/14 Tue 22:22) [ 編集 ] [ 返信 ]

ラブドールはうつ病を治療するために使用することができます

JPG 700x400 39.4kb

うつ病は精神病であり、治療が非常に難しいことはよく知られています。意気消沈した患者を理解することで、人々は意気消沈した人々が自分たちの考えについていかに理解し始めたか。今日、私たちがうつ病について話したい人は、うつ病との闘い専用のラブドールを買いました。

https://www.roridoll.com

私たちは皆、意気消沈した患者にはより多くのケアと友情が必要であることを知っています。しかし、それが本当にできる人にとっては難しいことです。この男はまた同行したいと考えており、そのようなリアルドールの購入に2000ユーロ以上を費やしており、彼を同行する友人、妻および娘として彼女を扱います。彼はそれを持っているので、その男は本当に彼の心が大きく改善したという感覚を持っています。彼は本当に綺麗ラブドールを彼が世話をしなければならない人と見なします。したがって、多くの人が買い物、食事、眠りなどの社会生活を送っています。最初は両親は自分の身分に満足せず、それから徐々に彼の決断を受け入れました。

https://www.roridoll.com/high-quality-metal-skeleton-realistic-sex-doll.html

もちろん、ラブドールは日常生活でも使うことができます。あなたは問題のある女性が良い仕事をする前にあなたが何人の予定を必要としているかを決して知りません。それだけでなく、特に女性にとって、デートの必要性は高いです。女性は今日困難で過酷です。あなたが女性とセックスをしたいだけなら、ラブドールはあなたの理想的な仲間です。

さまざまな形や大きさの人形がたくさんあります。あなたが選択したいサイズ、それはちょうどあなたの好みに依存します。私たちの人形には、楽しい性的経験を加えることができる口腔、膣および肛門の穴があります。あなたがサイズを提供するシリコンラブドールを決定するならば、大きいか小さいか、我々はあなたにそれを提供することができます。あなたが私達から買うとすぐに、私達はまた下着、タイツなどのようなセクシーなドレスを提供する。

https://www.roridoll.com/silicon-angel-sex.html

私たちの人形は、それらのポジショニングを容易にするために関節式スケルトンで構成されています。すでに述べたように、人形の選択は異なり、あなたは好きなように選ぶことができます。彼らはあなたが簡単に変更することができるさまざまな肌の色、サイズ、目の色で構成されています。彼らは高品質の素材で作られているので私たちの人形はユニークです。3穴ラブドールの皮は本物の人に似ています、それは性的欲求を楽しむことがより簡単です。セックスが大好きなら、私たちのラブドールを買いましょう。 Eメールを送ってください。喜んでお手伝いします。私たちはあなたにラブドールを短時間で送ります。

https://www.roridoll.com/high-158-165cm-sex-doll.html

これらのラブドールは、本物の女性とよく似ています。彼らは通常似たような顔をしていますが、他の柔軟性の低いリアルラブドールとは異なり、通常は通常の形状をしています。体は非常に現実的で人間と同じ特徴を持っています。私はよくこれらを持っています。あなたが本物のものが欲しいならば、彼らは間違いなくいくつかのことを考慮に入れるでしょう。

それを念頭に置いて、あなたは何をすべきかを理解し、清楚系ラブドールの経験からあなたが望むものを決めるのに時間をかけなければなりません。オプションの重量を測定して、予算を検討してください。多くの人にとって、これはしばしば大きな努力です。これは買い物客ですが、通常それだけの価値があります。多くの男性にとって、それは彼らが探しているものであり、確かに彼らを助けるための素晴らしい経験です。

https://www.roridoll.com/pure-girl-love-doll.html

mail web

inara1(2019/03/17 Sun 12:06) [ 編集 ] [ 返信 ]

パルスカウント式加算器

JPG 1134x2646 545.3kb

Yahoo知恵袋の回答の補足のためにここを使わせてください。

ゲーム機などの点数表示用の加算器の回路図です。ブレッドボードで動作確認しています。

加算用スイッチをチョイ押しすると、5と10と20と50と100という決まった数が加算されて表示されます。加算スイッチ5を押すと表示が5に、その後加算スイッチ10を押すと表示が15になります。同じスイッチをもう1度押せば、同じ数が再加算されます。点数表示は4桁の7セグメントLEDですが、スタティック表示(常時通電)なので、カウンタIC(74HC390)とデコーダIC(4511)を増やせば桁数をいくらでも増やすことができます。

回路図では加算数は固定していますが、スイッチとダイオードを追加すれば、8bit(1〜255)の任意の数の加算ができます。この回路は、設定された加算数と同じ数のパルス列を発生させて、それを10進カウンタ(74HC390)でカウントして表示させるという原理で加算を行っています。したがって、加算スイッチを押すたびに、表示が「前の表示値+加算値」に更新されます。「表示クリアスイッチ」を押すと10進カウンタがリセットされて表示が0000になります。

加算原理がパルスをカウントする方法なので、クロック信号の周波数が高いほど結果の更新(計算)が早くなります。例えば、クロック周波数が100Hzの場合、加算数を100とすると、結果が出るに1秒かかります(その間、点数表示がパラパラ変化する)。クロック周波数は可変抵抗で100Hzから10kHzまで変えられるようにしているので、瞬時に加算結果を表示する場合はクロック周波数を10kHzにすればいいです。

デコーダIC(4511)はカソードコモンLED用なので、7セグメントLEDはカソードコモンものを使います。動作確認で使った7セグメントLEDはこれ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-00885/
です。サイズの大きなもの
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-04302/
でも使えます。多桁の7セグメントLEDの中にはこれ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-03673/
のように「ダイナミック接続」と書かれたものがありますが、このタイプは各LEDが独立していないため使えません。

inara1(2019/03/17 Sun 12:31) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: パルスカウント式加算器

使用したロジックICをまとめておきます。質問者は共立電子から購入予定らしいので、そのサイトのURLを載せておきます。

TC4511(4個) http://eleshop.jp/shop/g/gT11951/
または
74HC4511(4個) http://eleshop.jp/shop/g/gT11602/
動作確認ではTC4511を使っていますが、74HC4511は電源電圧範囲が狭い(2V〜6V)だけで、機能はTC4511と同じです。

74HC574(1個) http://eleshop.jp/shop/g/gT11573/
74HC390(2個) http://eleshop.jp/shop/g/gT11562/
74HC191(2個) http://eleshop.jp/shop/g/gT11520/
74HC112(1個) http://eleshop.jp/shop/g/gT11486/
74HC14(1個) http://eleshop.jp/shop/g/gT11464/
74HC00(1個) http://eleshop.jp/shop/g/gT11450/

Yahoo!知恵袋質問者(2019/03/27 Wed 16:05) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^2: パルスカウント式加算器

お世話になっています。

なんとか基板配線図を考え終わりました。

B基板4枚になりました。

桁数は色々考え、6桁としました。

今後秋月に部品を注文予定です。

知恵袋にてお話しましたが最終的にスイッチ部を前回の障害物センサーような赤外線センサーを使用したいと考えています。
使用LEDとトランジスタは同じものを使用します。
もちろん動作確認時は今回教えて頂いた回路図と同じタクトスイッチで行います。

送料等の関係もあるため、一度で注文したいと思いますので赤外線センサー使用時の回路図も教えて頂けますか?

+100は入力一つですが、+5や+10はor回路にして2つ以上の入力にしたいと考えています。

すいませんが宜しくお願い致します。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/03/27 Wed 16:08) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^3: パルスカウント式加算器

センサーの作動方法は前回と同じく遮った時に感知となります。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/03/27 Wed 16:40) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^4: パルスカウント式加算器

マメに確認しますが、知恵袋のような書き込みがあった際の通知が無いため返信に時間が掛かる事があると思いますが了承下さい。

inara1(2019/03/28 Thu 03:22) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^5: パルスカウント式加算器

JPG 720x869 107.0kb

遮光したときカウントするには添付図のような回路にすればいいです。新規部品は使っていません。図はどちらかが遮光されると+5されるものですが、OR動作にしないときは一方の回路を取り除けばいいです。

74HC14と100kΩと10kΩと1N4148と0.1μFはよく使うので、余分に買っておいてください。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/03/28 Thu 06:44) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^6: パルスカウント式加算器

ありがとうございます。

センサー分の配線図を作り終え次第、必要部品を秋月に注文したいと思います。

前回の回路では赤外LEDの所に10uFのコンデンサが使われていましたが今回も使用した方が良いですか?

センサー数は全部で18個使用予定です。

inara1(2019/03/28 Thu 08:42) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^7: パルスカウント式加算器

>前回の回路では赤外LEDの所に10uFのコンデンサが使われていましたが今回も使用した方が良いですか?

赤外LED数が多いとき(18個の場合)は10uFのコンデンサを付けてください。電解コンデンサでも積層セラミックコンデンサでもどちらでもいいですが、電解コンデンサを使うときは極性(+−)に注意してください。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/03/28 Thu 09:35) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^8: パルスカウント式加算器

ありがとうございます。

電解の10uF(50v)は在庫があるので良かったです。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/03/29 Fri 06:24) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^9: パルスカウント式加算器

すいません、74HC4511ですが、こちらのパスコンは0.1uFで大丈夫でしょうか?
IC1個に付きパスコン1個で使用です。

inara1(2019/03/29 Fri 08:30) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^10: パルスカウント式加算器

>74HC4511ですが、こちらのパスコンは0.1uFで大丈夫でしょうか?
全てのデジタルICには、パッケージ1個につき1個のパスコン(0.1μF)を付けてください。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/03/29 Fri 14:36) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^11: パルスカウント式加算器

わかりました。ありがとうございます。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/04/09 Tue 01:57) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^12: パルスカウント式加算器

お世話になっています。
遅くなりましたが基板実装が終わり、動作確認になりました。

いくつか不具合と言うか、動作違いがありました。
加算は押しボタンで行っていますが、
+5の時→37
+10の時→42
+20の時→52
+30の時→62
+200の時→232
となってしまいます。
+50と+100の時は正確でした。

又合計が10000になるとなってすぐは問題無いのですが、暫くすると(この間スイッチは押さない)90000の表示になります。内部では10000なようで20000までいくと表示は直ります。が30000になると暫くして3が消えます。
同じ現象が50000、70000の時も同様に、90000の時は初め1と表示され、その後9に変わる状態です。100000以降も万の桁の表示は同じ挙動をします。

inara1(2019/04/09 Tue 09:43) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^13: パルスカウント式加算器

加算ボタンの件は、32のラインが常時Hレベルになっているのが原因だと思います。回路図か配線をチェックしてください。

値がおかしい数値は正常値より32大きい数字になっています。50と100のとき表示が正しいのは、
> +50の時→50=2+16+32
> +100の時→100=2+32+64
なので、32が常時Hレベルでも正常値と同じになります。

1万台の表示がおかしい件については、数値が奇数のときだけおかいしので、1万の桁の7セグメントデコーダ(4511)の入力信号(ABCD)の最下位のAの信号線の接触が悪いのかもしれません。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/04/09 Tue 14:40) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^14: パルスカウント式加算器

今見ました。ありがとうございます。
これから仕事なので、帰宅後確認してみます。

また、結果は報告させて頂きます。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/04/10 Wed 10:25) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^15: パルスカウント式加算器

入力値の32多かった件につきましては74hc191の配線ミス(2つともに16ピンと5ピンが接続されて無かった)(片側の1ピンに接続すべきところが2ピンに接続されていた)を直したところ直りました。

1万の桁の表示に関しては次に時間が取れた時に確認します。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/04/11 Thu 09:33) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^16: パルスカウント式加算器

一万の桁の表示がおかしかった件ですが、ご指摘通り接触不良でした。

これで押しボタンでの動作は完了です。
ありがとうございました。

今後センサーによる入力を行う為の回路を組み立てて行きます。

又不具合等ありましたら新たに質問させて頂きますのでよろしくお願いいたします。

inara1(2019/04/11 Thu 15:51) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^17: パルスカウント式加算器

>これで押しボタンでの動作は完了です
動きましたか。良かったです。

>今後センサーによる入力を行う為の回路を組み立てて行きます
ここまで来たら後は大丈夫でしょう。

ただし、センサー回路をつないだときは、手動スイッチを外してください。手動スイッチを付けたままにしておいて、センサーが検出していないときに手動スイッチを押すと74HC14の出力(0V)に5Vがかかってしまいます。そうなっても74HC14が壊れることはありませんが、そういう使い方は良くないです。

問題が起こるとしたら、光を遮断したときに2・3回カウントされる(2倍や3倍の点数になる)という症状だと思いますが、その場合はセンサー回路
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=4769.jpg
の0.1μFにつながっているほうの抵抗(10kΩ)を100kΩなどに変更してみてください。抵抗値が大きいほど、速く変化する信号に応答しなくなります。

その回路はピンボールの点数表示用ですか?穴にボールが入ったら点数が加算されるとか。スマートボールや野球盤では10万点というのはないですから。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/04/14 Sun 20:37) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^18: パルスカウント式加算器

> ただし、センサー回路をつないだときは、手動スイッチを外してください。
押しボタンでの確認後は外していました。たまたま外したのですが、正解だったようで良かったです。

> 問題が起こるとしたら、光を遮断したときに2・3回カウントされる
わかりました。この部分はセンサーを固定して確認してみます。

> その回路はピンボールの点数表示用ですか?穴にボールが入ったら点数が加算されるとか。
そうです。動作としてはその通りです。只、10万の桁は使用せず飾りです。
例えば1万の時に10000と表示されるより010000と表示された方が好きなんです。まぁ自分の好みですが。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/04/14 Sun 22:33) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^19: パルスカウント式加算器

> 問題が起こるとしたら、光を遮断したときに2・3回カウントされる。
この件に関して確認しました。
穴に入った玉(使用したのは白いビー玉です。)がバウンドして再度センサーを遮ることにならなければ(ここは木工作業のやり方ですね。)複数カウントはされませんでした。

前回のセンサー回路同様イメージ通りの作動でした。
これでこの回路を取り付ける本体の木工に移ることができます。

ありがとうございました。

inara1(2019/04/16 Tue 08:31) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^20: パルスカウント式加算器

>複数カウントはされませんでした
大丈夫でしたか。本体が出来上がったら全体写真を見せてください。

このスレッドの始まりのYahoo知恵袋ですが、昨日、私が投稿した既回答が利用規約違反とみなされて、数十個まとめて削除されてしまったため、利用停止になってしまいました。「返答がないので回答を削除しました」という回答だけが削除されたのですが、ずいぶん前からこういう回答もしているのに、なぜ急に不適切な回答とみなされたのか分かりません。一定期間経過すれば再び利用できるようになるのか分かりませんがしばらくは回答できない状況です。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/04/17 Wed 00:26) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^21: パルスカウント式加算器

>本体が出来上がったら全体写真を見せてください。

わかりました。そんなに上手な訳では無いので恥ずかしいのですが、色々教えて頂いたので完成したら添付します。
暫く忙しいので材料購入も中々できない状況でして、完成まで1ヶ月程掛かる予定です。

> Yahoo知恵袋ですが、利用停止になってしまいました。

残念です。その解答を見た質問者が違反報告でもしたんでしょうか?(ちゃんと返信しない質問者が悪いのですが)

inara1(2019/04/17 Wed 05:41) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^22: パルスカウント式加算器

>完成まで1ヶ月程掛かる予定です
全体写真でいいです。回路部分が写っていなくてもいいです。

Yahoo知恵袋のほうは、最初、登録していた全てのIDが利用停止となりましたが、いつも使っていたID(okwave_inara1)以外は使えるようになりました。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/04/17 Wed 08:29) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^23: パルスカウント式加算器

> 全体写真でいいです。回路部分が写っていなくてもいいです。
わかりました。完成したら添付致します。

ふと、知恵袋の過去質問を見ていたのですが、3年程前にもLEDの回路でinara1さんにお世話になっていました。遅ればせながらお礼を言わせて下さい。
ありがとうございました。無事完成していました。ちなみに、この時はままごとキッチンのコンロを作る時でした。

>いつも使っていたID(okwave_inara1)以外は使えるようになりました。
良かったです。IDがわかれば今後そちらに質問させて頂きたいと思います。
パソコンが無いので、スマホで利用しているのですがIDが半分以上*マークになっているので探すのも困難ですが。(今回のIDではokw*****となっていました。)

inara1(2019/04/18 Thu 11:58) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^24: パルスカウント式加算器

>IDが半分以上*マークになっている
半分以上*マークになっているIDをクリックすれば、その回答者の回答ページが開くので、そこでフルIDが分かります。

私の前の回答ページはここ
https://chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace_ansdetail.php?writer=okwave_inara1
です。URLの末尾のwriter=okwave_inara1がフルIDです。IDの一部を*にしてもフルIDは分かるのに、なぜそんな小細工をするのか分かりません。

利用できる別IDはokwave_inara2です。
https://chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace_ansdetail.php?writer=okwave_inara2
URLの末尾が2に変わっているだけです。この末尾の名前を変えてそのページを表示させると、そのIDが登録されているかどうか確認できます(未登録なら「お探しのページは見つかりませんでした」と出ます)。

Yahoo!知恵袋質問者(2019/04/18 Thu 13:48) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^25: パルスカウント式加算器

> 利用できる別IDはokwave_inara2です。
確認しました。
今後もよろしくお願いいたします。

inara2(2019/05/01 Wed 15:33) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^26: パルスカウント式加算器

さきほど知恵袋で返信しておきました。

こちらでは、Power Pointというプレゼンソフトのページ上に写真を張り付け、JPEG形式で保存したファイルを添付しているので、容量の大きな写真でも数百kBくらいに収まります。

山崎砂羽(2019/04/23 Tue 17:39) [ 編集 ] [ 返信 ]

ラブドールはあなたの気持ちを補うことができます

JPG 650x433 54.4kb

あなたは官能的な喜びを持つためにTPEラブドールを買うことに決めましたか?あなたがあなたの頭をうなずいてはいと言うなら、あなたは間違いなく高品質の素材と高度な機能を備えたこれらの美しい女性の選び方を知りたいです。多くの選択肢がありますが、予算と好みを完全に補完する選択肢を採用する必要があります。もちろん、ラブドールは楽しみを探している人にはたくさんの利点があります。

https://www.roridoll.com

すべての購入者には、リアルラブドールを購入する理由があります。購入するときに検討する人もいます。ラブドールの仕様と品質を保証するために使用される材料を考慮に入れるだけです。最大限の快適さと柔軟性であなたのすべての性的衝動を満たします。あなたの人形を健康に保つことはあなたに無限の喜びをもたらすでしょう。

無限の魅力と誰かの3穴ラブドールの体を持つ緑色のミニスカートの下に隠された、より小さな体。あなたの欲望を完全にかき混ぜる実生活では、私達全員が最も親密な関係でそのような女の子に会いたいと思います。あなたはそのような女の子を愛撫しなければならないので愛はいつも簡単ではありません。本物の女性の美しい顔を超えて、完璧な現実の領域の近く。

https://www.roridoll.com/high-158-165cm-sex-doll.html

この超現実的な大人ラブドールの大きさは158cm、重さは26kgです。高品質のプラチナシリコンで作られた本物のシリコンラブドール。膣は、性行為中に引き起こされる可能性がある感覚および感覚を高めるための加熱用アクセサリーを提供する。各情熱人形の肌は非常に柔らかく、その柔軟性は本物の女性の体のそれに非常に近いです。

初心者のために、彼らは常に最も人気があります。最もセクシーで最もスムーズな性的開放を通してオーガズムに達することが彼らの使命です。あなたの生理学的ニーズをよりよく世話するために、詳細から始めて、あなたの感情とニーズに集中してください。巨乳ラブドール経口、膣内および肛門用に使用できる3つの穴があります。さまざまなニーズに合わせて設計された標準サイズ要件もあります。軽量なので性的行為により適しています。彼女の鼓動する胸はあなたの欲求をより良く刺激し、視覚的にあなたの神経を混乱させる。

https://www.roridoll.com/middle-school-students-love-doll.html

週末は、彼女はいつも静かにソファに座り、あなたの愛撫を待っています。彼女はまたあなたの世話と注意を引くことを切望している。結局のところ、ほとんどの人にとって女の子は男の子によって保護されることを意図しているのではないでしょうか。彼らは本物の女性の完璧な体をコピーしました。審美的な観点から言えば、その大きさに関係なく、または機能のすべての側面は、女性の自然の美しさに近いです。人間それ自身は自然界で最も先進的で完璧な動物です。自然は私たちに人生のより良い資源を与えてくれるので、私たちは絶妙な仕事を完成することができます。

完璧を追求します。人妻ラブドールから注目すべきショーを入手してください。結局のところ、私たちの感情の欠如を埋めるために使われてきたのです。自然な肉体的および精神的な必要性の調和彼らはより良い突破口を望み、より多くの人々が願望に気づき、助けを求めています。

https://www.roridoll.com/mature-girl-sex-doll.html

mail web

karendollラブドール工場(2019/04/19 Fri 14:55) [ 編集 ] [ 返信 ]

セックスラブドール

JPG 500x750 45.6kb

セックスドールの人気になる理由

セックスドールは世界中で人気が高まっており、将来的にはより多くの売春宿で提供される予定です。
https://www.karendoll.com/pink-over-there-love-doll-p-171.html

男性は売春婦よりセックスラブドールを好みます。 彼らは本物の女性よりも人形とのセックスを好みます。 彼らはまた、黄褐色のセックス人形や自然の中のセックス人形のように、人種や肌の色合いが異なる人形を選ぶ機会があり、何もする許可を求める必要はなく、実際の人よりも良い経験をします。 さらに、彼らはセックスに不慣れで、社会的交流を恐れている人々が適切な機会を提供するのを手助けすることができます。
https://www.karendoll.com/ideal-girlfriend-love-doll-p-170.html

性的ロボットが触れることに反応することを可能にする科学技術の進歩は、知的な音声システムを持ち、そしてより多くの場合、男性に対する性的魅力の間に女性のオーガズムを模倣する。
https://www.karendoll.com/photo-precocious-girl-real-doll.html

ラブドールのレンタルとセールスサービスも大きな理由です、彼らはレンタルとセールスサービスを提供するためにユーザーの一部のためにより便利で安全と呼ばれる、よりリアルなセックスドールサービスを提供します。セックスドール売春婦の出現は、性的経験の点で本物の女性と実質的に見分けがつかない本物の人形と遊ぶことおよび賭ける機会を男性に提供してきました、そしてビジネスはますます世界的になっています。https://www.karendoll.com/the-fact-that-sex-dolls-are-part-of-society-blog.html

web

  1. 前8件
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. ...
  10. 19
  11. (1-8/150)
  12. 次8件