秋月ファンクラブ掲示板

  1. ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路(44)
  2. 正弦波発振器(95)
  3. 船のライト用スイッチ(20)
  4. 微小電流測定ユニットの発振について(15)
  5. Nutube(直熱型双三極管)(3)
  6. LED点滅(2)(32)
  7. 秋月のアナログシンセサイザキット(1)
  8. LED点滅(99)

inara1(2018/05/30 Wed 16:36) [ 編集 ] [ 返信 ]

ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

JPG 1965x1021 279.4kb

motomuraさんからリクエストがありました。

6年くらい前に駆動回路を私が紹介したようですが、残念ながら記憶も記録もないので1から作ることにしました。

motomuraさんが以前撮影したミルククラウンの動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=t1EVUtd1yug&t=12s

駆動回路はミルクを滴下した瞬間の音をマイクで検出して、そこからある時間遅らせてストロボ発光させるというものです。今回依頼のあったのは、光源としてパワーLEDを使うというものです。

■LEDは3W3個
■LED発光時間は固定でOK(0.2mS位?写真)
■音を拾ってからの発光時間が変えられる遅延回路
■1回の音で1回の発光
■音の間隔=最短約3秒
■電源は5V(5V8Aがあります)

全体の回路図は添付図のようになります。ブレッドボードで動作確認しました。手元にあるコンデンサマイクを付けて3WのパワーLEDを点灯させていますが、実際にミルクは滴下していません。

コンデンサマイクの出力信号をトランジスタ(2CS1815)で増幅して、音が出たらデジタルIC(TC4538BP)で単一パルスを発生させ、そのパルスでパワーLED(パルス光源)を一瞬だけ点灯させるというものです。

マイクで音を拾ってからパワーLEDが発光するまでの時間(発光遅延時間)はボリュームで変えられるようにしています。パワーLEDが発光している時間は固定(0.2msくらい)です。

この回路では2種類の動作モードがあります。1つはパワーLEDを1回だけ発光させるsingleモードです。最初に滴下音を拾ってパワーLEDが点一瞬点灯すると、その後に音が入ってもパワーLEDは発光しません。もう1つはmultipleモードです。これは音を拾うたびにパワーLEDが一回点灯します。singleモードを入れたのは、滴下音以外の音を拾って多重露光にならないようにするためです。

どちらのモードでも、音を検出したときに別の「音検出LED」が一瞬だけ点灯するようにしてあります。このLEDは、マイクがちゃんと音を拾っているかの確認用ですが、パワーLEDがなくても発光するので、マイク感度を調整するのに使えます。

この他に、現在のstatus(ステイタス)を表示するLEDも付けました。LEDは2つあって、StopとReadyのLEDのどちらかが点灯します。Readyというのは、音待ち状態にあるという意味で、multipleモードではReadyが常時点灯します。singleモードではReadyが点灯しているときに音が入るとパワーLEDが1回だけ点灯します。

Stopというのは音待ち状態ではないという意味で、singleモードでの初期状態はこれになります(multipleモードではStopは点灯しない)。この状態では音を拾ってもパワーLEDは点灯しません。点灯させるには、Startボタンをチョイ押ししてReady LEDが点灯するようにします。この後に音を拾うとパワーLEDが1回だけ点灯して、その後Stop LEDが点灯します(これが点灯すると、その後音を拾ってもパワーLEDは点灯しない)。

実際の撮影では、周囲の音を拾ってパワーLEDが点灯してしままわないように、singleモードにしておいて(初期状態はStop)、撮影準備が整ってから、Startボタンをチョイ押ししてReady LEDが点灯させた後にミルクを滴下するという手順になります。

multipleモードは撮影以外で、音に合わせてパワーLEDがピカッ、ピカッと光る遊びに使えます。

配線図は今度の土日に描きます。

inara1(2018/05/31 Thu 04:48) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

JPG 1040x680 181.4kb

動作確認時の各部波形です。マイクの波形は拍手音です。

発光遅延時間は全体にもっと短くしたほうがいいのでしょうか。TC4538BPの遅延時間を決めるコンデンサを、0.01μFから1000pFに変更すると、全体の遅延時間が1/10になります。

motomura(2018/05/31 Thu 06:57) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^2: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

JPG 1172x1251 137.4kb

inara1さん

色々と随分凝った設計に驚いています。
朝の早い時間にも驚きです。
-----------------------------------------------------
発光時間は短いほど良いですが、LEDが暗くなる心配はありませんか?
コンデンサを何個か並べて切り替えるのは如何でしょうか?

いずれにしても楽しみにしてお待ち致しますのでよろしくお願いいたします。
-----------------------------------------------------------
昨晩、ちょっといたずらした画像です。

mail

inara1(2018/05/31 Thu 17:14) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^3: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

>発光時間は短いほど良いですが、LEDが暗くなる
発光時間はmotomuraさんの要望で固定(0.2ms)です。

>コンデンサを何個か並べて切り替えるのは如何でしょうか?
ミルククラウンを多重露光してもうまく映らないのではないでしょうか。その写真のように、ボールの運動を横から撮影するのなら多重露光がいいですが、その場合、発光間隔をかなり長くする必要があります。

この回路の発光の「引き金」は音なので、わざわざコンデンサを何個か並べなくても、等間隔で断続音を出すものを作って、multipleモードで動かせば、等間隔での多重発光が可能です。今回の回路がそのまま使えます。

motomura(2018/05/31 Thu 19:24) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^4: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

>ミルククラウンを多重露光
勘違いしてました、コンデンサで調節するのは遅延時間でした。
実際に寫して見ないと遅延時間は不明です。

多重露光は必要ありません。
-------------------------------------------------------------
被写体がボケない程度に発光時間を長くすることによりLEDが明るくなるのであれば発光時間を調節出来れば有難いです。

mail

inara1(2018/06/02 Sat 15:44) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^5: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

JPG 2268x1701 884.8kb

配線図を描いてみました(まだ動作確認していません)。

発光時間も調整できるようにしました。発光遅延時間と発光時間の調整範囲は同じ(数μs〜2msくらい)です。

発光遅延時間と発光時間の調整は、基板外部の可変抵抗で行うという想定で、コネクタ端子を出した配線図としていいますが、半固定抵抗を基板に実装することも可能です(半固定抵抗を置くスペースを空けてある)。

基板はこれ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00518/
を想定していますが、他にご希望のサイズはありますか?

motomura(2018/06/02 Sat 19:39) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^6: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

この基板は持っています。
調節ボリューム等、基板の外でお願いいたします。

部品手配はこれで注文してよろしいでしょうか?
いずれにしても、秋月への注文は日曜日の夜か月曜日の朝に致します。

mail

motomura(2018/06/03 Sun 10:54) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^6: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

JPG 1033x461 65.4kb

ターミナルブロックの代りのピンは、オス・メスは何を使っていますか?

mail

inara1(2018/06/03 Sun 11:51) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^7: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

JPG 718x720 140.0kb

> ターミナルブロックの代りのピンは、オス・メスは何を使っていますか?

基板側(オス)はピンヘッダ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-00167/
をニッパで切ったものを使っています。

ケーブル側(メス)は分割ロングピンソケット
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-05779/
を使っています。溝をカッターナイフで切れば任意のピン数にできます。

ピンソケット端子と配線の接続部には熱収縮チューブ
https://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=6AU5-K4EA
を被せています。秋月にある熱収縮チューブは1色だけなので、いろいろな色が入っている千石のものを使っています。内径はいろいろありますがピンソケットの端子に使うにはΦ1.5mm(収縮したときの内径)がいいです。

motomura(2018/06/03 Sun 20:04) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^8: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

音検出・STOP・RAEDY等のLEDの電圧は何ボルト用ですか?

mail

inara1(2018/06/04 Mon 09:02) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^9: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

>音検出・STOP・RAEDY等のLEDの電圧は何ボルト用ですか?
動作電圧が2V〜3.5Vくらいの超高輝度の砲弾型LEDです。ここ
http://akizukidenshi.com/catalog/c/c5mm/
の中の「抵抗内蔵」と「RGB LED」を除いたものなら使えます。砲弾型の樹脂に色がついているものは明るくないので使わないでください。肉眼で見えない赤外や紫外LEDもだめです。

回路図でLEDと直列に入っている4.7kΩはLEDの中るさを決めるものなので、抵抗値を適当に調整してください。後で抵抗を差し替えられるように、ピンソケットを使って実装しておくといいです。

昨日の作製途中の写真
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=4058.jpg
でも、後で差し替えるかもしれない抵抗はピン(ピンソケットの中身のピンだけを取り出したもの)を介して実装しています。

motomura(2018/06/04 Mon 09:32) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^10: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

inara1さん

今日はお仕事はゆっくりですか?

先程、秋月と千石に注文しました。

マイク感度用VR・スタートボタン等を基板の大きいのがありますので全て1枚に実装したいと思っています。

mail

inara1(2018/06/04 Mon 14:21) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^11: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

JPG 2268x1701 884.8kb

>今日はお仕事はゆっくりですか?
有給休暇です。
もうじき早期退職するので残った有給休暇を消化しています。余った有給休暇は現金化できないので消化しないと損です。

> 先程、秋月と千石に注文しました
千石ということは熱収縮チューブですか。

今、実装中ですが、細かいミスをいくつか発見していて、そのたびに6/2の配線図を差替えています(この掲示板は図や本文の修正は随時可能)。motumuraさんが作成するときは最新の配線図を使ってください。

念のために最新の配線図をここにも貼っていきます。

motomura(2018/06/07 Thu 15:30) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^12: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

JPG 606x750 68.8kb

高輝度LEDが点灯しません。
他は正常に動きます。

■マイク感度の調整が微妙で難しいです。
■モニターLEDは遅延・発光時間にも準じてますか?

図は役に立たないかもしれませんが、こんな感じです。

mail

inara1(2018/06/09 Sat 10:39) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^13: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

JPG 720x869 112.1kb

>高輝度LEDが点灯しません
添付図の紫色の配線のどこかが断線していませんか。配線面の写真を見せてください。

>マイク感度の調整が微妙で難しいです
感度が良すぎますか。ボリュームを左にかなり回さないとLEDが点灯しっぱなしになるのなら、感度を下げる方法はあります。

>モニターLEDは遅延・発光時間にも準じてますか?
モニタLEDは遅延なし、発光時間は固定(35msくらい)です。

motomura(2018/06/09 Sat 12:32) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^14: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

ご指摘の電圧は5Vあります。
2SJ334の中心と両端の電圧が2.9Vです。
この回りをチェックしましたが間違い無いようです。

>感度を下げる方法はあります。
感度を下げる方法をお願いします。

パワーLEDの+と−間はモニターLEDが光っても電圧は0です。

配線面は汚いのでお見せ出来ませんが、再び新しくやり直してみようと思います。

mail

motomura(2018/06/09 Sat 12:53) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^14: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

新しく組み直してみますので感度調整の感度をの下げ方をお願いします。

mail

inara1(2018/06/09 Sat 13:10) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^15: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

JPG 1040x605 193.0kb

配線面から見て、2SJ334の左端が2.9Vというのがおかしいです。2SJ334の左端は5Vの配線とつながっているはずだからです。

感度を下げる方法を添付します。

motomura(2018/06/09 Sat 13:44) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^16: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

2SJ334のS−DとG−Dは2.9V-----G−Sは5Vです

mail

inara1(2018/06/09 Sat 14:16) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^17: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

JPG 1040x720 105.6kb

上の電圧は、2点間の電圧のことでしたか。
2点間の電圧を元に、GNDを基準とした電圧に書き換えました。

Gの電圧が5VのままだとLEDは点灯しませんが、その回路は、通常は5VでLEDを発光させるときだけGの電圧が一瞬0V付近まで下がります。電圧計でGの電圧を見ても、Gの電圧が一瞬下がるのは見えません。

添付図のように、GとGNDを一時的に短絡したときLEDは光りますか。光るのであれば2SJ334周辺は正常です。パワーlEDをあまり長く点灯させるとLEDが発熱するので、GとGNDの短絡は短時間で終えてください。

2SJ334周辺は正常でもLEDが瞬間点灯しないのは、モードがmultiになっているからではないでしょうか。singleに切り替えて音を入れてみてください。

multiモードの初期状態は非発光(Status LEDのStop側が点灯)です。Startスイッチをチョイ押しして、Status LEDのReady側が点灯した後に音を入れると、パワーLEDが1回だけ点灯し、非発光状態(Status LEDのStop側が点灯)に戻ります。その後、音が入ってもパワーLEDは点灯しませんが、Startスイッチをチョイ押しして、Status LEDのReady側が点灯した後に音を入れると、パワーLEDがまた1回だけ点灯します。

motomura(2018/06/09 Sat 15:07) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^18: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

>GとGNDを一時的に短絡したときLEDは光りますか。
光りません。5V来ています。

>singleに切り替えて
音を入れた瞬間変化なし
モニターは1回光ります。

multiではモニターが何回でも明るく光ります。
------------------------------------------------------
感度調整はどちらも150KΩで良くなりました。

mail

inara1(2018/06/09 Sat 16:06) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^19: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

singleとmultiを間違えて書いてしまいました。
multiは音あ入るたびに何度でも光ります。singleはstartスイッチをチョイ押しした後、音が入ると1回だけ光ります(モニタ用もパワーLEDも)

>感度調整はどちらも150KΩで良くなりました
100Ωではないのですか。

motomura(2018/06/09 Sat 17:12) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^20: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

>100Ωではないのですか。
150Kです。

>singleとmultiを間違えて書いてしまいました。
特に決めていません。赤と青のLEDで、音の度に光る側(青)と、チョイ押して赤にして、音で青になる(このときのモニターLEDは暗く光る)。音の度に光る側は明るく光る。

mail

motomura(2018/06/09 Sat 20:03) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^20: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

G−D・S−D一瞬短絡でパワーLEDが一瞬点灯します。

遅延VR・発光時間VRは取り敢えず中間にしてあります。

multiを「連続」singleを「パワー」としました。

mail

motomura(2018/06/10 Sun 21:34) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^21: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

JPG 1794x2358 687.6kb

作り直しました。

前回と変わった所、、、
singleチョイ押しで赤点灯から青へ、マイクで音を拾って赤へ、パワーLEDが点灯しません。
再びチョイ押ししても青に変わらない。
電源を一度OFFにしてやり直すと赤から青へ。しかしパワーLEDが点灯しません。

multiではモニターLEDは普通に作動します。

汚いですが写真UPしました。

mail

inara1(2018/06/11 Mon 05:44) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^22: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

multiモード(何度も光る)では、音が入るとパワーLEDは点灯しますか?

motomura(2018/06/11 Mon 06:30) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^23: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

multiモードでモニターLED以外は光りません。

motomura(2018/06/11 Mon 07:54) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^23: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

JPG 2920x2031 838.7kb

実装面をUPしました

mail

inara1(2018/06/12 Tue 08:25) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^24: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

配線図と照合してみます。

2SJ334の向きが逆のように見えます。部品面の写真の向きに基板を置いたとき、2SJ334の捺印(J334)が手前に来る向きになっていますか?

部品面の写真
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=4088.jpg
の右下の別基板になっている3個のLEDはハイパワーLEDですか?普通の定格20mAくらいのLEDに見えます。この回路に普通のLEDを付けると大電流が流れて壊れます。

この3個のLEDを外して「1kΩ+LED」に5Vをかけたとき点灯しますか。

inara1(2018/06/12 Tue 09:58) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^25: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

JPG 2268x1701 894.4kb

部品面の写真を見ると、パワーLEDの遅延時間と発光時間を決めるコンデンサが実装されていないように見えます。添付した配線図の赤枠で囲ったコンデンサです。

パワーLEDの遅延時間と発光時間を変える可変抵抗(多回転の1MΩ)の位置が少々窮屈ですが、置くスペースを空けてあります。添付図のような位置にすれば窮屈でなくなります。

それ以外の配線は間違っていないと思います。

motomura(2018/06/12 Tue 19:46) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^26: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

>3個のLEDはハイパワーLEDですか
前回の回転計のLEDを使っています。

3個のVRは外せる様にしてあり、感度の抵抗も変更できるようになっています。

mail

motomura(2018/06/12 Tue 20:59) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^27: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

>2SJ334の向きが逆のように見えます
逆でした

スイッチON=チョイ押しで青=マイク音で赤=パワーLED付きっぱなしです

再びチョイ押し=赤から青にならない=スイッチOFF=ON=もとに戻る

mail

inara1(2018/06/13 Wed 10:02) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^28: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

JPG 1040x529 158.0kb

添付図のコンデンサの容量を変えてみてください。

motomura(2018/06/13 Wed 18:56) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^29: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

JPG 1024x768 770.4kb

交換しましたが今迄と変化がありません、不思議です。

mail

motomura(2018/06/17 Sun 09:36) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^30: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

最初に作った基板で試してみました。
以前は2SJ334が逆でしたので正しくはめてテストした結果、、、、、

連続モードでは瞬間発光しました。
パワーLEDモードにすると、待機状態ができません。

取り敢えずこれの連続モードで使ってみようと思いますが、遅延時間をもっと遅くするか、巾広く調整出来るようにするにはどこを変更すればいいでしょうか?

この現象を見るにはどの様なオシロで可能でしょうか?

mail

inara1(2018/06/17 Sun 16:30) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^31: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

JPG 2268x1701 898.7kb

> 連続モードでは瞬間発光しました。
> パワーLEDモードにすると、待機状態ができません。
では連続モードで使ってください。

>遅延時間をもっと遅くするか、巾広く調整出来るようにするにはどこを変更すればいいでしょうか?
遅延時間は、添付図の上側の波形のパルス幅に対応します。現在の設定では2.5μsから1msの範囲で変えられます。

発光時間は、添付図の下側側の波形のパルス幅に対応します。現在の設定では2.5μsから1msの範囲で変えられます。

全体に遅延時間を遅くするには、「遅延時間調整用」の1MΩの可変抵抗と直列につながっている1kΩの抵抗値大きくすればいいです。1kΩを1MΩに変更すると、調整できる遅延時間は1ms〜2msの範囲になります。

全体に発光時間を長くするには、「発光時間調整用」の1MΩの可変抵抗と直列につながっている1kΩの抵抗値大きくすればいいです。1kΩを1MΩに変更すると、調整できる発光時間は1ms〜2msの範囲になります。

> この現象を見るにはどの様なオシロで可能でしょうか?
添付図のように、遅延時間は上側の4538の10pin、発光時間は下側の4538の9pinに出てくる波形(GNDを基準)のパルス幅です。

2チャンネルのオシロがあれば、この2つの波形を同時に観測できるので、上側の4538の10pinに出てくる波形に対して、下側の4538の9pinに出てくる波形が遅れているのが分かるのですが、1チャンネルのオシロではそこまで分かりません。

motomura(2018/06/17 Sun 19:52) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^32: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

JPG 1280x960 920.2kb

先程ご返事した積りですが手違いで消えてしまったようなので、重複するかもしれませんが再び書き込みます。
---------------------------------------------------------
ご心配おかけしましたが2回目の基板が次の通り正常に動くようになりました!
■ハンダをやり直しました
■左一番上の感度用(トランジスタの右上)10KΩを取り外しました(外れた瞬間に)正常な動きに!
-------------------------------------------------------------
発光時間が調整出来ないようですが、添付写真のような現象が調整しても変化がありません。
これは、連続音での画面です。

mail

inara1(2018/06/18 Mon 02:14) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^33: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

>左一番上の感度用(トランジスタの右上)10KΩを取り外しました(外れた瞬間に)正常な動きに!
2SC1815の右上の10kΩですか。これを外すのはダメだと思いますが動いたのならいいでしょう。

> 発光時間が調整出来ないようですが、添付写真のような現象が調整しても変化がありません
電圧の最大値が2.4Vというのがおかしいです。0Vから5Vの範囲で振れるはずです。オシロスコープの右上の読み値は2.4Vと出ていますが、波形は1.6Vに見えます(縦の1目盛りは0.5Vが正しいなら)。
> これは、連続音での画面です。

motomura(2018/06/18 Mon 08:34) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^34: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

JPG 1280x960 1037.6kb

発光時間調整VRを1MΩにしたときのオシロ画面です。
このVRを外すとLEDが点灯シッパナシになります。

VRを右いっぱいに回して0Ω近くにするとLEDは点灯しません。

mail

inara1(2018/06/18 Mon 08:57) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^35: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

>発光時間調整VRを1MΩにしたときのオシロ画面です
これは上側の4539の10pinの波形ですか。VRを回したときにパルス幅が変わるのなら正常です。

>このVRを外すとLEDが点灯シッパナシになります
それも正常です。VRを外すと抵抗が無限大になるので、発光時間も無限大(連続)になります。

問題は下側の4538の9pin波形がなぜ0V-5Vの振幅になっていないかです。下側の4538の9pinから先の配線がおかしいのかもしれません。

motomura(2018/06/18 Mon 12:33) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^36: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

この波形は発光時間調整VRを最大の1MΩにしたときのパワーLED端子の波形です。
このVRを右いっぱいの時はLEDは点灯しません。

今、ミルクで簡単なテストをしてみました。
遅延時間の調整はうまくいっているようですが、正確には夜でないと出来ません。
発光時間も最大で大丈夫のようです。

遅延時間の調整のVRは、抵抗が大きくなると早くなるのか遅くなるのか
実際にやって見ないとわかりませんが、どちらでしょうか?

mail

inara1(2018/06/18 Mon 16:25) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^37: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路

>遅延時間の調整のVRは、抵抗が大きくなると早くなるのか遅くなるのか
可変抵抗が大きくなると遅延時間が大きくなります。

発光時間のほうは、可変抵抗が大きくなると、発光時間が長くなります。発光時間を長くするとLEDが明るくなるので、見た目で分かると思います。

motomura(2018/06/22 Fri 11:45) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^38: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路 new!

JPG 1841x1167 206.1kb

いろいろとTESTしました。

結果は、発光時間が長いのでVRを最大(1M)と最小にても発光時間に変化が見られませんでした。
画像が動いてボケています。

電源上のコンデンサは470μF,右下のコンデンサは1000μFに変更したままです。

mail

motomura(2018/06/22 Fri 11:50) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^39: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路 new!

JPG 1280x960 949.0kb

発光時間を変更しても変化がありません。

mail

motomura(2018/06/22 Fri 12:46) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^40: ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路 new!

発光時間VRを5MΩにしても変化がありません
これを外すと付きっぱなしです。

LEDは明るく点灯します。

mail

inara1(2018/05/01 Tue 09:14) [ 編集 ] [ 返信 ]

正弦波発振器

JPG 1134x1512 455.4kb

オシレータの関連ネタですが別スレッドにしました。

ねがてぃぶろぐ
http://gomisai.blog75.fc2.com/
に出ていた正弦波発振器(回路図のリンクは切れている)をユニバーサル基板に作ってみました。抵抗やコンデンサを後で差し替えられるように、ピンソケット
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-01591/
をばらしたものをソケットにしています。抵抗やコンデンサの値を少々変え、振幅調整VRを追加しました。1μFのコンデンサに書かれている(BP)は極性なしという意味です。

歪調整VRはなかなか難物です。調整点によっては、他の周波数レンジで発振しなくなります。三端子レギュレータで15Vを作り、LTC1144で-15Vを作っています。消費電流は20mA程度なので小型の78L15で済みます。LTC1144の出力は安定化されていないので、念のために79L12で-12Vに安定化してオペアンプの負電源としています。

周波数調整用のVRは2連の10kΩが必要です。秋月の2回路・6接点のロータリースイッチで周波数レンジを切り替える予定です。

daruma(2018/05/01 Tue 09:39) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: 正弦波発振器

正弦波ですね。これもぜひ作りたいです。これにも例の赤い基板カウンターを使えますか。
矩形波版とひとつの筐体に収めて、カウンターは兼用で切り替えて使うか、なんならカウンターもそれぞれに付けてまったくの棟割長屋にしてもいいですね。

inara1(2018/05/01 Tue 11:51) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^2: 正弦波発振器

JPG 720x1040 364.0kb

基板の写真を添付します。

>これにも例の赤い基板カウンターを使えますか
正弦波を矩形波に変換する回路を付ける必要があると思います。LM358が1個でできます。

この回路のままだと、振幅の可変範囲が小さく、オフセットを変えられないので、前の三角波・矩形波発振回路につないで、振幅・オフセット調整もできるようにするつもりでしたが、この正弦波発振器に振幅・オフセット調整回路を付け足して、全く独立した発振器としたほうがすっきりするかもしれません。正弦波と矩形波が両方必要な場合もあるかもしれませんから。

大きな基板にいろいろな機能を詰め込むよりも、機能別の小さい基板に分けたほうが、後で、修正したり機能を付け足すのが簡単になります。

daruma(2018/05/01 Tue 11:57) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^3: 正弦波発振器

> この正弦波発振器に振幅・オフセット調整回路を付け足して、全く独立した発振器としたほうが

了解です。
別々に完結したものとして作る路線ですね。

inara1(2018/05/03 Thu 02:15) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^4: 正弦波発振器

JPG 720x1247 289.0kb

ロータリースイッチにコンデンサを付けて4バンドで動作確認しました。各バンドの周波数範囲は以下の通りです。

バンド1(2.2μF)7.0Hz〜149Hz
バンド2(0.22μF)79Hz〜1.50kHz
バンド3(0.022μF)790Hz〜15.0kHz
バンド4(2200pF)7.7kHz〜126kHz

コンデンサを220pFとすれば100kHz以上のバンドになりますが、200kHz以上から振幅が落ちてくるので4バンドとしました。オーディオ用なら7Hz〜126kHzで充分だと思います。バンド1の低周波側は波形が少し歪んでいます。

バンド1の低周波側を除けば振幅は一定になっています。振幅は15Vppくらいにするのが良さそうです(大きくすると歪が大きくなる)。

inara1(2018/05/03 Thu 04:13) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^5: 正弦波発振器

JPG 1040x720 120.0kb

回路図です。

daruma(2018/05/03 Thu 09:15) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^6: 正弦波発振器

楽しみです。

> この正弦波発振器に振幅・オフセット調整回路を付け足して、
と周波数カウンター用に
> 正弦波を矩形波に変換する回路を付ける必要があると思います。LM358が1個でできます。

ということになるのですね。
78L15と79L12、各容量フィルムコンデンサ、それに、4接点のロータリースイッチ、周波数カウンターキットをもう1枚、あと何かいりそうでしょうか。
周波数カウンターは同じと思われるものがamazonで521円から一万円台と幅広い値付けで出ています。妙な世界です。

電源とケースを節約して、三角波矩形波版と正弦波版をひとつのケースに入れようと思います。ACアダプターから以降は電源スイッチも含め全く独立にして。
https://www.amazon.co.jp/Longruner-%E3%82%AA%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%97-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB-Oscilloscope-%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%96%E4%BB%98%E3%81%8D/dp/B072JTKK8T/ref=sr_1_3_sspa?ie=UTF8&qid=1525306210&sr=8-3-spons&keywords=%E3%82%AA%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%97+%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%88&psc=1
のオシロスコープを無線仲間が購入してそこそこ動くようなので、これも加えるなんてのはどうでしょう。実用二の次で。これも回路的には独立で、信号入力もパネル面のBNC-BNCで渡すことにして。
盛り込み過ぎとは思いますが。発信機とオシロが同一筐体内にあるのはよろしくないですか。
フロントパネルばかり大きくなってしまいますね。

inara1(2018/05/03 Thu 16:10) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^7: 正弦波発振器

JPG 1134x1512 391.7kb

>LM358が1個でできます
LM358は不要でした。カウンタの説明書
http://akizukidenshi.com/download/ds/sainsmar/SKU-21-010-340_manual_j_aki.pdf
の5ページ目の下のほうの「外部入力レベル例」のところに、カウンタの入力信号の振幅範囲が出ていますが、正弦波でも動作するようです。抵抗分圧で信号レベルが0V〜5Vになるような回路(カウンタへの入力は正弦波のまま)にしました。

上の正弦波発振器の出力に接続して、正弦波の振幅とオフセットを変えられる回路を作りました。添付の配線図で動作確認しました。電源は正弦波発振器から取っています(正弦波発振器の回路図と配線図に拡張回路用の電源端子を出しています)。

この振幅とオフセットの調整回路に、周波数カウンタ用の出力端子を付けました。この信号は振幅とオフセットを変える前の信号なので、振幅とオフセットを変えても信号レベルは一定(0V〜5V)です。

>周波数カウンターは同じと思われるものがamazonで521円から一万円台と幅広い値付けで出ています。妙な世界です。
amazonには何でもあるのですね。

>発信機とオシロが同一筐体内にあるのはよろしくないですか。
どれくらいノイズをまき散らすか不明なので、電源は別々(19V電源は共通で、そこから三端子レギュレータなどで分離する)のほうがいいと思います。

inara1(2018/05/03 Thu 16:22) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^8: 正弦波発振器

JPG 720x1040 285.7kb

正弦波発振器と振幅・オフセット調整回路を接続した状態の写真です。波形は、周波数カウンタに入力する信号で、振幅やオフセットを調整しても振幅は一定です。

daruma(2018/05/03 Thu 19:29) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^9: 正弦波発振器

発振回路
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=3860.jpg
と振幅・オフセット調整回路
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=3882.jpg
の2枚で完成というわけですね。
実作の準備にかかります。
2SK32を買わなければなりません。

> 電源は別々(19V電源は共通で、そこから三端子レギュレータなどで分離する)
はい、そうします。
調整回路基板が半分空いているので、+15Vと-12Vそれにカウンター用の+5Vを載せようかと思いますが、やや厳しそうですね。電源基板を独立させるほうがいいでしょうか。

inara1(2018/05/04 Fri 00:20) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^10: 正弦波発振器

JPG 1040x720 65.0kb

振幅・オフセット調整回路の回路図です。

> 発振回路
> http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=3860.jpg
> と振幅・オフセット調整回路
> http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=3882.jpg
> の2枚で完成というわけですね。
そうです。

> 2SK32を買わなければなりません。
2SK32でなく2SK30です。オーディオ用FETの定番です。2SK30ATMとか2SK30Yとか2SK30GRとか、末尾が異なるものがありますがどれでもいいです(こちらでは2SK30Yを使ってます)。

> 調整回路基板が半分空いているので、+15Vと-12Vそれにカウンター用の+5Vを載せようかと思いますが、やや厳しそうですね。
三端子レギュレータは、周波数カウンタ用の5Vとamazonオシロ用の2個だけでいいのではないですか。振幅・オフセット調整回路の±15Vは、正弦波発振器の基板から取るようにしてあります。

amazonオシロの電源電圧は8V〜12Vらしいので、放熱フィン付きの7809や7812などでいいと思います。amazonオシロの消費電流が分かりませんが、以下の計算式で発熱が1Wを超えるようなら、三角波・正弦波発振器でdarumaさんが使った小型のヒートシンクを付けてください。

発熱量[W] = (19−三端子レギュレータの出力電圧[V])*amazonオシロの消費電流[A]

inara1(2018/05/04 Fri 00:30) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^11: 正弦波発振器

振幅・オフセット調整回路の回路図のボリューム記号についている番号は端子番号です。振幅ボリュームを右に回すと振幅が大きくなり、オフセットボリュームを中点から右に回すと+電圧のDCオフセットが重畳するようにしてあります。1と3を間違えると動きが逆になってしまいますが、間違えてもボリューム側の配線を入れ替えれば直ります。

振幅・オフセット調整ボリュームは多回転型にしたほうが細かい調整ができます。

正弦波発振回路の周波数調整のボリュームも多回転型にしたいのですが、2連ボリュームで多回転型というのは見たことがありません。2個の多回転ボリュームを平歯車などで連動させて、2個が同時に回転するようにできないものでしょうか。こちらには10kΩの多回転ボリュームがいくつかあります。

inara1(2018/05/04 Fri 06:35) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^12: 正弦波発振器

回路図から部品表を作成しました。

・オペアンプ
NJM072(TL072でも可)→ 2個

・電圧コンバータ
LTC1144 → 1個

・シャントレギュレータ
NJM431(TL431でも可)→ 1個

・三端子レギュレータ
78L15 → 1個
79L012 → 1個
(周波数カウンタ用 → 1個)
(amazonオシロ用 → 1個)

・トランジスタ
2SC1815Y(2SC1815GRでも可)→ 1個
2SK30Y(2SK30ATM、2SK30GRでも可)→ 1個

・ダイオード
1N4148 → 3個

・電解コンデンサ
47μF(耐圧25V以上)→ 2個
10μF(耐圧25V以上)→ 5個+α(三端子レギュレータの出力側コンデンサ)

・積層セラミックコンデンサ
0.1μF(耐圧25V以上)→ 7個+α(三端子レギュレータの入力側コンデンサ)
1μF(耐圧25V以上)→ 2個

・フィルムコンデンサまたは無極性電解コンデンサ(周波数バンド切替用)
2200pF → 2個
0.022μF → 2個
0.22μF → 2個
2.2μF → 2個

・抵抗(誤差±5%、1/6W〜1/4W)
470Ω → 2個
1.5kΩ → 2個
2.2kΩ → 1個
4.7kΩ → 2個
10kΩ → 9個
15kΩ → 2個
100kΩ → 2個

・可変抵抗(半固定)
100kΩ → 1個
2kΩ → 1個

・可変抵抗(パネル取り付け型)
10kΩ(2連)→ 1個
10kΩ → 2個

・2回路・4接点ロータリースイッチ

daruma(2018/05/04 Fri 07:31) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^13: 正弦波発振器

間違えました。2SK30ですね。

バーニアダイヤルがあります。
https://www.marutsu.co.jp/pc/i/10442/
子どもの頃、無線機自作記事でよく見ました。
秋月に
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00943/
がありますが、多回転VRと組む合わせるとなっています。ただのツマミなんでしょうか。いずれにしても、レトロで違和感があります。全体をそんな雰囲気で作るとおもしろいかもしれませんが。
遊星ギヤというのがあります。バーニアダイヤルのメカ部です。
http://www.tamiya.com/japan/products/72001/index.html
これで行けると思いますが、軸径がマブチモーターのサイズのようでなにか方法があるかどうか。

inara1(2018/05/04 Fri 08:09) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^14: 正弦波発振器

JPG 567x567 52.7kb

>ただのツマミなんでしょうか
多回転用つまみは持ってますが、これは10回転分を0.02刻みなどで精密に設定できるものです。

欲しいのは多回転型の2連ボリュームです。「つまみ」には目盛りがなくていいです(周波数はオシロなどで合わせるので)。今の2連ボリュームは300度回すと周波数が20倍変わってしまうので微調整が難しいです。2つのボリュームの回転は完全に合ってなくてもいいです(2連ボリュームのそれぞれの抵抗値も5%くらい違ってます)。

inara1(2018/05/04 Fri 09:07) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^15: 正弦波発振器

JPG 643x720 155.4kb

手持ちの平歯車の軸径は2mm〜3mmなので、6mm径の多回転ボリュームに合いません。自分で加工しても精度が出ないので千石電商で買ってくることにします。Φ6mmはあるようです。
https://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=8AGA-HGKC#

遊星ギアボックスは持っています(添付写真)。タミヤのギアーモータシリーズはいろいろ持っています。

daruma(2018/05/04 Fri 09:10) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^15: 正弦波発振器

多回転VRを2つ連動させるのは難しいので、普通の2連VRを遊星ギアでちょっとずつ回せばと考えました。

模型用のギアボックスは軸径が細いのを解決しなければなりませんね。

daruma(2018/05/04 Fri 09:13) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^16: 正弦波発振器

ほぼ同時投稿でしたね。
タミヤの遊星ギアお持ちでしたか。もしや、そちらの方面もお得意ジャンルなのですか。

千石にはVRの軸に合う平歯車が売っているのですか。

inara1(2018/05/04 Fri 09:25) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^17: 正弦波発振器

>もしや、そちらの方面も取扱いジャンルなのですか
メカは素人レベルです。電子回路の応用でモータ制御などがあるので、モータ周りにも手を出しています。マイクロスイッチとか、フォトインタラプタなどのメカトロ部品もいろいろ在庫しています。

>千石にはVRの軸に合う平歯車が売っているのですか
探したらありました(上の投稿は書き換えています)。組み立て精度を高めないと遊びができてしまうので加工が大変そうです(私の苦手な分野)。電動ドリルはありますが。卓上フライス盤など買っても使いこなせないでしょう。

daruma(2018/05/04 Fri 09:33) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^18: 正弦波発振器

まるでチャットです。

6mm穴のギアがあるんですね。図の真ん中のギアもツマミをつけるので6〜7mmのシャフトが入らなければなりませんから、ここも6mm穴ですね。
ボスはアルミのようですから切削するのは容易でしょうがセンター出しが難しいですね。
平ギアは歯幅がある程度厚いでしょうか。薄いとかみ合わせが微妙です。真ん中のギアはピニオンギアのように歯幅のあるものがあればいいんですが。

daruma(2018/05/04 Fri 09:47) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^19: 正弦波発振器

白い樹脂スペーサー(丸軸)がノギスで測ってみると6mmでした。3mmビスがねじ込める穴径のギアにこれをねじ込んで、スペーサーの胴部をシャフトとしてツマミをつけることでどうでしょう。

inara1(2018/05/04 Fri 09:46) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^18: 正弦波発振器

正弦波発振器と振幅・オフセット調整回路の基板は、添付写真のように、2段積みを想定しています(電源端子と信号の端子配列を同じにしてある)。

これを入れる筐体はこれ
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%86%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%B3%E9%9B%BB%E6%A9%9F-TE315-%E3%83%86%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%B3-%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9/dp/B00HLBIN3W
を予定していますが、このシリーズの筐体は千石電商ではもう扱っていないようです。上のamazonにはありますが在庫切れとなっています。

HPのレトロな信号発生器
http://www.barrytech.com/hewlett-packard/signal_sources/hp3310b.html
のようにはできませんが、今回の発振器は完全アナログ方式なので、レトロな箱に入れてみたいです。VICさんのサイトにある定電圧電源
http://vicdiy.com/products/V_regulator/v_regulator.html
のようなものが作れるようになりたいです。木工工作は接着剤とか塗装など時間がかかるので、まとまった時間が取れる引退後です(2か月後)。

inara1(2018/05/04 Fri 09:48) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^19: 正弦波発振器

JPG 1172x720 200.0kb

写真をつけ忘れました。

inara1(2018/05/04 Fri 09:54) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^20: 正弦波発振器

>図の真ん中のギアもツマミをつける
左右のボリュームのどちらか一方を回す方法を考えていたので、中央のギアは手持ちのものにします。メカ的には中央を回すほうがいいのかもしれませんが。

ボリュームの回転軸を延長して軸径を小さくするという手もありますね。しかしこの手の加工は苦手なので千石の平ギアを使います。darumaさんは軸延長法でやってみてください。

daruma(2018/05/04 Fri 09:52) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^19: 正弦波発振器

樹脂スペーサーの件を書き込んで戻ったら新投稿がありました。

ケースはフロントパネルの広いものというと高価で、躊躇しています。液晶をつけるスペースがいるのでオシロ組み込みはためらいもあります。
amazonオシロは同じものを秋月で扱っていますね。amazonのレビューを見ると偽物も流通しているようなので、高い(3,780円)ですが買うのは秋月でと思います。

引退近づいてますね。楽しみでしょう。

daruma(2018/05/04 Fri 09:58) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^20: 正弦波発振器

> 左右のボリュームのどちらか一方を回す方法を考えていたので
あ、そうか。思いつきませんでした。

inara1(2018/05/04 Fri 10:05) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^20: 正弦波発振器

>引退近づいてますね。楽しみでしょう
楽しみですね。真空管ラジオやアンプなどにも挑戦してみたいです。オーディオの趣味は全くないですが。

これから平ギアの買い出しに行きます。マルツは滅多に行かないのですが良さそうな筐体がないか探してみます。

daruma(2018/05/04 Fri 10:07) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^21: 正弦波発振器

いってらっしゃ〜い。
マルツは2店舗とも店頭在庫は少ないようですが、どうなんでしょう。

daruma(2018/05/04 Fri 13:04) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^22: 正弦波発振器

> 三端子レギュレータは、周波数カウンタ用の5Vとamazonオシロ用の2個だけでいいのでは

そうですね。いっそ周波数カウンタ用5Vも三角波正弦波発生器からもらうというのは無理がありますか。せっかくヒートシンクを付けたのでという気がしますが、隣の回路からというのは変ですか。別個の回路だから分けるべきですか。

本物のオシロへの入力はプローブを使わず両端BNCのケーブルにしようと思います。オシロ基板に入れるのもそうしようと思います。30cm位の短いケーブルをを作ろうと考えていますが、ちゃんとした同軸ケーブルを使うのがいいですか。その場合、インピーダンスはコネクタ(オス)に50Ωとの記載がありますので50Ωのにすればよいですか。1.5D2Vとか細いものでも硬くて取り回しづらいですよね。単なるシールド線ではどうでしょう。安物のプローブを買って切って使おうかとも思いましたが、aitendoの399円は品切れになっています。

ところで、オシロ基板は周波数カウンターと同様に、LCD・スイッチ・BNCコネクタをパネル直付けにせずフロントパネルに引き出そうと思っていますが、だいじょうぶでしょうか。

daruma(2018/05/04 Fri 15:33) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^23: 正弦波発振器

一方のVRを回すようにするのであれば、間にギヤを入れて回転方向を同じにしなくても、抵抗値の増減を逆にしてやればいいのではないでしょうか。Bカーブですよね。

inara1(2018/05/04 Fri 16:29) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^24: 正弦波発振器

JPG 720x1210 294.5kb

平ギアを買ってきました。

> 一方のVRを回すようにするのであれば、間にギヤを入れて回転方向を同じにしなくても、抵抗値の増減を逆にしてやればいいのではないでしょうか
その構造も考えました。しかし、VRの回転軸が短くて、ギアと「つまみ」を1つの回転軸に取り付けられませんでした。Φ6mmの延長棒は特殊ですね。Φ5mmのSUSパイプが手元にあるので、紙でも巻いて太らせてみましょうか。

現在、3ギア式で中央の軸をΦ5mmにする方法にしようと思っています。添付写真は、中央の軸がΦ6mmですが、この軸は壊れたVRの軸を流用したものなので、軸がやはり短いです。中央のギアはΦ6mm用ですが、手持ちのΦ5mmのSUSパイプを太らせてギアを付けられるようにして、手持ちのΦ5mmのベアリングで固定するようにしてみます。Φ5mm用のギアをまた買い出しにいくのも面倒なので。

daruma(2018/05/04 Fri 16:58) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^25: 正弦波発振器

お帰りなさい。さっそく試作早いですね。
壊れたVRの軸をということなら、昔の真空管ラジオのVRは長い軸です。ジャンク屋などで手に入らないでしょうか。
以前例の真空管ラジオではアルミ棒をアルミ管でくるんで接着しました。延長用のシャフトとネジ留めジョイントもありますね。

daruma(2018/05/05 Sat 08:36) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^26: 正弦波発振器

↑で描いた入出力ケーブル、数十cmのことなのでなんでもいいのかも知れませんが、格好こだわりで検討してみました。
BNCコネクタ+同軸ケーブルは、オーディオの世界では75Ω、高周波の世界では50Ωを使うのが一般的なようですね。オシロのマニュアルを眺めてもこのあたりは見つけられなかったので、
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-00093/
に50Ωとの記載があることだしインピーダンス50Ωの同軸を使うことにしました。
同軸ケーブルと言うと「xC2V」が75Ω「xD2V」が50Ωしか知らなかったのですが、「RG58A/U」というのがあるのですね。
サトー電気で
http://www.maroon.dti.ne.jp/satodenki/etc.html
(BNC−P)RG58A/U相当 1m 両側にBNC−P ¥500+消費税
を見つけて、写真では結構柔らかそうだし、これを切ってコネクタを付けて2本にしようと思います。
どうでしょう。かえってただの被覆線をツイストにしたほうがいいですか。

inara1(2018/05/05 Sat 09:43) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^27: 正弦波発振器

JPG 1040x720 163.8kb

3C2Vは短いと結構硬いです。机上で引き回すのなら1.5C2Vか、秋月のシールド線
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-13011/
がいいと思います。ただ、細いケーブルに合ったBNCコネクタがないので、細いケーブルをつなぐと見た目のバランスが悪くなります。添付写真は手元にある秋月のシールド線と1.5C2Vと、3C2V用のBNCコネクタです。

30cmで100kHz程度なのでケーブルのインピーダンスは何でもいいです。RG58A/Uは結構昔からあるケーブルです。

BNcのメスはそれでいいと思います(こちらでもよく使っています)。

daruma(2018/05/05 Sat 10:04) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^28: 正弦波発振器

> 細いケーブルをつなぐと見た目のバランスが悪く
そうですか。サトー電気のはもともと付いているコネクタはいいとして、切って後付けするコネクタの問題ですね。ただ、このケーブルはあまり細くないようです。

細いものは、
http://www.aitendo.com/product/15227
を見つけたんですが、16cmでは液晶オシロに繋ぐにはいいとして本物オシロへ引くには短すぎます。
片方だけBNCが付いた長めのもあるので、細ケーブル用コネクタを見つけて付けるとか。ただ、BNCは圧着のが多くてハンダ付けのはあまり無いですよね。RCA/BNC変換コネクタを使うのが見た目いいかもしれません。

inara1(2018/05/05 Sat 10:29) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^29: 正弦波発振器

>RCA/BNC変換コネクタを使うのが見た目いいかもしれません。
BNC(オス)-RCA(メス)
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-08857/
がいいのではないでしょうか(これは格安)。

これにRCAピンプラグ
http://akizukidenshi.com/catalog/c/crcap/
を付けて1.5D2V程度のケーブルを出せばバランスがいいと思います。

daruma(2018/05/05 Sat 11:07) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^30: 正弦波発振器

そうですね。
50Ωと75Ωではコネクタのピンの太さが違うようなことをどこかで読んだのですが、どちらと書いてない物はどちらなんでしょう。

スペックではこれですが、高いです。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-12684/

> 秋月のシールド線
> http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-13011/
これは普通のシールド線ですか。
シールド線でいいのならよさそうな太さ柔らかさで選んでよいのですか。(短いしアマチュアだし)

aitendoで、
http://www.aitendo.com/product/2575
というケーブルを見つけました。

どうでもいいことにこだわりすぎでしょうかねえ。

inara1(2018/05/05 Sat 13:00) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^31: 正弦波発振器

>50Ωと75Ωではコネクタのピンの太さが違う
50Ωのほうが若干太いですが相互に接続可能です。メス側の構造を見ればどちらか分かります。
http://coaxial--connector.com/hikaku.php

メス側の中心ピンの先端まで白い絶縁体で囲まれているのが50Ωです。オス側もピンの周囲の絶縁体が厚くなっています。50Ωはオスとメスの絶縁体の凹凸がピッタリかみ合う構造です。市販品はほとんど50Ωだと思います。

> スペックではこれですが、高いです。
> http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-12684/
ケーブル付きは一般に高価ですが、秋月の中では安いほうですね。

>これは普通のシールド線ですか
シールド線です。外側が網線になっていません。これは細すぎるような気がします。3mあるので試しに買ってみてはどうでしょうか。結局使わなくても、マイクロフォンや温度センサのシールド線に使えます。

>aitendoでケーブルを見つけました。
それは、秋月のこれ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-01819/
と同じケーブルだと思います。1.5C2Vと同じ直径ですが硬さが全然違います。曲率半径を5cm未満にすると折れそうです(そのケーブルも持っています)。

ケーブルは何でもいいですが外観を統一したほうがいいと思います。

daruma(2018/05/05 Sat 13:44) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^32: 正弦波発振器

> 1.5C2Vと同じ直径ですが硬さが全然違います。曲率半径を5cm未満にすると折れそうです(そのケーブルも持っています)。
RG316は1.5D2Vより曲がりにくいのですか。できるだけ柔らかく曲がるものをと思いますが。

daruma(2018/05/05 Sat 15:10) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^33: 正弦波発振器

決めました。
短くてアマチュアだから、インピーダンスにこだわらずシールド線をつかうことにします。
梅澤はシールド線も比較的品揃え豊富なので、よさそうな太さで選ぼうと思います。コネクタは
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-08868/
に揃えます。液晶オシロへの短いのも本物オシロへの50cm程の(両発振器併用も有り得るので2本)も。

と決めたので秋月への発注を拾い集めています。
79L012(79L12?)と2SK30がありません。79L12は梅澤にあったように思います。2SK30もあるといいのですが。

多回転VRですが、三角波矩形波版の周波数調整もと思ったのですが1MΩは無いのですね。ちょっとくじけました。
両版とも、積算すると結構な金額になるので、振幅とオフセット調整は普通のVRにしようかと思い始めています。

※ いま気づきました。発振回路側にも振幅調整がありますが、これは?発振器側でベースを決めて調整側で可変にということですか?

inara1(2018/05/05 Sat 16:43) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^34: 正弦波発振器

秋月のコネクタ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-08868/
は、ケーブルを出すところが結構太い(内径6.5mm)です。梅澤にBNCコネクタはないですか。あっても秋月の5倍くらいの値段だと思いますが。

2SK30がない部品屋はないと思います。

多回転VRは1kΩと10kΩと100kΩしか持っていません。多回転VRは高価なので、1MΩの普通のVRと直列に100kΩの普通のVRをつないで、荒い調整(Coarse)と微調整(Fine)の2つのボリュームにしてはどうでしょうか。

>発振回路側にも振幅調整がありますが、これは?発振器側でベースを決めて調整側で可変にということですか?
そうです。その振幅調整は広い範囲の調整はできません(15Vppが最低)。振幅を大きくすると波形が歪んでしまうので、最終的に振幅が最小になるような位置にしました。

daruma(2018/05/05 Sat 16:59) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^35: 正弦波発振器

シールド線なら太くても柔らかいので、いいかなと。やや細いのを使って根元を熱収縮チューブで太らせるとか。

> 2SK30がない部品屋はないと思います。
それが秋月にもマルツにも無いのです。aitendoにはあります。
79L12はマルツにもaitendoにもあります。

> 1MΩの普通のVRと直列に100kΩの普通のVRをつないで、荒い調整(Coarse)と微調整(Fine)の2つのボリューム
安定化電源で使った方式ですね。それでいきますか。あ、あれはメインが多回転で微調整が普通のVRでした。

正弦波版も普通の10kΩ+普通の1kΩ(500Ω?100Ω?)にすれば、2連VRが使えるのでは。それでどうでしょう。

inara1(2018/05/06 Sun 07:45) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^36: 正弦波発振器

ケーブルは現物を触って選んだほうがいいと思います。

>それが秋月にもマルツにも無いのです
確かにないです。千石電商にもないです。東芝のあの形状のトランジスタは2SC1815も含めて、数年前にディスコン(製造中止)になったのは知っていますが2SK30もついに姿を消しましたか。2SK30は50個くらいあるので当面は困りません。2SC1815と2SA1015も100個くらいあります。そのうち高値がつくかもしれません。

>aitendoにはあります
それはたぶん東芝製ではないです。千石の2SK30もノーブランドになっています。
https://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=EEHD-56LK

>正弦波版も普通の10kΩ+普通の1kΩ(500Ω?100Ω?)にすれば
darumaさんのはそれにしてください。こちらは平ギアに投資してしまったのでギア方式でやってみます。

daruma(2018/05/06 Sun 08:38) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^37: 正弦波発振器

> 確かにないです。千石電商にもないです。
足の生えたパーツはもはやアマチュアにしか需要がないんでしょうね。大学や企業の研究室などはどうなんでしょう。梅澤の寂れも北大の買い物が減ったから?

> >aitendoにはあります
> それはたぶん東芝製ではないです。
避けたほうがいいですか。他に無いときのために押さえておこうとは思いますが。

> >正弦波版も普通の10kΩ+普通の1kΩ(500Ω?100Ω?)にすれば
ギアの工作も面白そうですが、成功への近道と費用面とで、私はその方式にします。
三角波矩形波版は1MΩ+100kΩ、正弦波版は10kΩ+1kΩでいいですか。微調整用はもっと小さいほうがいいですか。

daruma(2018/05/06 Sun 11:52) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^38: 正弦波発振器

発注を済ませました。79L12の代わりに7912を買っておこうと思って忘れました。明日梅澤に行ってみます。aitendoのは中国製ですが一応データシートは付いているので大丈夫な品物なのかな。他になければそれにしようと思います。
2SK30は高値で売りに出ていますね。以前工作カムバックの最初に作ったマイクアンプが抵抗のブランドにまでこだわるという記事で、それをそのとおりに調達したGarrettaudioというところに東芝と明記したものがありました。サトー電気にもありました。

daruma(2018/05/07 Mon 14:27) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^39: 正弦波発振器

梅澤に79L12がありました。2SK30は箱だけ有りましたがカラでした。もう入荷しないでしょう。
1.5D2Vが有って、思ったより柔らかかったので買ってきました。これで作ってみて、コネクタの首がうまく処理できなかったらシールド線にします。
あとは秋月とGarrettaudioからの到着を待つばかりです。
が、明後日から週末まで小旅行です。工作はおあずけです。

inara1(2018/05/07 Mon 16:19) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^40: 正弦波発振器

私はまだ連休が続いています。有給休暇がかなり残っているので今月から半分くらい休むことにしました。

>2SK30は箱だけ有りましたがカラでした
高くなったから皆買いに走ったのでしょうか。

>Garrettaudioからの到着を待つばかり
ここですか。
http://www.garrettaudio.com/
1人5個までに制限されていますね。ヤフオクで高値で取引されているにに100円とは良心的ですが本物でしょうか。「特定商取引法に基づく表記」があるので怪しいショップではないと思いますが。

daruma(2018/05/07 Mon 18:32) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^41: 正弦波発振器

> 高くなったから皆買いに走ったのでしょうか。

皆というほどの客はいないと思います。単に、無くなってそれっきりだと。

Garrettaudioは小さな個人業者のようですが、だいじょうぶだと思います。YとGRを5個ずつ買いました。安値というより高騰していない値段だということでしょう。サトー電気も同じような価格です。こちらは個数制限ありません。ひっそりと眠っている在庫なのではないかと思います。東芝と明記はありませんが、タイムスリップしたような店ですから。

inara1(2018/05/08 Tue 07:54) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^42: 正弦波発振器

>皆というほどの客はいない
そんなにお客が来ない店なのですか。

>単に、無くなってそれっきり
入荷できなくなったのですね。

サトー出電気で在庫している東芝製の2SK30をオークションに出せばボロ儲けできそうですが、そんなことをすると罰せられるのでしょうか。

daruma(2018/05/08 Tue 08:50) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^43: 正弦波発振器

JPG 1024x768 87.3kb

> そんなにお客が来ない店なのですか。

たいがい二三人の客がいて誰もいないということはめったにありませんが、買いに走るとか殺到するとか、それほどの需要はこの街に無いようです。正月の「詰め放題300円」も、10日頃に終了するまでいつ行っても買えました。

ディスコン品どころか、ありきたりの物も品切れになるとなかなか入荷しません。LM358も数か月前からありません。8ピンのICソケットも単三×2の電池ボックスも。

夏休みの子ども工作会に、「イライラ棒のようなもの」を作ることにしました。aitendoのパトカー音モジュール100円にトランジスタ1個と100円のスピーカーを付けて、アルミ針金に接触すると警報が鳴りゴールインするとLEDが点くようにしました。LEDは2mAなのに警報は160mAも喰います。ハンダ付け仕事は無理なので、短い被覆線を出しておいて子どもは線をよじって繋ぐだけです。

daruma(2018/05/09 Wed 11:50) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^44: 正弦波発振器

JPG 960x720 109.4kb

振幅オフセット調整基板に周波数カウンター用の5Vとオシロ用の9Vの電源を入れました。

inara1(2018/05/09 Wed 13:43) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^45: 正弦波発振器

JPG 1134x1512 458.4kb

7805のIN側の配線が間違ってませんか。

daruma(2018/05/09 Wed 16:36) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^46: 正弦波発振器

あらら、ドジしてしまいました。
いま苫小牧のフェリー乗り場です。仙台から新潟の秘境の湯をめざします。帰宅したら直して実作です。

inara1(2018/05/09 Wed 16:43) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^47: 正弦波発振器

既に製作に取り掛かっているのかと思ったですが間に合いましたか。

明日から2日間は会社です。来週も木曜と金曜だけの出社(週休5日)にする予定です。

daruma(2018/05/09 Wed 16:49) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^48: 正弦波発振器

またまた近似チャットですね。
日曜に帰宅します。リタイア人の車旅です。

daruma(2018/05/13 Sun 14:16) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^49: 正弦波発振器

JPG 458x258 51.2kb

今朝帰宅して、せっせと作っている最中です。

Garrettaudioから届いた2SK30Yです。リードはフォーミングしてありません。東芝製の物かどうかこの写真で判別できますか。

inara1(2018/05/13 Sun 15:07) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^50: 正弦波発振器

JPG 1280x720 216.2kb

>東芝製の物かどうかこの写真で判別できますか
こちらにある東芝製と同じように見えます。

daruma(2018/05/13 Sun 15:51) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^51: 正弦波発振器

JPG 1024x768 171.1kb

同じに見えますね。ネットで、偽の印字をしたものやレーザー刻印までしたものがあるという記事がありました。まずは一安心。

回路図
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=3877.jpg
に貼ってある79L12の写真は縦に少し長いですが、梅澤で買ったものは2SC1815と同じ寸法です。これはメーカーによる違いでしょうか。包装のラベルにはMC79L12ACPG-2Pと書いてあります。どうも疑心暗鬼です。

inara1(2018/05/13 Sun 16:52) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^52: 正弦波発振器

>偽の印字をしたものやレーザー刻印までしたものがあるという記事がありました
偽物が多いのはオーディオ マニアが好んで使う高価な(1000円以上の)オペアンプというのは良く耳にしますが、2SK30でもついに偽物が出始めたのですか。

こちらにある2SK30の写真
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=3972.jpg
は3種類(ロット違い)あるのですが、右端の2個だけ字体が違います。これを買ったのは1個5円くらいの時代なので偽物ではなく、製造年が古いからだと思います。1個5円の部品の偽物を作ってもうま味がありません。

>梅澤でかったものは2SC1815と同じ寸法です。これはメーカーによるちがいでしょうか。
こんな格安の三端子レギュレータに偽物はないと思います。既に実装しているので手遅れですが、こちらでは三端子レギュレータを使うときは、実装前にブレッドボードで動作確認しています(端子配列の確認も兼ねて)。78Lxxや79Lxxシリーズの三端子レギュレータは端子配列は同じです。MC79L12ACPGのデータシートの1ページ目に端子配列が出ています。
https://docs-apac.rs-online.com/webdocs/1574/0900766b81574bf9.pdf

inara1(2018/05/13 Sun 17:01) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^53: 正弦波発振器

2SK30の偽物はあるようですね。
http://uskd.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

そのサイトの印字を見ると、こちらにあるものはオリジナルのようです(2種類の字体も同じ)。

daruma(2018/05/13 Sun 17:23) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^54: 正弦波発振器

> 78Lxxや79Lxxシリーズの三端子レギュレータは端子配列は同じです。

78xxは、1:IN 2:GND 3:OUT、78Lxxは、1:OUT 2:GND 3:IN、Lが付くと裏返し、これが間違いやすいです。
79Lxxは、1:GND 2:IN 3:OUT、ですね。

> 2SK30の偽物はあるようですね。
> http://uskd.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

私が見たのもそのサイトでした。
高いから偽物を作る、安いものは作らない、確かにそうですね。

ところで、正弦波発振器回路中の1μF(BP)2個、手もちに有ると思ったら有りませんでした。inara1さんの写真を見ると積層セラコンを使っているようですから、それでもいいですよね。積層セラコン1μFなら有ります。

inara1(2018/05/13 Sun 17:34) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^55: 正弦波発振器

正電圧用の78xxと78Lxxは端子配列が違いINとOUTが逆です。負電圧用の79シリーズは正電圧用の78シリーズと配列が違うんですね。なぜ統一できなかったのか謎です。

>inara1さんの写真を見ると積層セラコンを使っているようですから、それでもいいですよね。
積層セラコンでいいです。

明日は休みにするつもりでしたが会社に行きます。

daruma(2018/05/13 Sun 17:45) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^56: 正弦波発振器

> 積層セラコンでいいです。

了解です。

> 明日は休みにするつもりでしたが会社に行きます。

お疲れ様です。私は朝1時間くらいの顔出しでそのあと梅澤に行ってヒートシンクを買ってきます。

daruma(2018/05/14 Mon 16:20) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^57: 正弦波発振器

JPG 1004x709 385.9kb

正弦波発振基板、一発完動です。
バンドのコンデンサは、0.22μFを付けています。
周波数VRで変化します。振幅半固定も調整できます。歪み半固定は左に回すとフラットに近くなりその少し右でこんな様子です。さらに右へ回すと振幅が大きくなって谷の形が悪くなります。
オシロで波形は静止しています。流れることはありません。

周波数VRを回すと周波数とともに振幅も変化し、左へ大きく回すとフラットになります。これはそんなものでしょうか。

daruma(2018/05/14 Mon 16:36) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^58: 正弦波発振器

JPG 1024x768 188.6kb

これから作る調整・電源基板とぴったり真上に電源と信号のピンを移動しました。外からのDCinをこの基板に入れ階下の調整・電源基板にも持っていくためにこれも真上になる位置にピンを出しました。ピン間は空中配線で横断です。

inara1(2018/05/14 Mon 18:09) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^59: 正弦波発振器

>周波数VRを回すと周波数とともに振幅も変化し、左へ大きく回すとフラットになります。これはそんなものでしょうか。
それではダメです。周波数ボリュームを最低周波数に固定して、振幅調整半固定を最低(振幅が最小になるようにする)にした状態で、出力振幅(山から谷までの電圧差)が15Vpp(ピーク to ピーク電圧)くらいになるように歪調整半固定を調整してください。

darumaさんのオシロの波形表示の右下に出ているPK-PKの数値がピーク to ピーク電圧です。出力振幅が15Vppくらいになるようにすれば、周波数を高くしても振幅は一定になります。

こちらで実験したときは、周波数ボリュームを最低周波数にしたときの振幅が15Vppより小さいと、周波数を高くしたときに発振しなくなってしまいました。

0.22μFだと、こちらの実験結果では、周波数範囲は79Hz〜1.50kHzでしたが、そのような範囲になっていますか?

周波数調整ボリュームはを右に回すほど周波数が高くなるのが自然ですがそのようになっていますか。

明日・明後日はお休みです。有給休暇がかなり残っているので消化します。

daruma(2018/05/14 Mon 18:17) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^60: 正弦波発振器

> それではダメです。

あらら、なかなか一発とはいかないものですね。
それは、調整で追い込んでいけばいい問題ですか。それとも、どこか不具合があってこうなのでしょうか。

> 周波数調整ボリュームはを右に回すほど周波数が高くなるのが自然ですがそのようになっていますか。

はい、それはそうなっています。

これからじっくり調整してみます。明日は仕事が午後に1件入っているだけなんですが、夕方までかかるのがつらい(贅沢ですが)です。

inara1(2018/05/14 Mon 18:31) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^61: 正弦波発振器

>それは、調整で追い込んでいけばいい問題ですか
調整の問題です。こちらでも最初はそうなりました。この回路では、新たに振幅調整できるようにしましたが、振幅調整の半固定抵抗は左に回し切ったところ(振幅が最も小さくなるところ)が一番いいことが分かりました。

振幅調整の半固定抵抗を左に回し切ったところにして、歪調整用の半固定抵抗を調整して、「正弦波発振回路の出力」が15Vppくらいになるようにするのが一番いいようです。

この調整のときは、「振幅・オフセット調整回路」を通さないで、「正弦波発振回路の出力」で測定してください。

daruma(2018/05/14 Mon 18:53) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^62: 正弦波発振器

できました。

> 周波数ボリュームを最低周波数に固定して、振幅調整半固定を最低(振幅が最小になるようにする)にした状態で、出力振幅(山から谷までの電圧差)が15Vpp(ピーク to ピーク電圧)くらいになるように歪調整半固定を調整

これでうまくいきました。

PK-PKなどの値表示が、PC画面には出ているのですがオシロ本体の画面内にはありません。

周波数カウンタは1枚目のがありますが、三角波矩形波版から電源を取っているのですぐにはこちらに繋げません。オシロで周波数を読み取ることができるでしょうか。

製作を続行して明日には周波数カウンター付きで実験できるようにします。

inara1(2018/05/14 Mon 19:07) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^63: 正弦波発振器

> できました
できましたか。この回路は私が設計したものではないので、どうすればどうなるのか、最初はよく分かりませんでした(正弦波発振回路はアナログ回路では難関です)。

>オシロで周波数を読み取ることができるでしょうか
darumaさんのオシロの表示に周波数が出ていませんか。こちらのオシロでは周波数が出ます(なので周波数カウンタは不要)。

>製作を続行して明日には周波数カウンター付きで実験できるようにします。
波形の1周期の時間から計算できます。周波数[Hz]=1/周期[秒] です。

daruma(2018/05/15 Tue 11:02) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^64: 正弦波発振器

JPG 1024x768 151.8kb

ロータリースイッチを付けました。
コンデンサは三角波矩形波版と同じ赤い角型です。見た目で選びましたが、WIMAというのはこだわりののブランド品のようです。今回はGarrettoaudioから買いました。

各バンドちゃんと切り替わります。高いバンドでは振幅が変わる現象がまだ起きますが、とりあえず製作を続けます。歪み調整はけっこう微妙ですね。多回転半固定に取り替えるまでもないですか。

daruma(2018/05/16 Wed 17:57) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^65: 正弦波発振器

周波数カウンターへは調整回路から行くので、調整・電源基板を作ってから実験と、まもなくできあがりです。
調整基板からカウンターへはGNDもピンが出ていますが、カウンター側は信号線1本です。電源から+9VとGNDは行っていますが、三角波矩形波版と違ってこの電源回路は独立しているので電源GNDは回路GNDとは繋がっていません。カウンター入力は電源GNDと信号線1本でいいでしょうか。回路GNDを持っていく必要がありますか。

daruma(2018/05/16 Wed 23:53) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^66: 正弦波発振器

JPG 1004x709 378.4kb

いらぬ心配だったようです。調整基板の「カウンタの入力へ+」だけ引いて行って−側は接続しない状態で動作しています。

周波数範囲は低いレンジから、
・0.007〜0.151
・0.070〜1.572
・0.690〜15.812
・6.455〜128.26
の表示値です。最下位LEDは整数位が10を越えたときのみ表示されます。

オシロの波形も周波数に応じ変化しますが、低レンジで歪み調整をした状態だと最高レンジの19.516以上で不安定になり発振が止まります。この状態で歪み調整をすると上のほうまで発振しますが、今度は低レンジにしたときの波形が少々崩れます。(添付)

daruma(2018/05/17 Thu 00:06) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^67: 正弦波発振器

JPG 1024x768 157.0kb

ケーブルがたくさんになるので、1階と2階を結ぶこんなものを作ってみました。

ヒートシンクの背が高いので、スペーサーはとりあえず継ぎ足しです。

daruma(2018/05/19 Sat 16:46) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^68: 正弦波発振器

JPG 1024x768 184.7kb

2枚目の周波数カウンターも無事動作して、オシロスコープにとりかかっています。液晶とスイッチを回路基板から離してパネル付けにするのですが、それらを繋がないことには動作チェックもできないので、サブ基板を作っています。パネルに顔を出すよう段差を設けるのに、スライドスイッチは2mmピッチだったのでその部分だけ2mmピッチ基板です。何かのときに買ったのが有ってなんとかなりました。

正弦波発生器の歪み調整はなかなか微妙なようですが、周波数によってその都度調整しなければならないようなら、半固定でなくパネルにVRを出す方がいいでしょうか。

inara1(2018/05/23 Wed 13:09) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^69: 正弦波発振器

>正弦波発生器の歪み調整はなかなか微妙
こちらで作ったものは微妙ではないです(半固定で充分)。全ての周波数範囲で振幅は安定しています。

以下の手順で調整してみてください。調整では「振幅・オフセット調整基板」は不要です。メイン基板の歪調整VRの左にある振幅調整VRは左に回し切っておいてください(ここはいじらない)。

(1) 歪調整VRを左に回し切った状態で、周波数レンジを最低、周波数調整VRを左に回し切った状態にする。このときはまだ発振しませんが、発振すれば最低周波数(7Hzくらい)になります。

(2) 歪調整VRを右に半分以上回していくと発振が始まるようになる。「メイン基板の出力の振幅」が14Vpp〜15Vpp(山から谷まで14V〜15V)となるように調整する。

(3) 周波数調整VRを右に回し切ったときの波形を見て、振幅が15Vppくらいに保持されていることを確認する。

(4) 他の周波数レンジに切り替えても振幅が15Vppくらいに保持されていることを確認する。

daruma(2018/05/23 Wed 17:25) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^70: 正弦波発振器

JPG 1024x768 175.4kb

やっとケーブル付けの山から抜け出しました。オシロの回路基板から液晶基板へは、液晶40ピンとスライドスイッチ、タクトスイッチ、LEDが伸びています。フラットケーブル40芯は取り回しにくくて、ケースへの配置は基板を90°ひねった方がよさそうです。

さて、オシロはすんなり動作しました。

そうですか。調整微妙ではないのが正しい姿なんですね。
なにしろ、ご覧のようにICクリップのスパゲッティなので接続に怪しさがあります。触ったら止まったとか乱れたとか。そのせいかも知れません。

ちゃんと試運転が確定してから次のステージへというのが本当とは思いますが、ケースに収めて基板間接続をきちんとしてから調整しようかと思います。

回路個々での実験では、書いてくださった手順とポイントがクリアできているように思います。

inara1(2018/05/23 Wed 17:39) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^71: 正弦波発振器

ケーブルだらけですね。表示されている波形はかなり歪んでいますが、調整前なのでしょう。

>ケースに収めて基板間接続をきちんとしてから調整
そうしてください。

今週から週休5日にしました。木金だけ出勤して他はお休みです。

daruma(2018/05/23 Wed 17:52) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^72: 正弦波発振器

大きくて高価なケースになりそうで悩んでいます。このところいろいろ買って苦しい年金生活者です。

> 今週から週休5日にしました。木金だけ出勤して他はお休みです。
ゆとりの日々ですね。

daruma(2018/05/27 Sun 10:12) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^73: 正弦波発振器

JPG 2162x2497 721.3kb

ケースフロントパネルは満艦飾(古めかしい言葉ですね)で、大きくて高価なケースを発注してしまいました。
http://www.takachi-el.co.jp/data/pdf/2016-08-001.pdf
このなかでも一番デカいUC18-21-34です。フロントの広さで選んだら、奥行が340mmもあります。

さて、出力を外部取り出し用と内蔵オシロに接続用とふたつずつ設けるのですが、三角波矩形波版のほうの話でシールド線にしないほうがよいとのこと、これは正弦波版でも同じですか。
BNCコネクタに出すのでそのGNDはどうしたらいいでしょう。正弦波版は+-のピンが並んでいるので1.5D2Vで引くとして、三角波矩形波版はどこかGNDに繋げばいいですか。

inara1(2018/05/27 Sun 13:19) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^74: 正弦波発振器

>このなかでも一番デカいUC18-21-34です
高価ですね。2.6kgとは重いですね。奥行が長いと昔のDC電源みたいです。

>出力を外部取り出し用と内蔵オシロに接続用とふたつずつ設けるのですが、三角波矩形波版のほうの話でシールド線にしないほうがよい?
シールド線にしないほうがいいのは、ロータリースイッチで周波数バンドを切り替えるところの配線です。

振幅・オフセット調整基板の配線図
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=3945.jpg
の上端の3か所の信号のうち、周波数カウンタへの信号ラインはインピーダンスが高いのでシールド線を使わないほうがいいです。筐体のレイアウトを見ると、周波数カウンタへの信号もBNCコネクタでパネル前面に出して、再びBNCコネクタ経由で周波数カウンタに入れるようになっているようですが、ケーブルが30cm以内なら問題ないと思います。

他の「正弦波発振器から」と「振幅・オフセット調整後の信号」はオペアンプの出力(インピーダンスが低い)なので、シールド線でも構いませんが、あまり長いとオペアンプが発振するかもしれません。

>BNCコネクタに出すのでそのGNDはどうしたらいいでしょう
上の配線図のコネクタに書かれている−端子をGNDとしてください。

>三角波矩形波版はどこかGNDに繋げばいいですか。
配線図
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=3867.jpg
の上側のコネクタのAmpVRの右端がGNDになっています。

daruma(2018/05/27 Sun 15:47) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^75: 正弦波発振器

JPG 568x241 103.4kb

シールド線を使わないとなるとBNCのGNDは?と思ったものですから。
使わないほうがというのはロータリースイッチのところだけなんですね。わかりました。

内蔵オシロ行きと外部出力行きでBNCを芋づるにするのもスマートじゃないなと思って、基板の出力ピンを2組にしました。図の左が正弦波版、右が三角波矩形波版です。

> 周波数カウンタへの信号もBNCコネクタでパネル前面に出して、再びBNCコネクタ経由で周波数カウンタに入れるようになっているようですが、

スイッチで切り替えるよりシンプルな形にということでそうしました。1階2世帯2階1世帯の集合住宅です。

> 「振幅・オフセット調整後の信号」はオペアンプの出力(インピーダンスが低い)なので、シールド線でも構いませんが、あまり長いとオペアンプが発振するかもしれません。

ケースが広いですから、ちょっと心配です。奥はガランと空けて手前に寄せて配置します。
もしシールド線を使わないとすると、単線で引いてBNCのGNDは別に引くということですか?

ケースの奥半分にあとから何か入れておくものは無いでしょうかねえ。表示部も操作部もいらない黙って働くもの。

ACアダプタを中に入れてリアパネルにはACをというのは、ノイズの心配でやめたほうがいいですよね。アルミシャーシで覆えばいいですか。そうまでしなくても外からDC供給にしておけばいいことですね。

daruma(2018/06/05 Tue 12:06) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^76: 正弦波発振器

JPG 1024x768 182.9kb

ずっと板金仕事にかかっていました。
こんなふうに、アルミシャーシを改造して基板を取り付けることにしました。1階の箱内に裏から両回路の発振器基板を並べています。パネルも済みましたが、VRの回り止め小穴を開けようか裏にナットを入れて突起が出ないようにしようか思案しています。小さなツマミを付けることになるので、小穴が露出するかもしれないので。

ところで、周波数VRの微調整ですが、1,2ピンを短絡したVR2個を直列にすればよいのですよね。単に抵抗値の増減なのでそれでよいと思うのですが、これが仮に摺動子両側の増減を取る使い方の場合はどうでしょう。2個直列で2ピンどうしを結んだ一端を中点とすればいいのでしょうか。

inara1(2018/06/06 Wed 11:01) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^77: 正弦波発振器

JPG 567x794 52.5kb

1,2ピンを短絡したVR2個を直列は添付図の(1)のことでしょうか。

2個直列で2ピンどうしを結んだ一端を中点とするというのは、添付図の(2)のことでしょうか。

どちらも調節範囲は同じです。(2)はVR2のほうの増減方向が(1)とは逆になりますが、1pinと3pinの配線を入れ替えれば同じになります。

daruma(2018/06/06 Wed 11:32) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^78: 正弦波発振器

どちらでも同じということ、了解です。伺いたかったのは、今回の回路ではなく3ピンをそれぞれ使って右が増えれば左が減るといった使い方の場合です。(2)で中点を2ピンとすればよいのでしょうか。2ピンを結んだ中央を取り出すか左右どちらかをとりだすかで変化範囲は少し異なる気がしますが、頭の整理がつきません。

あれ、それでも同じことかな。いずれにしても、微調整用に加えたぶん最大抵抗値が増えて範囲が広がることに変わりありませんか。

daruma(2018/06/17 Sun 21:30) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^78: 正弦波発振器

JPG 2008x705 790.2kb

ご無沙汰しました。ようやくケースに収まりました。
正弦波はきれいに調整できました。が、矩形波がひずんで表示されます。発振自体は正常なようで、外部オシロでは左図のように観察できます。それが内蔵オシロでは右図のようになるのです。三角波はきれいに表示されます。

daruma(2018/06/17 Sun 21:45) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^79: 正弦波発振器

JPG 1024x768 179.6kb

内蔵オシロの側の問題だと思われますが、ケーブルのせいでしょうか。発振器出力から1.7D2Vを2本パラにして、一方は10cmくらいの長さでBNCコネクタへ(前掲左図はそこから外部オシロに入れています)、もう一方は25cmくらいの長さでもうひとつのBNCコネクタへ、そこからaitendoの16cmケーブルで内蔵オシロの入力側BNCコネクタに接続し、20cmくらいの1.7D2Vでオシロ基板に入っています。
発振器基板のヘッダピンへは、1.7D2Vの芯線編線それぞれから3cmほど撚線を付けてヘッダソケットにハンダづけしています(芯線編線を直接ソケットのピンにハンダ付けするのは苦しいので)。
正弦波回路も同様の経路です。

inara1(2018/06/18 Mon 02:08) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^80: 正弦波発振器

>内蔵オシロの側の問題だと思われます
内蔵オシロの周波数補正をしていないからだと思います。ケーブルの浮遊容量が原因の場合は、逆になまった(丸っこい)波形になるはずです。

ここ
https://blogs.yahoo.co.jp/miwa123456jp/19038919.html
の冒頭に書かれた「プローブ補正用のトリマコンデンサC4,C6があります」のところに書いてあるように、トリマコンデンサを調整して、きれいな矩形波になるようにしてください。SEN1(垂直感度)が100mVのときはC4を、1VのときはC6を調整します。

そのブログに書いてありますが、入力を短絡してもノイズが出るとか、電圧精度が良くないなどの欠点はありますが、波形モニタ用と割り切るしかないです。

写真を見ると本格的な測定器のようですね。

こちらの正弦波発振器は2連ボリュームを作るところで止まっています。千石電商でΦ5mmの平ギアとベアリングを購入しましたが、ほったらかしです。

daruma(2018/06/18 Mon 14:27) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^81: 正弦波発振器

JPG 3072x768 1152.9kb

トリマコンデンサを調整してみました。0.1Vは角が少し残ります。1mV は丸みが少し残ります。1Vはひどいです。サメの背びれです。トリマコンデンサを回しても変化ありません。

inara1(2018/06/18 Mon 16:21) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^82: 正弦波発振器

>1mV は丸みが少し残ります
C2を150pFまたは100pFに変更してみてください。

>0.1Vは角が少し残ります
C4と並列に20pFを入れてみてください。

>1Vはひどいです
C7は120pFになっていますか。

daruma(2018/06/18 Mon 18:05) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^83: 正弦波発振器

> C7は120pFになっていますか。
なっています。121です。
コンデンサの値全て点検しました。OKです。

> C2を150pFまたは100pFに変更してみてください。
> C4と並列に20pFを入れてみてください。

これはまだやっていませんが、トリマコンデンサを壊してしまったかもしれません。
はじめは50年前の調整ドライバ
http://www.hozan.co.jp/catalog/tools/D-29-100.html
で回したんですが、柄が長くてつかえるので、精密ドライバの[−]や[+]を使いました。うまくかみ合っていなかったようです。トリマコンデンサをよくみると、プラスネジの頭とも違う浅くて幅広な十字が切ってあるのですね。へんだなへんだなとごりごり何周も回しているうちにどうかなってしまったのではと危惧します。手応えがたよりなくて・・・。

コンデンサの変更はひと休みしてからにします。

daruma(2018/06/19 Tue 09:49) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^84: 正弦波発振器

C2の330pFを100pFに交換しました。
C4の5-30pFに22pF(積層セラコン)を並列追加しました。

結果。状況は変わりません。トリマコンデンサを回しても変化は見られません。
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=article&id=4113&page=1
では、回しているうちにいくらか改善されたかに見えた状況ですが、「たまたまいくらか」だったのかと思います。

トリマコンデンサは、若干の角度変化で値が変わるのですよね。ぐるぐる回して無変化てのは? トリマコンデンサ自体の不具合か、あるいはここの容量変化が反映されないようなことになっているのか、どうなんでしょう。トリマコンデンサのハンダが、足が大きいぶんたくさん乗っていますが、ランドからはみ出して周囲に短絡したなんてことが考えられるでしょうか。

daruma(2018/06/19 Tue 16:18) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^85: 正弦波発振器

JPG 1024x768 137.9kb

トリマコンデンサを疑って梅澤に走ったのですが、1個800円とかのいかにも高級そうなフィルムトリマしか無く外形サイズも違っていたので買いませんでした。秋月にあるのは付属のと同じ形なのですが、4個100円のものだけ発注するのもためらわれます。
壊れた可能性は低いですか?

きれいな波形にならない以前に、トリマコンデンサで調整がきかないことが問題ですよね。
> ランドからはみ出して周囲に短絡したなんてことが考えられるでしょうか。
ハンダを吸い取ってあげなおしましたが、事態はかわりません。

無線仲間が同じオシロキットをもっているので、7月のお泊り会のときにこの発振器の出力を入れて比較させてもらいます。

とりあえず蓋をしました。こんな姿です。

daruma(2018/06/19 Tue 16:28) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^86: 正弦波発振器

JPG 768x1024 152.3kb

フロントパネルです。ビスの頭が露出するのはいやだったのですが、内部構造的にたいへんで妥協しました。せめて六角穴の「キャップボルト」でかっこうつけました。
文字入れは量が多いですし波形の図表示を入れたかったので、パネル全面サイズのシールフィルムにWordで印刷して貼りました。埃や気泡が入ったのはあきらめどころです。

振幅をAMPLITUDEとフルスペルは長いので略し方(音節で切るところがきまってるんですよね)を調べたら、面白いところ
http://www.twj.co.jp/helpline/shortword/main.htm
を見つけました。

daruma(2018/06/19 Tue 16:33) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^87: 正弦波発振器

JPG 1024x768 141.3kb

インナーシャーシは安いアルミケースの蓋側を身側にかぶせず隣に並べて元のビス穴でとめただけです(ケーブルをくぐらせる穴を切り抜きましたが)。この手は今後使えるなと思いました。
フロントパネルに向いた側にはオシロ基板とカウンター基板、裏向きの箱内に発振基板を置きました。

daruma(2018/06/19 Tue 16:36) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^88: 正弦波発振器

JPG 1024x768 179.0kb

ケースは奥行きが過剰に長くて、半分は空地です。なにか使い道はないかと考えているのですが・・。
マルサ対策の隠し金庫も要らないし。

表示部も操作部もない物。トランス式の安定化電源あたりどうでしよう。3V,6V,9V,12Vの固定出力で、後ろに出しておくほか9Vは本機でも使うことに。
机まわりにACアダプタをいくつも用意する必要が無くなりますが、これまで別にスイッチングのノイズで困ったことも無いし、必要感低いです。トランスに常時通電てのもなんだし。

※ 返信数99が近づいてきたので、節約して追記で書きます。

基板右上のテストピンから矩形波が出ていることがわかりました。
クリップでそこから信号を取ると、今度はトリマの角度で調整がききます。でも、完全に矩形波にはならず角が残る程度が精いっぱいです。
SEN1を1Vにすると、上下がはみ出してしまって矩形が観察できません。

SELボタンを長押しすると数値表示が現れました。

現在はコンデンサの変更を元に戻した状態です。これから、C2の変更とC4の追加をしてみます。

※※ C2を100pFにしました。違いはみられません。
加えて、C4に22pFを追加しました。調整点をちょっと動かして角が若干丸みを帯びてフラットに近くなったかもしれません。気のせい程度ですが。
C4への追加はそのままにして、C2を330pFに戻しました。さっきの調整で動かしたぶん角の丸みが増したので再調整し、「完全に矩形波にはならず角が残る程度」に戻りました。
スルーホールのハンダ吸い取りと再ハンダが上達しました。

Tomo(2018/05/26 Sat 13:44) [ 編集 ] [ 返信 ]

船のライト用スイッチ

前回8チャンネルオーディオセクターでお世話になりました。
今回は船のスイッチボックスを作りたく投稿させて頂きます。
本電源は24V(24〜28V)
制御するのは電球やLEDライト等です。
12回路図を予定しています。
スイッチはこれ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-04075/
を使い一度押してオン、もう一度押してオフになる、オン時にはスイッチのLEDが光るようにしたいです。
フリップフロップ回路を使うといけるようなのですがよく分かりません。
IC を使うと制御分の電源は5Vが良いかと思い制御分の電源は
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-02038/
を使い5Vで
リレーも5Vのこれ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-06696/
を使いたいと思っています。
全体的な回路がわかりません。
今回もお力をお借りしたくよろしくお願いいたします。

mail

inara1(2018/05/26 Sat 15:06) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: 船のライト用スイッチ

24V(24〜28V)で電球やLEDライト等を点灯させ、リレーでON/OFF制御するのですか。

>12回路図を予定しています。
これはどういう意味でしょうか。

>スイッチはこれ
そのスイッチは持っています。電球やLEDライト等を点灯させたとき、そのスイッチのLEDも点灯するようにしたほうがいいですか。

>フリップフロップ回路を使うといけるようなのですが
TC74HC74を使えばできます(この型番でないと正常動作しない)。
TC74HC74AP http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-10879/

部品は手元にあるので実験してみます。うまくいったら回路図を紹介します。

Tomo(2018/05/26 Sat 18:27) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^2: 船のライト用スイッチ

すみません、12回路分の間違いです。
制御したいライトが8個ありその他は今後つかうかもしれないのでスイッチとリレーは12個使いたいと思っています。
スイッチのLED はオンしたら電灯してオフしたら消灯するようにしたいです。

mail

inara1(2018/05/28 Mon 09:05) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^3: 船のライト用スイッチ

>12回路分の間違いです
分かりました。74HC74を使ったON/OFF回路で12個のリレーを制御するのですね。

ブレッドボードで動作確認はできましたが、部品はすでに購入しているのですか?

予定している5Vのリレー
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-06696/
は動作電流が180mAとかなり大きく、12個同時にONさせると2.2Aの電流が必要です。そのために、3AのDC-DCコンバータ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-02038/
を使うのだと思います。

しかし、24Vのリレー
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-05778/
を使えばDC-DCコンバータは不要になります(電源電圧で直接駆動できる)。

5V用リレーを使った場合でも、24V用リレー使った場合でも、リレーの駆動にはトランジスタが必要ですが、リレーの駆動電流は、5V用が180mA、24V用が36mAとかなり違います。180mAの電流を流せるトランジスタはやや特殊になりますが、24V用リレーなら電流が小さいので2SC1815などが使えます。

74HC74は5V電源が必要ですが消費電流は数mAと非常に小さいので、三端子レギュレータ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-08678/
を使って24Vから5Vを作ればいいです。

>スイッチのLED はオンしたら電灯してオフしたら消灯するようにしたい
そうなるような回路にしました。

Tomo(2018/05/28 Mon 10:37) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^4: 船のライト用スイッチ

部品はまだ注文していません。
回路がわかり次第注文する予定です。
リレーの電圧についてですが船の電圧がオルタネータによる発電の為、多少上下(24〜28程度で高くても30V までは上がらないと思いますが)すると思いますので安定化した方が良いのかと思っただめですが、24V仕様のリレーなら30V以下なら大丈夫かもしれませんね。
確かにIC電源はレギュレータで十分行けますね。
リレーは24V仕様で他の部品コンデンサ、トランジスター1815等は30Vでも使えますか?
よろしくお願いします。

mail

inara1(2018/05/28 Mon 15:07) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^5: 船のライト用スイッチ

>24V仕様のリレーなら30V以下なら大丈夫
データシートを見ると、24V用のリレーは18V以上でON、2.4V以下でOFFになると書かれているので、点灯させるLEDや電球が全部点灯したときでも電源電圧が18V以下にならなければ大丈夫です。その24Vリレーは手元あるので動作電圧範囲を確認してみます。

>回路がわかり次第注文する予定です
分かりました。リレー込みで実験してから回路図を紹介します。

>トランジスター1815等は30Vでも使えますか?
2SC1815の耐圧は60Vあるので大丈夫です。

ではこれから実験してみます。

Tomo(2018/05/28 Mon 15:12) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^6: 船のライト用スイッチ

わかりました、お願いします。

mail

tomo(2018/05/28 Mon 23:52) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^6: 船のライト用スイッチ

前回オーディオセレクターでこのトランジスタアレイを使ったのですが
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-09634/
今回の1815の代わりにこれ2個
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-09675/
を使うという方法もアリでしょうか?(リレー6個分をこれ1個で制御、7回路分なので1回路余りますが)
今回基盤を収めるケースが小さくリレー基盤と制御基板を分けて上側リレー基盤、下側制御基板でピンヘッダで重ねる(13バンドオーディオアナライザー制作時にも使いました)方式で行こうかと思うのですが基盤を眺めておおよその配置を考えていました、
リレー基盤はリレーのみ配置し(1個の基盤に12個)リレーの制御信号を下の制御基板から上げてくる感じです。
省スペースでダイオード内蔵かと思うのですが。
あとTC74HC74は2回路入りのようですがこれ一個でリレー2個分制御可能ということでしょうか?(リレー12個を6個のTC74HC74で制御可能?)

inara1(2018/05/29 Tue 09:05) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^7: 船のライト用スイッチ

PNG 1210x567 102.8kb

> 今回の1815の代わりにこれ2個
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-09675/
>を使うという方法もアリでしょうか?
それを使ってもいいです。添付した回路図はそれではなく、8チャネルのTD62083を使ったバージョンです。

>TC74HC74は2回路入りのようですがこれ一個でリレー2個分制御可能ということでしょうか?
1回路で全てのリレーをON/OFFします(もう1回路は未使用)。トランジスタアレイの入力電流が2個で合計15mAくらいあるので、2SC1815で駆動しています。

こちらには24Vリレーが2個しかないので、2個のリレーの他は470Ωの抵抗をリレー代わりにして動作確認しました。

LED付きスイッチのLEDは、トランジスタアレイの入力電圧が高くなったとき(リレーがONになったとき)に点灯します。このLEDが点灯/消灯すればトランジスタアレイの入力電圧が変化していることを確認できますが、リレーがちゃんと動作していることを示しているわけではありません。

5Vと24Vの電源ラインに入っている電解コンデンサ(100μFと2200μF)がないと、スイッチ動作が不安定(スイッチを押してもON/OFFが変わらない)になります。

三端子レギュレータは0.2Wくらいの発熱があるので。放熱フィン付きのもの(出力電流が1Aくらいのもの)を使ってください。外付けの放熱器は不要です。添付回路の端子配列もそのタイプのものになっています。

Tomo(2018/05/29 Tue 09:55) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^8: 船のライト用スイッチ

ありがとうございます。
しかし個の回路でしたらスイッチ一つで12個のリレーがオンしてしまいます。
スイッチ12個はそれぞれ別々にオン、オフしたいのですが

mail

Tomo(2018/05/29 Tue 10:10) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^9: 船のライト用スイッチ

すみません説明不足でした。
リレーとスイッチがセットで12チャンネル分のスイッチボックスです。
この74HC74の使っていない方を使うと一つで2チャンネル分制御できそうですね

mail

inara1(2018/05/29 Tue 12:49) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^10: 船のライト用スイッチ

JPG 1512x832 170.6kb

>リレーとスイッチがセットで12チャンネル分のスイッチボックス
独立したスイッチ回路なら添付図のようになります。

赤色の破線で囲った部分が2チャネル分のスイッチ回路なので、これを6個作れば12チャネルになります。

スイッチ回路の出力(CH1〜CH12)をリレー回路の入力に接続しますが、この部分の配線はあまり長くしないで下さい(10cm以内)

inara1(2018/05/29 Tue 09:59) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^8: 船のライト用スイッチ

JPG 1210x567 125.5kb

配線するときに、ロジック回路のGNDラインとリレー回路のGNDラインは同じ配線を共用しないように注意してください。

LEDのカソード(−)はリレー回路のGNDにつながっていまますが、LED信号にノイズが乗っても問題ないので、どちらのGNDにつないでもいいです。

Tomo(2018/05/29 Tue 15:12) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^9: 船のライト用スイッチ

ありがとうございます。
お手数かけて申し訳ありません。
早速今日部品注文してみたいと思います。
またわからない点出てきましたらよろしくお願いします。

mail

inara1(2018/05/29 Tue 15:42) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^10: 船のライト用スイッチ

JPG 1040x567 198.7kb

上の回路はブレッドボードで動作確認しています。リレーが2個しかないので2チャンネル分だけですが。

まずは2チャンネルでテストしてください。それがちゃんと動作すれば、残りのチャンネルを作製して全体の動作確認をしてください。いきなり全チャンネルで動作させて動かないと、原因が見つけにくくなります。

LED付きスイッチのLEDはちょっと明るすぎかもしれません。LED電流は2mAくらいですが、正面から見るとかなりまぶしいです。LEDと直列に入っている1kΩの抵抗値を大きくすれば暗くなるので適当に調整してください。

Tomo(2018/05/29 Tue 17:33) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^11: 船のライト用スイッチ

ありがとうございます。
ちなみにちょっと思ったのですがトランジスターアレイの残り4チャンネルとLM358Nとサーミスタを使ってファンを回す事は可能でしょうか?
リレー12個は多少熱出そうですしケースがプラスチックの小さめの為熱対策にと
例えば
24Vファン
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-10435/
サーミスタ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-05251
手持ちで358Nが数個あります。
可能ならある程度温度上がってから回り始め、温度によって回転数(電圧)が変わるような制御は可能でしょうか?

mail

Tomo(2018/05/29 Tue 21:27) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^12: 船のライト用スイッチ

過去に私が質問させて頂いた(ファン制御回路)のスレを記事検索で見つけました。
この回路を応用出来そうですか?
パネルメーターはなくても良いので暖かくなれば回り冷えれば止まる感じで、回転数制御は難しいなら無くても大丈夫かなと
こちらはサーミスタではなくトランジスターのような形の温度センサーを使っていますね
こちらの回路を教えて頂いてから部品は購入したのですがまだ作っていませんでした、時間を見つけてこちらも完成させたいと思います。

mail

inara1(2018/05/29 Tue 22:13) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^13: 船のライト用スイッチ

>過去に私が質問させて頂いた(ファン制御回路)のスレ
これですか。
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=thread&id=2076&page=12

その24Vファン
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-10435/
は手元にあります。5V以上で回転し始めます。電圧によって回転数が変わります。24Vだとかなりうるさいので最大12Vくらいで使ったほうがいいと思います。

上のファン制御回路で使っている温度センサ(LM35)は
温度[℃] = 100×センサ出力電圧[V]
という関係になっているので、電圧計でそのまま温度表示ができます。サーミスタは温度と抵抗の関係が比例関係にないので、温度表示が面倒です。

上のファン制御回路から温度表示を除いて、温度によってファンの回転数を変える物を考えてみます。

tsujiさん=Tomeさんなのですか?

tomo(2018/05/29 Tue 23:05) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^14: 船のライト用スイッチ

お手数かけてすみません。

上のファン制御回路から温度表示を除いて、温度によってファンの回転数を変える物を考えてみます。
↑お願いします。

tsujiさん=Tomoさんなのですか?
はいそうです、過去にどの名前で質問したか忘れていまして今回はTomoにしてみました、ややこしくてすみません、この掲示板は昔からお世話になっています。
今まで教えていただきながら作ったのは
・レベルメーター付き6チャンネルオーディオセレクター(旧掲示板)
・車庫の人間センサー(旧掲示板)
・オーティオアナライザー(オーディオアナライザーの間違い)
・ファン制御回路(長女、長男が生まれて忙しくなったため部品購入後未完成)
子育て一段落したので電子工作再開してみました。
今回のは知り合いの船のスイッチボックスです。
いつもお世話になっております。
今回もよろしくお願いします。

inara1(2018/06/10 Sun 03:22) [ 編集 ] [ 返信 ]


温度によってファンの回転数を変える

JPG 1512x1134 235.6kb

温度によってファンの回転数を変える回路を添付します。上のライトスイッチ回路の24Vと5Vを使うので、1つの回路にまとめました。

温度センサは、℃単位の温度と出力電圧が比例しているLM35を使っています。LM35の出力電圧がある値を超えると、温度差に比例してファンにかかる電圧が大きくなります。ファン電圧は以下の式で表わされます。

ファン電圧[V] = 2.5 + (R1/R2)*(センサ温度[℃]−動作開始温度[℃])/100

動作開始温度を30℃に設定した場合のファン電圧は以下のようになります。
30℃ → 2.5V(停止)
40℃ → 7.2V
50℃ → 11.9V
60℃ → 16.6V
70℃ → 21.3V

MMF-06G24ESという型番のファンは、5V以上かけないと回り始めないので、動作開始温度+5℃くらいになると回り始めます。LM317の最大出力電圧は、電源電圧(24V)-1.5Vくらいなので、ファン電圧の最大値は22.5V程度になります。

R1/R2を変えると、温度増加に対するファン電圧の増加率を変えられます。

動作モニタ用LEDはファン電圧が大きいほど明るくなりますが、ファン電圧の最低値は2.5Vなので、ファンが止まっていても、高輝度LEDだと弱く点灯します。

LM35DZ http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-00116/
LM358 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02324/
LM317 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-09713/
MMF-06G24ES http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-10435/

Tomo(2018/06/18 Mon 12:35) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: 温度によってファンの回転数を変える

回路図ありがとうございます。
さっそく部品手配したいと思います。

今月は出張が多くてなかなか完成にたどり着けていません。
今リレー基盤のリレー配置を考えながら試行錯誤しております。
ケースにリレーと基盤、スイッチ等...
考えていると配線のスペースがあまりないような気が...
まあなるようになるかと!
また少しずつ写真もアップして行こうと思います。

chy_farm(2018/05/31 Thu 21:11) [ 編集 ] [ 返信 ]

微小電流測定ユニットの発振について

GIF 1280x610 101.3kb

inara1さん、こんばんは。お世話になります。

以前、回路を作っていただいた微小電流測定ユニットのことで、また教えてください。

通常で使用するレンジはR9〜R7の範囲にしています。電流測定端子の二つを接続して0点を確認してから使用しています。

今日の質問はこの通常の使用ではないことで質問させてください。

以前、このように↓教えていただきました。


「Re: 5レンジ電流−電圧変換 - inara1
2012/04/23 (Mon) 19:03
7pin-6pin間に100pF程度のコンデンサを入れてみてはいかがでしょうか。オペアンプの反転入力端子(6pin)と出力端子(7pin)間に抵 抗を入れて電流−電圧変換させる回路では、抵抗値が大きくなると、反転入力端子の入力容量によって発振しやすくなります。これは周波数特性にピークができ るため(そのピーク周波数で発振する)ですが、反転入力端子(6pin)と出力端子(7pin)間にコンデンサを入れることで、ピークをなくすことができ ます。私がブレッドボードで組んだときの写真(上から2番目)では、リード線をよじっていますが、これには意味があります。1つは、「よじり」によって、 6pin-7pin間の線間容量が増えるために発振しにくくなっていること、もう1つは、ねじることで外来ノイズの影響を受けにくくする効果があります (ねじることで配線が作るループが小さくなるので磁束で誘起されるノイズが減る)。」

今度はこの発振を利用したいのです。

電源ON時に、手元のこのユニットでこの発振をオシロで測ると、
電流測定端子の両端子間で約32kHz,
測定端子を開放にして、出力端子間で約36kHz有ります。
(画像次の投稿にて)

の発振周波数を、これを中心に上下に変更させて実験したいのです。
どんなふうに改造すれば良いですか?

ご教示よろしくお願いします。

chy_farm(2018/05/31 Thu 21:13) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: 微小電流測定ユニットの発振について

JPG 370x278 49.8kb

電源ON時、
電流測定端子の両端子間で約32kHz、の画像です。

chy_farm(2018/05/31 Thu 21:14) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^2: 微小電流測定ユニットの発振について

JPG 370x278 48.2kb

電源ON時、
測定端子を開放にして、出力端子間で約36kHz、の画像です。

inara1(2018/06/01 Fri 00:53) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: 微小電流測定ユニットの発振について

その微小電流測定ユニットの回路図はこちら
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=2484.jpg
が正しいです(前の図はオペアンプの5pinと6pinの表記が逆)。

単に正弦波を作るのであればオペアンプを使った別の回路がいいです。周波数の調整範囲はどれくらいですか。振幅は1Vppくらい必要でしょうか。

chy_farm(2018/06/01 Fri 07:21) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^2: 微小電流測定ユニットの発振について

inara1さん、おはようございます。
早速にありがとうございます。

> その微小電流測定ユニットの回路図はこちら
> http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=2484.jpg
> が正しいです(前の図はオペアンプの5pinと6pinの表記が逆)。

↑ この回路について去年でしたか、別の質問したときにも教えてもらいましたね、うっかりして回路を更新してませんでした。ありがとうございます。

> 単に正弦波を作るのであればオペアンプを使った別の回路がいいです。周波数の調整範囲はどれくらいですか。振幅は1Vppくらい必要でしょうか。

↑ 周波数範囲は広いほうがありがたいです。
可変の方法は、ブレッドボードへ抵抗、コンデンサの差し替えでもOKです。
振幅はPeak-peakで500mV有れば十分です。

どうしても必要な要件は、
こちらの回路のように、テスターやオシロで電流値を測定できる、
という機能です。

目的は、ハートレー発振回路、コルピッツ発振回路、クラップ発振回路を作って、そこへこの電流測定回路からの小電圧のサイン波を入力しながら、各発振回路から返される波動をチェックする、というところにあります。

inara1(2018/06/01 Fri 17:36) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^3: 微小電流測定ユニットの発振について

>各発振回路から返される波動をチェックする
ハートレー、コルピッツ、クラップ発振回路はインダクタ(コイル)を使うので数十kHzの発振には適していません。どういうことをするのかよく分かりません。

数MHz〜数十MHzで発振している信号に対して数十kHzでAM変調するということでしょうか。

chy_farm(2018/06/01 Fri 21:13) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^4: 微小電流測定ユニットの発振について

> >各発振回路から返される波動をチェックする
> ハートレー、コルピッツ、クラップ発振回路はインダクタ(コイル)を使うので数十kHzの発振には適していません。どういうことをするのかよく分かりません。
>
> 数MHz〜数十MHzで発振している信号に対して数十kHzでAM変調するということでしょうか。

それぞれの回路に共振現象があるかどうか調べたいのです。むりでしょうか?

chy_farm(2018/06/02 Sat 07:42) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^5: 微小電流測定ユニットの発振について

まずは、この微小電流計の発振周波数を可変できれば用がたります。

それは可能ですか?

chy_farm(2018/06/05 Tue 22:41) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^6: 微小電流測定ユニットの発振について

inara1さん、

>>目的は、ハートレー発振回路、コルピッツ発振回路、クラップ発振回路を作って、そこへこの電流測定回路からの小電圧のサイン波を入力しながら、各発振回路から返される波動をチェックする、というところにあります。

↑これは考え違いでした。

代わりに実験したいことをまとめました。

微小電流入力端子側に、抵抗とコンデンサを並列にはさみます。
抵抗値を20MΩ〜1MΩまで変化させて、コンデンサを1pF〜10uFまで変化させて、そのときの入力端子側と、出力端子側の発振の様子を見たいです。

なので、この微小電流計の発振周波数を可変できれば良いです。
こういう改造回路は可能でしょうか?

inara1(2018/06/06 Wed 16:15) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^7: 微小電流測定ユニットの発振について

JPG 720x1040 126.9kb

添付図のような回路でしょうか。回路シミュレータで見てみると、電源投入直後は発振しますが1秒以内で発振が止まります。

電源投入直後の発振周波数は以下のようになりました。
C1=0.1uF→478Hz
C1=0.01μF→1.5kHz
C1=1000pF→4.7kHz
C1=100pF→発振しない

chy_farm(2018/06/07 Thu 22:17) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^8: 微小電流測定ユニットの発振について

JPG 1339x1608 302.6kb

inara1さん、こんばんは。お世話になります。

頂いた回路図を合わせて表示してみました。右上に昨日描いていただいたもの、その下に以前からのものです。

この中で緑囲いの部分、オレンジ囲いの部分はそれぞれ順に、

緑囲いの部分 => 帰還回路
オレンジ囲いの部分 => 基準電圧回路

という理解で正しいですか?

新しい回路をまだ作っていませんが、inara1さんのシミュレーションだと発振が1秒で収束するのですね。
今手元のは収束しないでずーと発振が続きます。

はじめに書きましたが、発振がまあまあ安定しています。
>電流測定端子の両端子間で約32kHz,
>測定端子を開放にして、出力端子間で約36kHz有ります

安定しないと実験で使えないのでこまるんです。

chy_farm(2018/06/10 Sun 18:25) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^9: 微小電流測定ユニットの発振について

inara1さん、こんばんは。お世話になります。

別の視点から質問させてください。

オペアンプが発振するとき、電源端子間に0.1uFのコンデンサを入れます。

この発振周波数と、発振を収めさせるコンデンサの容量には相関関係を表す関数があるのでしょうか?

よろしくお願いします。

inara1(2018/06/11 Mon 05:40) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^10: 微小電流測定ユニットの発振について

JPG 1040x680 66.4kb

最初の電流測定回路でchy_farmさんの発振回路を作るとすれば添付図のようになります。その回路で発振するか実験してみてください。

>オペアンプが発振するとき、電源端子間に0.1uFのコンデンサを入れます
意味が分かりません。0.1μFを入れると発振して、入れないと発振しないのですか。

電源端子間に0.1uFを入れないと電源ラインのインダクタンスの影響が入ってくるので、0.1μFの有無で発振周波数が変わる可能性はあります。しかし、普通はそのような原理に基づいた発振回路は作りません(再現性に乏しいので)。

chy_farm(2018/06/11 Mon 09:29) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^11: 微小電流測定ユニットの発振について

JPG 1040x680 63.2kb

> 最初の電流測定回路でchy_farmさんの発振回路を作るとすれば添付図のようになります。その回路で発振するか実験してみてください。

↑ありがとうございます。
添付図に入力端子を描きましたが、これで正しいですか?

> >オペアンプが発振するとき、電源端子間に0.1uFのコンデンサを入れます
> 意味が分かりません。0.1μFを入れると発振して、入れないと発振しないのですか。

↑入れないともっと発振しますが、入れた状態でも5/31に投稿したオシロ画像くらいの発振(32kHz)してます。

> 電源端子間に0.1uFを入れないと電源ラインのインダクタンスの影響が入ってくるので、0.1μFの有無で発振周波数が変わる可能性はあります。しかし、普通はそのような原理に基づいた発振回路は作りません(再現性に乏しいので)。

↑このインダクタンス、コンデンサ、発振周波数の関係を示すような関数はあるのでしょうか?
実際、小さいコンデンサをいくつか並列接続で試したら発振周波数が変わりました。

inara1(2018/06/11 Mon 11:40) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^12: 微小電流測定ユニットの発振について

>これで正しいですか?
最終的にその回路をどう使うのか分からないので正しいのかどうか分かりません。部品があるのならchy_farmさんのほうで実験してみてください。

>このインダクタンス、コンデンサ、発振周波数の関係を示すような関数はあるのでしょうか?
オペアンプの内部は複雑なので、簡単な関数で表わすことはできないと思います。

chy_farm(2018/06/15 Fri 18:55) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^13: 微小電流測定ユニットの発振について

お世話になります。とりあえず実験してみます。

sealockman(2018/06/13 Wed 03:11) [ 編集 ] [ 返信 ]

Nutube(直熱型双三極管)

JPG 640x480 26.1kb

秋月で見つけました。

◆Nutube 6P1 直熱型双三極管
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-11130/
◆評価基板
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-13411

本家KORGのサイトはここ↓
https://korgnutube.com/jp/

大幅な省エネ化(従来比2%以下)と省スペース化(同30%)を実現したとあります。

ただ、どうして端子部分の互換性をオプションパーツなどで用意していないのか疑問です。
かなりの需要が見込まれると思うのですが。

inara1(2018/06/13 Wed 04:49) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: Nutube(直熱型双三極管)

昨年8月にこの掲示板で紹介しています。
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=thread&id=3329&page=1#id3329

価格が高すぎます。

sealockman(2018/06/13 Wed 08:53) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^2: Nutube(直熱型双三極管)

> 昨年8月にこの掲示板で紹介しています。

のようですね...。失礼しました。

> 価格が高すぎます。

確かに。
おそらく半分くらいライセンス使用料かもしれないですね。

inara1(2018/06/13 Wed 09:55) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^3: Nutube(直熱型双三極管)

1年前から価格が5400円のまま変わってないということは、量産効果でコストダウンできるほど売れていないということでしょうか。

1000円くらいなら遊びで買ってみる気が起きます。

inara1(2018/05/12 Sat 10:26) [ 編集 ] [ 返信 ]

LED点滅(2)

JPG 720x1436 227.5kb

返信数が99に達したので新規に作成しました。

回転数計の較正用の100Hzのパルス発生回路の配線図を添付します。ダイオードブリッジはこちらで使ったこれ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-11666/
を想定した配線図ですが、外部のダイオードブリッジを使う場合は、配線図を適当に修正してください。

>AC12VからDCへ変換時のDOWNは無視して良いですか?DC10.4Vになります。
DOWNって何でしょうか。

inara1(2018/05/12 Sat 10:49) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: LED点滅(2)

JPG 1280x720 253.6kb

こちらでの動作確認写真です。

電源トランスは2次側がAC5Vのものを使いましたがちゃんと動作します。回転数計の3.3kΩを5kΩの多回転VRに変えて、それを調整して出力電圧が6Vちょうどとなるようにします。

motomura(2018/05/12 Sat 12:28) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^2: LED点滅(2)

>電源トランスは2次側がAC5Vのものを使いましたが

AC12VでもAC5Vでも作動しますか?

mail

motomura(2018/05/12 Sat 12:14) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: LED点滅(2)

>DOWNって何でしょうか

AC12VからダイオードブリッジでDCに変換したとき、DC10.4Vになりますが、それで良いですか?

それとも、DCを12Vにする必要がありますか?

mail

inara1(2018/05/12 Sat 12:46) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^2: LED点滅(2)

JPG 1040x720 179.7kb

>AC12VからダイオードブリッジでDCに変換したとき、DC10.4Vになります
DCにはなりません。添付図はAC5Vをダイオードブリッジで整流した後の波形です。AC5Vは50Hz交流ですが、全波整流すると100Hzの脈流になります。

DC電源にする場合は電解コンデンサで平滑化してDCにしますが、今回は平滑化しません。TC4538の電源は回転数計の15Vを使います。

>AC12VでもAC5Vでも作動しますか?
たぶんAC5Vでも動作すると思います。

motomura(2018/05/12 Sat 14:20) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^3: LED点滅(2)

「ダイオードブリッジ」と「ブリッジダイオード」とは異なりますか?

こちらに有るのは「ブリッジダイオード」だと思います。
対角線上にACと+−の表示がありますからACで入力すると、DCに変換されると思っていました。
ブリッジですから波形がずれて重なるので完全なDCではないのですね。

図のトランスの2次側は5Vですがダイオードブリッジで整流した後は約10Vですか?電圧が上がりますか?

整流しただけではDCではないのですね。+と−になるだけですね。

mail

motomura(2018/05/12 Sat 14:31) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^3: LED点滅(2)

私にも使えるオシロスコープはどの様なものがありますか?

簡単で安いものが欲しいです。(1万円以下)

mail

inara1(2018/05/12 Sat 15:01) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^4: LED点滅(2)

ダイオードブリッジもブリッジダイオードも同じものです。

>簡単で安いものが欲しいです
表示できる波形は1つだけですが3450円のオシロスコープが秋月にあります。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-12972/

上と同じもので200円だけ安いキットもあります。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-11890/

他のキットでこういうのもあります。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-09710/

上の3つとも、表示できる周波数範囲が200kHzなので、回転数計には十分使えます(200kHzは1200万rpmに相当)。オーディオ用(<20kHz)でも充分です。表示できる波形も1つだけですが、今回のような目的なら問題ないです。

使ったことがないので使い方は指導できませんが買ってみてはどうでしょうか。

inara1(2018/05/12 Sat 16:03) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^5: LED点滅(2)

上のオシロスコープ(DSO150)ですが、完成品のほうはプローブ付きで3450円、キットのほうはプローブなしで3240円というのは変ですね。

プローブだけでも1000円はします。部品の実装費も入れると完成品のほうが1000円以上高いはずです。本当にプローブ付きなら完成品のほうがお得です。

motomura(2018/05/13 Sun 07:20) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^6: LED点滅(2)

勉強しました

http://chtgkato3.med.hokudai.ac.jp/kougi/ME_practice/MEpractice8.pdf

mail

motomura(2018/05/14 Mon 09:49) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^3: LED点滅(2)

ここのダイオードブリッジの入力はAC5Vになっていますが、配線図のDI1510のダイオードブリッジの入力は12Vになっていますが、どちらが正しいでしょうか?

mail

inara1(2018/05/14 Mon 18:11) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^4: LED点滅(2)

> ここのダイオードブリッジの入力はAC5Vになっていますが、配線図のDI1510のダイオードブリッジの入力は12Vになっていますが、どちらが正しいでしょうか?

AC5VでもAC12Vでも動作すると思います。AC電圧が低いと動作しなくなりますが、こちらで実験したときはAC5Vでも動作しました。

motomura(2018/05/15 Tue 18:25) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^5: LED点滅(2)

JPG 2439x3210 704.8kb

「較正用パルス発生」が出来ました。
600に調整しても600〜596に行ったり来たりで安定しません。

秋月からオシロスコープが届きました。3千円ちょっとで素晴らしいです。
まだよくわかりませんが、取り敢えずパルス発生が写真の通りです。

inara1(2018/05/16 Wed 03:20) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^6: LED点滅(2)

>取り敢えずパルス発生が写真の通りです。
ちゃんと100Hzの波形が出ていますね。トリガレベルも適正です。

>600に調整しても600〜596に行ったり来たりで安定しません
AC100Vの周波数は長期的には高精度で安定していますが、10秒くらいの時間幅で見るとそれくらい変動します。600に対して±0.5%くらいの変動なので充分だと思います。

100Hzの基準信号を水晶振動子などをで作ればもっと安定しますが、その信号を回転数計に入れて表示させると、今度は回転数計自身の安定度が見えてきてしまうと思います。

そのオシロでAC100Vを直接観測することはしないでください。電源トランスの2次側の波形を見るのは構いません。

motomura(2018/05/16 Wed 06:32) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^7: LED点滅(2)

有り難うございました。

オシロはもう少し勉強します。なかなか良い買い物でした。
こんな値段で買えるとは思っていませんでした。

inara1(2018/05/16 Wed 09:30) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^8: LED点滅(2)

JPG 1280x720 121.5kb

>こんな値段で買えるとは思っていませんでした
安いですね。大きさもポケットテスターという感じです。

DSO150は完成品を買ったのですか。添付図の注意点は大丈夫ですか。DCジャックは先の長いものでないとちゃんと入らないようです。DCオフセットの較正手順も書かれています。

http://akizukidenshi.com/download/ds/jye/dso-shell_caution.pdf

motomura(2018/05/16 Wed 09:47) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^9: LED点滅(2)

JPG 1024x926 679.9kb

完成品を買いました。
ここで少し勉強しました。
http://radiopench.blog96.fc2.com/blog-entry-712.html
https://www.youtube.com/watch?v=HDM320JGDqE
まだ他にも沢山あります。

いろいろと使えそうで楽しみです。

mail

inara1(2018/05/16 Wed 13:08) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^10: LED点滅(2)

> ここで少し勉強しました。
普通のオシロはボタンや「つまみ」がいっぱいですが、ボタン4つにつまみ1つというのはとてもシンプルです。ラジオペンチさんのサイトはときどき見ています。YouTubeにもいっぱい出てますね。

motomura(2018/05/17 Thu 15:53) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^11: LED点滅(2)

JPG 768x1024 632.6kb

ストロボ表示600のオシロ画面です

mail

motomura(2018/05/19 Sat 09:37) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^11: LED点滅(2)

5v入力のところ、12vを入れてしまいました。
LCDがパンク! 15v出力もパンク!
後は??

inara1(2018/05/19 Sat 10:33) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^12: LED点滅(2)

>5v入力のところ、12vを入れてしまいました
格安オシロにですか。やっちまいましたね。回路図
http://akizukidenshi.com/download/ds/jye/Schematic_Shell.pdf
を見ると、「10V以上入れるな」と書かれています。三端子レギュレータ(LM1117)の最大入力電圧は15Vですが、消費電流が大きいので三端子レギュレータが発熱して壊れるので10Vに制限しているのでしょうか。電源はLCDパネル(V+)にもつながっていますね。電流制限抵抗(R4)は効かなかったのでしょうか。

このようなことが起きないように、電源電圧を9Vくらいに制限する回路を入れたほうがいいですね。

>15v出力もパンク
これはどういうことでしょうか。

motomura(2018/05/19 Sat 12:37) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^13: LED点滅(2)

オシロではなくストロボスコープの方です。
この昇圧基板です。
DC−DCコンバーター(±15V34mA)MAU109
これがパンクしたようです。これのチェックはテスターでできますか?

オシロは背中に9V電池を背負わせています。

inara1(2018/05/19 Sat 14:04) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^14: LED点滅(2)

ストロボ回路のほうですか。電圧計まで壊れましたか。

>DC−DCコンバーター(±15V34mA)MAU109がパンクしたようです。これのチェックはテスターでできますか?
この配線図
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=3863.jpg
のように、MAU109の入力に4.5V〜5Vを加えたときに、出力に+15Vと-15Vが出ていれば正常です。測定するときは+15V側にはストロボ回路を付けないでください。

> オシロは背中に9V電池を背負わせています。
乾電池で動くのですか。

motomura(2018/05/19 Sat 14:24) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^15: LED点滅(2)

JPG 1024x768 464.6kb

15Vが出ていないのでDC−DCコンバーターMAU109を交換します。

オシロは006Pで動きます。
背中にマジックテープで貼ってあります。
結構長持ちししてます。

mail

motomura(2018/05/20 Sun 14:52) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^15: LED点滅(2)

DC−DCコンバーターMAU109を交換で正常になりました。
他はLCDも無事でした。

較正後、非接触型回転計と比較したところ、殆ど差がありません。

mail

inara1(2018/05/21 Mon 07:09) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^16: LED点滅(2)

JPG 1512x720 106.5kb

>他はLCDも無事
不幸中の幸いでした。

今後このようなことが起きないように、電源電圧は12Vとして、添付図のように三端子レギュレータ(TA48M05F)で12Vを5Vに変換してはどうでしょうか。

TA48M05Fには以下の保護機能がついています。
・過電圧保護(入力電圧が29Vを超えると出力OFF)
・逆電圧保護(入力電圧の+と−を間違えても壊れない)
・過電流保護(5V側の電流が1Aを超えると出力OFF)
・過熱保護(TA48M05Fの温度が175℃を超えると出力OFF)

TA48M05F http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-00451/

motomura(2018/05/21 Mon 16:15) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^17: LED点滅(2)

早速パーツを手配しました。これで安心です。

こんな便利なものがあるのですね。

mail

inara1(2018/05/22 Tue 06:34) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^18: LED点滅(2)

JPG 1512x1323 281.9kb

> 早速パーツを手配しました。これで安心です。
過電圧保護回路の実験をしました。
入力電圧が5V以上あれば、出力電圧は15V以上(一定)になります。入力電圧は5Vでも12Vでも使えます。入力電圧の極性を逆にしても大丈夫です。

TA48M05
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-00451/
にはコンデンサ(0.1μFと47μF)が付属しているので、それを使ってください(回路図では33μFとなっていますが47μFでもいいです)。

motomura(2018/05/24 Thu 08:32) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^19: LED点滅(2)

JPG 364x448 38.3kb

inara1さん

話しはそれますが、、、
以前お願いした事がある、コンデンサマイクで音を感知してストロボライトを瞬間発光させる装置で、このLEDストロボスコープを発光させることが出来ればと思います。

もし可能ならば新しく「ミルククラウン」として投稿します。

mail

inara1(2018/05/24 Thu 17:30) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^20: LED点滅(2)

>コンデンサマイクで音を感知してストロボライトを瞬間発光させる装置
というのはいつ頃のでしょうか。過去の投稿を見てみましたが発見できませんでした。

motomura(2018/05/24 Thu 18:47) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^21: LED点滅(2)

JPG 1024x683 177.8kb

長崎での事でしたので6年前です。
写真の基板は行方不明です。マイクだけ見つかりました。

youtubeからコピーしました。

https://www.youtube.com/watch?v=t1EVUtd1yug&t=12s

mail

inara1(2018/05/25 Fri 17:28) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^22: LED点滅(2)

>写真の基板は行方不明です
この掲示板の過去ログを探してみましたが画像は残っていません。2013年7月〜8月頃のようです。

>マイクだけ見つかりました。
2線式のコンデンサマイクですね。それで1から作りましょうか。マイクで滴下音を拾ってからある時間遅延して(遅延時間は変えられる)、パワーLEDを一瞬光らせる(この時間も変えられる)というものでいいですか。LEDは3Wのものが3個でいいでしょうか。

ストロボ回路と同じくパルス発生にはTC4538を使います。新規部品はたぶんないと思います。電源電圧は5Vでいいですか(電流を数A流せる電源が必要)。

動作確認できたら新規スレッドで紹介します。

motomura(2018/05/25 Fri 20:40) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^23: LED点滅(2)

JPG 1024x768 687.0kb

ぜひ新しくお願いします。
----------------------------------------------------------
■LEDは3W3個
■LED発光時間は固定でOK(0.2mS位?写真)
■音を拾ってからの発光時間が変えられる遅延回路
■1回の音で1回の発光
■音の間隔=最短約3秒
■電源は5V(5V8Aがあります)

mail

inara1(2018/05/22 Tue 15:29) [ 編集 ] [ 返信 ]

秋月のアナログシンセサイザキット

5/15に秋月からアナログシンセサイザキットが発売されました。
フロントパネル付き(\5800) http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-12334
フロントパネルなし(\4000) http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-13271
パネルだけで\1800もしますがパネル付きを買いました。

筐体はありませんが、ここ
http://www.nekonohou.com/2018/05/noise-toaster.html
のように木箱に入れればカッコよくなります。

どんな音が出るかはYouTubeに出ています。
https://www.youtube.com/watch?v=f8_3p8SpsZ0&list=PLVMOcCLZtPTLrs8wiV6Gk6JcYLUlmK2PQ

回路図はここです。
http://musicfromouterspace.com/analogsynth_new/NOISETOASTER/NOISETOASTER.php

純粋なアナログ回路です。トランジスタは日本製でないですが、2N3904→2SC1815、2N3906 → 2SA1015、2N5457 → 2SK30、1N914 → 1N4148 で置き換えられると思います。LM324はLM358の4回路入りバージョンです。2N3904、2N3906、2N5457、LM324、1N914は秋月にあります。

motomuraさんがミニオシロを購入しましたが、音色と波形の関係を調べると面白いかもしれません。

このキットは当面は未開封になると思います。時間があるときに作ってみようと思います。

daruma(2018/05/23 Wed 17:56) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: 秋月のアナログシンセサイザキット

おもしろそうですね。実作に取りかかったら教えてください。

motomura(2018/04/07 Sat 16:41) [ 編集 ] [ 返信 ]

LED点滅

inara1さま
よろしくお願いいたします。
------------------------------------
LED1個を1秒間に100回〜1000回位(可変)点滅させたいのですが可能でしょうか?
(1回のLED点灯時間はなるべく短く)

ストロボスコープの代わりとして使いたいのですが。
------------------------------------
LEDは瞬間点灯はできますか?

mail

inara1(2018/04/08 Sun 07:40) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: LED点滅

JPG 720x1512 313.4kb

motomuraさん
お久しぶりです。

添付図の回路でできます。
点滅速度は可変抵抗VR1を使って1秒間に30回から2700回まで調整できます。点滅周期に対してLEDが発光している時間の割合もVR2を使って、0%(消灯)から100%(連続点灯)まで変えられます。添付図の波形は発光時間を10%、50%、90%にしたときのものです。

LEDは複数個同時に点灯できます。R11とR12は発光しているときのLED電流を決めるもので
R[Ω]=(5V-LEDの動作電圧[V])/LEDの点灯電流[A]
となります。動作確認では100Ωの抵抗を使っているので、点灯時のLED電流は20mAくらいになります。トランジスタ(2SC1815)に流すことができる最大電流は100mAくらいなので、LED電流の合計が100mAを超えないようにしてください。

motomura(2018/04/08 Sun 18:45) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^2: LED点滅

> motomuraさん
> お久しぶりです。
>
> 添付図の回路でできます。
> 点滅速度は可変抵抗VR1を使って1秒間に30回から2700回まで調整できます。点滅周期に対してLEDが発光している時間の割合もVR2を使って、0%(消灯)から100%(連続点灯)まで変えられます。添付図の波形は発光時間を10%、50%、90%にしたときのものです。
>
> LEDは複数個同時に点灯できます。R11とR12は発光しているときのLED電流を決めるもので
> R[Ω]=(5V-LEDの動作電圧[V])/LEDの点灯電流[A]
> となります。動作確認では100Ωの抵抗を使っているので、点灯時のLED電流は20mAくらいになります。トランジスタ(2SC1815)に流すことができる最大電流は100mAくらいなので、LED電流の合計が100mAを超えないようにしてください。
-------------------------------------------------
いつも早い回答をありがとうございます。希望を上回ったスペックです。
これで作りますからいつもの様に基板配線図をお願い出来れば有り難いです。
よろしくお願いいたします。

mail

inara1(2018/04/09 Mon 17:10) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^3: LED点滅

発光させるLEDは1個でいいですか。発光時のLED電流は20mAでいいですか(LEDの型番が分かると助かります)。調整用の可変抵抗は半固定抵抗でいいですか。電源電圧も教えてください。

>配線図をお願い出来れば有り難いです
基板は以下のどれにしますか。小さいほうの基板にぴったり入る大きさになります。
小さいサイズ(45mm×45mm)http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-11735/
よく使うサイズ(47mm×72mm)http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00517/

実際に組んでみて動作確認するので配線図は次の土日になります。

motomura(2018/04/10 Tue 18:59) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^2: LED点滅

LEDは3個でお願いいたします。
なるべく明るいLEDが良いですが個数は3個でOKです。
1個でも明るいLEDがあればそれにします。

現在手持ちのLEDは型番がわかりませんので、今回の部品については全てまとめて秋月より購入します。現在、手持ちの部品は殆どありません。

基板を始め、LED・抵抗・トランジスタ・IC・ICソケット、、、全てです。
ボリュームは手回しでお願いいたします。

土日のお休みに申し訳ありません。

mail

inara1(2018/04/11 Wed 17:24) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^3: LED点滅

motomuraさん
では、基板や電源電圧も含めて全ておまかせということでよろしいでしょうか。

可変抵抗は半固定抵抗を基板上に置いてそこで調節することを前提とした配線図にしますが、「つまみ」を回すタイプ(パネル取り付けタイプ)の可変抵抗にするのなら、そこから配線を引き出せばいいので、実際に作るときに適当に変更してください。

白色LEDは秋月で買った非常に明るいのが手元にあるのでそれにします。配線図は3個バージョンとしますが、1個で充分ならLEDを1個だけ接続すればいいです。

今回の回路は、回転しているものの回転数に同期させて光を照射することで、動きが止まっているように見えるストロボ発光のようなものでしょうか。

motomura(2018/04/13 Fri 07:51) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^4: LED点滅

電源は5Vでお願いします。他はお任せします。

抵抗はこちらでつまみ式を手配します。

LEDは高輝度LEDで取り敢えず3個にしてみますが、必要なければ1個にします。

目的は「ストロボスコープ」の様に回転を止めて見る為で、市販では10万円位の高価です。
但し、市販のは回転数まで計測できるようですが、今回はその必要はありません。

mail

motomura(2018/04/13 Fri 09:55) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^4: LED点滅

YouTubeでこんなのがありました。

https://www.youtube.com/watch?v=-8BUXwKu7x0

図と説明を見ても私にはさっぱりわかりませんが、目的はこのようなものですが、LEDはもっと小さくて良いです。

もう少しLEDの点灯時間が短いと良いですが、、、。

mail

inara1(2018/04/14 Sat 10:39) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^5: LED点滅

JPG 720x1040 279.5kb

> YouTubeでこんなのがありました
やはりこういうことですか。

ユニバーサル基板に実装して動作確認しました。配線図はこの後添付します。

ユニバーサル基板(45mm角)http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-11735/
超高輝度白色LED http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-12729/

inara1(2018/04/14 Sat 10:40) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^6: LED点滅

JPG 720x1436 231.9kb

配線図です。LEDの電流制限抵抗(回路図のR10,R11)は100Ωとしています。
回路図 http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=3745.jpg

motomura(2018/04/14 Sat 14:36) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^7: LED点滅

inara1さん

各図をありがとうございました。

いつも的確なお返事をくださって感謝してます。
本当にありがとうございます。

早速部品を手配して、出来次第報告させて頂きます。

mail

inara1(2018/04/14 Sat 15:12) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^8: LED点滅

motomuraさん

このLEDは非常に明るく、連続発光にするとまぶしくて正視できないくらいで写真など撮れないので、上の写真のLEDは発光時間をほとんど0に絞って非常に弱く発光させています。

うまく動作したらストロボ画像を見せてください。

motomura(2018/04/16 Mon 16:06) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^9: LED点滅

inara1さん
こんな事できますか?
--------------------------------------------------------
LEDの点滅をCdsで受けて、点滅カウントを数/分に換算して表示する。
Cdsで受けなくても、内部で処理して表示する。
カウントのサンプリングはなるべく短く。
--------------------------------------------------------
もし、これが出来れば「回転計」として使えますのでご検討お願いいたします。

mail

inara1(2018/04/16 Mon 17:33) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^10: LED点滅

>こんな事できますか?
できます。

ただしCdSだと応答が遅くて1kHzの点滅(60000rpmの回転数に相当)には追随できないので、光センサはSiフォトダイオード
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02325/
を使うことにします。

1kHzでLEDが点滅したとき、0.6秒間で600回の点滅回数になるので、0.6秒間での点滅回数をカウンタICで計数してその値を表示させれば、100rpmの分解能で回転数を測定することができます。値の更新は0.6秒ごとになります。

0.06秒間での点滅回数をカウンタICで計数してその値を表示させれば、1000rpmの分解能で回転数を測定することができます。値の更新は0.06秒ごとになります。2つの分解能を選択できるようにもできます。

最大回転数はどれくらいにしますか。最大9万9900rpmを100rpmの分解能で表示させると、表示が999となるので3桁の7セグメントLEDを使うことになります。3桁ならカウンタICも1個で済みます。

昔、30万rpmのモータ(スピンドルモータ)を使ったことがありますがこれは非常に特殊なモータで、通常は10万rpmを超えることはないと思います。

motomura(2018/04/16 Mon 18:41) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^11: LED点滅

inara1さん

ぜひ挑戦したいです!

■分解能は1つでOK,なるべく細かく、最高は8,000rpmくらいですが現在制作中のは2,700rpm迄の計測になりますのでそれに合わせます。
最低は300rpm位です。
■今迄の「LED点滅」と一体に出来ればと思います。計測用のLEDは基板につけて、計測用のLEDは延長ケーブルにしたいと思います。
■表示はLEDの赤でお願いします。

取り敢えず秋月から明日部品が到着予定ですから、動画を撮ってみます。

楽しみです!よろしくお願いします。

mail

inara1(2018/04/16 Mon 18:49) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^12: LED点滅

motomuraさん
平日は仕事なので今度の土日に実験してみます。

motomura(2018/04/16 Mon 22:07) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^13: LED点滅

inara1さん

お休みを潰さないようにお願いします。

気になった事ですが、、、。
LEDは電圧がかかってから発光するまでの時間はどれ位の時間で発光するのでしょうか?

あまり点滅サイクルを速くすると発光が間に合わないのではないかと心配してます。
実際のストロボスコープばキセノン管を使っているので数千分の一から一万分の一以上ですので完全に停止して見えます。

今回のは、そんな必要はありませんがどれ位の点滅速度まで理論的に可能でしょうか?

mail

inara1(2018/04/17 Tue 02:28) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^14: LED点滅

>お休みを潰さないようにお願いします
休日はこれが楽しみなのです。

>LEDは電圧がかかってから発光するまでの時間はどれ位の時間で発光するのでしょうか?
1μs未満です。100万回/秒くらいは問題ないです。

motomura(2018/04/17 Tue 20:36) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^15: LED点滅

inara1さん

パーツが届いたので早速チャレンジしました。 その結果

LEDがようやく点灯しているくらいの明るさでボリュームで完全に消灯します。最高電圧は2.3Vです。

周波数調整は全然機能していないようです。

2回作り直しましたが、同じ結果でした。

主なパーツは  2SC1815GR  LM358N

配線は何回もチェックしましたが間違いは見当たりません。
2回が同じ結果なのでショックです。
----------------------------------------------------
今、気がつきましたがオペアンプが2回路ですがこれでよろしいでしょうか?

mail

inara1(2018/04/18 Wed 02:42) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^16: LED点滅

>周波数調整は全然機能していないようです
周波数調整の半固定抵抗を左に回し切っても肉眼で点滅が分かりませんか。

>オペアンプが2回路ですがこれでよろしいでしょうか?
はい2回路です。

基板の部品面と配線面の写真を添付してください。

motomura(2018/04/18 Wed 08:05) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^17: LED点滅

JPG 3000x1000 418.4kb

inara1さん

ハンダが汚くて恥ずかしいです。

ボリュームは手持ちのスイッチ付きを使っていますのでジャンパー線を追加しました。
---------------------------------------------------------------
オペアンプ・トランジスタ交換してみました。
2作とも同じ現象なので間違え・ハンダ不良は考えられません。

mail

inara1(2018/04/18 Wed 13:53) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^18: LED点滅

配線は間違っていないと思いますが、LEDにつながっている3本の抵抗は100kΩ(茶黒黄金)のように見えます。この抵抗は100Ω(茶黒茶金)です。http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=3761.jpg
100kΩだとほとんど発光しないと思います。

発光時間調整ボリュームを真ん中あたり、周波数調整ボリュームを左に回し切った位置にして電源を入れたとき、LEDが1秒間に30回くらいの速度で点滅するか確認してください。

発光時間調整ボリュームを右に回すほど明るくなります(発光時間の割合が増える)。周波数調整ボリュームを右に回すと、点滅速度が速すぎて肉眼では点滅が分からなくなります。

motomura(2018/04/18 Wed 15:10) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^19: LED点滅

inara1さん

100Kと100の間違いでしたねー。
いずれにしても、明日もう一度半固定ボリュームで作りなおします。
ターミナルが大きいのですがinara1さんの写真にある様な物はどの様な形の物でしょうか?
2sc1815には種類があるのでしょうか?

もう少し綺麗な配線で写真を送ります。

mail

inara1(2018/04/18 Wed 15:46) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^20: LED点滅

JPG 945x720 240.2kb

>inara1さんの写真にある様な物はどの様な形の物でしょうか?
基板側はピンヘッダ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-00167/
を必要数だけニッパで切っています。

ケーブル側はピンソケット
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-05779/
を必要数だけカッターナイフで切っています。ピンソケットは溝が長いのでニッパだときれいに切れません。カッターナイフで切った後は刃が下地に達するのでカッターマット(または木の板)の上で作業します。

ターミナルブロック
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-01306/
は場所を取ります。流す電流が小さければ(1A未満なら)ターミナルブロックを使わなくてもいいです。

添付写真はのソケットを抜いた状態です。ピンソケットにハンダ付けした部分はむきだしなので、熱収縮チューブを被せて絶縁しています(収縮チューブを被せた後、ハンダコテで加熱すると収縮します)。
熱収縮チューブ(千石電商)https://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=6AU5-K4EA

半固定抵抗は後で他に転用できるように、丸ピンソケットの端子だけ取り出したものをソケットにして基板に取り付けています。
丸ピンソケット http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-01591/

後で取り換える可能性のある部品は、この「丸ピンソケットの端子だけ」で取り付けています。

inara1(2018/04/18 Wed 15:57) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^21: LED点滅

ピンヘッダはL字型
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-01627/
のものを使えば、横からソケットを挿すようにできます。

ピンヘッダには「細ピンヘッダ」
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-06631/
というのがありますが、細ピンヘッダはピン径が細いのでピンソケットに挿してもユルユルになってしまいます。普通のピンヘッダを使ってください。

motomura(2018/04/19 Thu 15:21) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^22: LED点滅

JPG 1280x960 1024.4kb

inara1さん

出来ました。全部機能します。
-----------------------------------
■発光時間を長く
明るくなるが、ボケて見える--止まっている様には見えない
■発光時間を短く
暗くなる(ようやく見える程度)が、止まってみえる
-----------------------------------
発光時間は調整が必要がないので、短く・明るくできればと思います。
ボリュームは発光間隔だけでOKです。

動画は今日作ります。

mail

motomura(2018/04/19 Thu 17:27) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^23: LED点滅

inara1さん

明るいという事は、時間が長いという事のようですね。

明るくするにはLEDの数を増やす事以外に方法はあるのでしょうか。

動画を撮ってみましたが、ここでは見る事ができません。
youtubeにアップしてみます。

mail

inara1(2018/04/19 Thu 17:28) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^23: LED点滅

1分違いの投稿でした。

発光時間を短くした状態で明るくするには、パワーLED
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-08956/
を使うといいです。このLEDを1個使うと、今使っている3個のLEDより10倍明るくなります。ただし、このLEDをそのまま取り付けても明るくなりません(100Ωの抵抗でLED電流が制限されているので)。

パワーLEDを明るく発光させるには、大電流を流す回路を今の回路に付け加える必要があります。また、5Vの電源も、最大1Aくらいの出力電流を流せるものが必要です。そのような電源はありますか?秋月のスイッチングACアダプタで良ければ、こういうのが使えます。
5V・1A http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-06096/
5V・2A http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-06590/

「大電流を流す回路」は後で紹介します。YouTubeの動画は明るくしてから投稿してはどうでしょうか。

motomura(2018/04/19 Thu 18:06) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^24: LED点滅

inara1さん

スイッチング電源は8Aのがあります、1A・2Aもあります。

次の回路をお待ちします。

mail

motomura(2018/04/19 Thu 19:01) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^25: LED点滅

inara1さん

暗いという事は、電圧がかかってからLEDの明るさがピークになる前に電圧が0になるからだと思います。

始めの方の添付のオシロ画像で10%のときの発光時間は何分の一でしょうか。今は一番暗いとき位の時間だと止まって見えます。

現在の一番暗いときの発光時間でもパワーLEDだと明るさがピークに。ならなくても明るければ止まって見えると思います。

明るさの調節はいりませんから、一番短い発光時間で固定してください。周波数だけでOKです。

mail

inara1(2018/04/21 Sat 06:05) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^26: LED点滅

JPG 1040x567 121.9kb

>暗いという事は、電圧がかかってからLEDの明るさがピークになる前に電圧が0になるから
そうではありません。発光している時間が短いので、時間平均すると暗くなってしまうのです。

白色LEDの応答速度を調べてみました(添付図)。上側の波形は、「LED+100Ω」にかかる電圧です。下の波形は光センサの電流(LEDの発光強度に比例)です。発光周波数を最大の2.8kHzにして、発光時間を100μsにしたときでも、LEDの発光はちゃんと追随しています。

これからハイパワーLEDを使った実験をしてみます。元の回路はそのままで、LEDにつなぐ端子に別の回路を加える形になります。

inara1(2018/04/21 Sat 07:29) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^27: LED点滅

JPG 720x1399 190.8kb

ハイパワーLEDを点灯させる回路です。

ハイパワー白色LED http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-08956/
2SJ334 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02846/
電解コンデンサ(100μF)http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-05002/

motomura(2018/04/21 Sat 07:30) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^27: LED点滅

inara1さん
よーくわかりました! オシロは凄いですね。

ハイパワーのLEDでの結果をお待ちします。
このLEDはどの様な物でしょうか。

inara1(2018/04/21 Sat 07:43) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^28: LED点滅

>このLEDはどの様な物でしょうか
照明用です。LED電球の中身はこういうLEDで、ものすごく明るいです。チラついて見えないように点滅周波数を高くした状態で、発光時間を調整すれば、調光できる照明になります。

照明用に転用するときは、1Ωの抵抗の発熱量が大きくなるので、セメント抵抗
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gR-04067/
を使ってください。ストロボ発光用なら、普通の1/4Wタイプの抵抗でいいです。

motomura(2018/04/21 Sat 08:02) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^29: LED点滅

inara1さん

凄く早いお返事をいつも頂きますが、、、

ここに書き込みがあった時、直ぐに「書き込みがありました」と知らせる何かがあるのでしょうか?

mail

inara1(2018/04/22 Sun 10:52) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^30: LED点滅

>凄く早いお返事をいつも頂きますが
昨日はたまたまtmotomuraさんの返信の後すぐに見たからです。しばらく見ていないと、このようにお返事が遅くなります。

>「書き込みがありました」と知らせる何かがあるのでしょうか?
ないと思います。あっても使わないでしょう。

回転数計のほうは、高精度版と簡易版の2種類できます。高精度版は、水晶振動子とデジタルICを使って、7セグメントLEDの3桁の数字で回転数を表示するものです。簡易版は「周波数−電圧変換IC」というのを使って、出力電圧をデジタル電圧計で表示させるもので、最大10%くらいの誤差が出ます。高精度版のほうは回路規模が大きいので基板も大きくなり作製時間も費用もかかります。まずは簡易版の回路図を考えてみます。動作確認できたら回路図と配線図を紹介します。

この回転数計を応用して、モータの回転に同期して、LEDを一瞬発光するさせる回路も作れます。その回路を使えば、ボリュームを回して回転数数を合わせる必要はありません。1回転の信号をどうやって取り出すかが問題です。扇風機の羽で検出する方法だと、1回転で何回も反射光が増減するので、羽の枚数によってカウント値を変える必要があります。モータの回転軸に白黒の模様を付けて、そこにLED光を照射して、その反射光を検出すれば、羽の枚数によらず1回転を検出できますが、回転軸に白黒模様を付けられない構造だと使えないです。

motomura(2018/04/22 Sun 15:31) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^31: LED点滅

inara1さん

簡易型で表示は4桁欲しいです。
高精度のは私にはムリだと思います。

1個の物が2つに見えたり3つに見えるのは1回転に2回、3回発光するからなので、その時にはボリュームを徐々にしぼって1個に見えるようにしています。
私はスローから徐々に上げていくことにしています。

ですから、YouTube にあるような扇風機やプロペラのように複数ある物は正確な回転数はわかりません。何か目印が必要です。

パワーLEDは注文が土曜日でしたので火曜日に到着します。
出来次第結果を報告します。

motomura

inara1(2018/04/22 Sun 16:41) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^32: LED点滅

>簡易型で表示は4桁欲しいです
分かりました。回転数表示は秋月のデジタル電圧計
http://akizukidenshi.com/catalog/c/cdigivol/
を使うので、この中から選んでください。

4・1/2桁というのは最大表示が19999の5桁になります。19999表示を19999rpmの意味にすれば1rpmまで読めます。動作確認はまた来週末になってしまいます。

motomura(2018/04/23 Mon 07:06) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^33: LED点滅

inara1さん

4・1/2桁・3・1/2 の 1/2 とはどの様な意味でしょうか?
4桁なら3・1/2では1rpmまで読めませんか?

最高2,700回ですから3・1/2で間に合いませんか?

4桁でLCDバックライト付きかLEDから選ぶなら
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-01055/

もしくは
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-02717/

これはいかがでしょうか?

mail

inara1(2018/04/23 Mon 18:16) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^34: LED点滅

>4・1/2桁・3・1/2 の1/2とはどの様な意味
最上位の桁は0か1の表示しかないという意味です。3・1/2なら0.000から1.999までが表示範囲です。3・3/4という表記もあります。その場合は0.000から3.999までが表示範囲になります。なぜ1/2や3/4という表わし方になったのかは知りません。

>最高2,700回ですから3・1/2で間に合いませんか?
3・1/2では2700は表示はできません。最大が1999なので0270の表示になります。4・1/2なら2700の表示が可能なので1rpmまで表示できます。

>これはいかがでしょうか?
分かりました。両方とも手元にあるので、それで動作確認してみます。

motomura(2018/04/24 Tue 09:52) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^35: LED点滅

4・1/2でLCDバックライト付き または LEDを使いたいと思います。

暗い場所で使用するので、表示が確認できる方が良いです。

mail

motomura(2018/04/24 Tue 16:53) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^35: LED点滅

JPG 4052x2429 993.8kb

ハイパワーLEDが出来ました。

今迄よりずーっと明るいです。
発光時間を一番絞ると殆ど停止して見えます。
但し、写真を撮るには一番暗くするのでちょっと暗いです。
これを3個駆動するのは大変でしょうか?

mail

inara1(2018/04/24 Tue 17:09) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^36: LED点滅

>これを3個駆動するのは大変でしょうか?
3個並列にして大丈夫です。「パワーLED + 1Ω」を3個並列にしてください。ヒートシンクなしでも2SJ334には5Aくらいの電流を流せます。

集光レンズ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-04411/
を付けると光を絞れるのでより明るくなります(この集光レンズは手元にあります)。集光レンズを付けると配線の邪魔になりますが、うまく配線してください。

motomura(2018/04/24 Tue 19:19) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^35: LED点滅

youtubeにて

https://www.youtube.com/watch?v=cmpileS8h3g
ストロボスコープLEDの試作

こちらをご覧ください。

mail

inara1(2018/04/25 Wed 03:52) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^36: LED点滅

YouTube見ました。回転数があまり安定していないようですね。

motomura(2018/04/25 Wed 07:24) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^37: LED点滅

安定しないのは発光時間用・周波数用の抵抗器に問題がありそうですが、実用には差支えありません。

mail

motomura(2018/04/25 Wed 08:51) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^37: LED点滅

回転被写体にも問題がありそうです、他の回転体で試してみたところ、youtubeのより安定して見えました。

3灯で回転数が読めれば有難いです。

mail

motomura(2018/04/25 Wed 14:09) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^37: LED点滅

再びyoutubeにUPしました。

「ストロボスコープ(LDE) ハンディ扇風機」

被写体のモーターの安定が良いようです。

mail

inara1(2018/04/25 Wed 18:11) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^38: LED点滅

>再びyoutubeにUPしました
これですね
https://www.youtube.com/watch?v=I5l7gmrBrbs

motomura(2018/04/25 Wed 20:38) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^39: LED点滅

手元にヘリカルポテンショメーター100KΩがありましたので周波数のところの半固定と交換した結果、とても安定して見えています。

mail

inara1(2018/04/26 Thu 16:38) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^40: LED点滅

卓上糸鋸盤(改良型)
https://www.youtube.com/watch?v=I7bkUjkigLc
もいいですね。最初、エアーポンプは何だろうと思ったのですが、切粉を吹き飛ばすものなんですね。切粉を吸い込むことはないのですか。

いろいろupされてますね。
https://www.youtube.com/channel/UCp_MmwKIkOYsk9c5GO_L8rg

motomura(2018/04/26 Thu 19:03) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^41: LED点滅

ご覧頂きましたか。
エアーポンプは下に弁が付いていますから大丈夫です。

inara1(2018/04/28 Sat 14:19) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^42: LED点滅

JPG 720x1436 231.9kb

回転数計の配線図です。ブレッドボードでは動作確認しましたが、この配線図ではまだです(後で確認します)。バックライト付き3・1/2桁電圧計は手元にあるので、電圧計込みで実験しています。

入力のパルスは、前のストロボ発光回路
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=3761.jpg
から取ることにします(そのほうが確実なので)。

回転数600rpmで060表示、6000rpmで600表示、13000rpm(測定可能な最大回転数)で1300表示となります。回転数計用の電源は15V(出力電流<50mA)ですがありますか。なければ、5Vを15Vに変換するDC-DCコンバータ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-04135/
で15Vを作れます。3・1/2桁電圧計の電源電圧は5V(消費電流<10mA)なので、ストロボ発光回路の電源が使えます。

部品リストは以下の通りです。フィルムコンデンサは秋月には高耐圧の大きなものしかないのですが、耐圧は25V以上あればいいので、それくらいの耐圧の小型のフィルムコンデンサが入手できたらそれでもいいです。アルミ電解コンデンサ指定のものは、積層セラミックでなくアルミ電解コンデンサとしてください。

周波数-電圧変換IC(NJM4151)http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-00278/
オペアンプ(LMC6482)http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02469/
抵抗(150kΩ、100kΩ×6、47kΩ×2、10kΩ、3.3kΩ) http://akizukidenshi.com/catalog/e/erd16s_dT
アルミ電解コンデンサ[耐圧25Vまたは50V](1μF、3.3μF)http://akizukidenshi.com/catalog/c/cchemicon/
積層セラミックコンデンサ(0.1μF×3)http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00340/
フィルムコンデンサ
0.01μF×2 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-05327/
0.22μF×2 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-05972/
バックライト付き3・1/2桁電圧計(回転数表示用)http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-02717/

motomura(2018/04/29 Sun 08:38) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^43: LED点滅

パーツ注文は連休が終る5月6日に致します。
それまでリストを作っておきます。

出来れば、ハイパワーLEDを3個の検討をお願いします。

mail

daruma(2018/04/29 Sun 09:03) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^44: LED点滅

横から失礼します。darumaです。
motomuraさんは最高2700回転とのことなので、4・1/2桁のものが必要ではないでしょうか。

私は昨日今日と無線の合宿で田舎に来ています。工作なかなか進みません。

motomura(2018/04/29 Sun 10:04) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^45: LED点滅

いつも気をつけて頂いてありがとうございます。
確かにそうなので確認します。

mail

inara1(2018/04/29 Sun 10:06) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^45: LED点滅

JPG 1701x1323 582.8kb

>最高2700回転とのことなので、4・1/2桁のものが必要ではないでしょうか
3・1/2桁を希望されたのでそうしました。4・1/2桁のものは、バックライトなしの液晶表示のものしかないからではないでしょうか。

ユニバーサル基板に作った回転数計の動作確認ができました。PM-128EBLは、バックライトを点灯してDC20Vレンジとするために、5か所のハンダ付けが必要です。

inara1(2018/04/29 Sun 10:23) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^46: LED点滅

上の回転数計は、モータの回転数を直接測定するものでなく、ストロボ発光の周波数を調整して回転が止まってみえたときの発光周波数から、そのときの回転数を表示するものです。

前に書きましたが、モータの回転数を直接測定するには、モータの回転軸に白黒の模様をつけるなどして、連続発光する光をそこに照射したときの反射光を明滅を検出する必要があります。

motomura(2018/04/29 Sun 10:41) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^47: LED点滅

> 上の回転数計は、モータの回転数を直接測定するものでなく、ストロボ発光の周波数を調整して回転が止まってみえたときの発光周波数から、そのときの回転数を表示するものです。

それで良いのです。
その他の使い方として、動体のスピードを計測出来ます。

mail

motomura(2018/04/29 Sun 10:50) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^48: LED点滅

DC−DCコンバーター(±15V34mA)MAU109

これのピン接続を教えて下さい。

mail

motomura(2018/04/29 Sun 10:11) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^43: LED点滅

秋月の連休が不明なので取り敢えず注文致しました。

周波数は2,700rpmが最高なので回転計の種類をもう一度確認願います。

「4.1/2桁」での確認です。

mail

inara1(2018/04/29 Sun 13:22) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^44: LED点滅

>4.1/2桁」での確認です
4・1/2桁は最大5桁表示です。13000rpmは13000という表示、2700rpmは2700という表示になります。4・1/2桁の電圧計でGNDを共通化できるのはこれ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-01056/
しかありません。これはバックライトなしですが、それでいいですか?

この電圧計(PM-328E)も持っているので後で実験してみます。MAU109の配線図も後で紹介します。

秋月の通販センターのお休みは年末年始と8月と土日です。秋葉原の店舗は年末年始と8月以外は無休です。

秋月のネット通販は、セキュリティー強化のため、Internet Explorer 8または9、かつ、Windowsのバージョンが「Windows XP/Vista/Server 2003/Server 2008」の場合、ログイン、会員登録、ご注文ができなくなるそうです(5月27日頃から)。これは2日前(2018.4.27)のお知らせです。
http://akizukidenshi.com/catalog/contents2/news.aspx

motomura(2018/04/29 Sun 15:42) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^45: LED点滅

4・1/2 と 3・1/2との配線違いはありますか?
無ければ両方でやってみます。

秋月のログインは大丈夫だと思います。

motomura(2018/04/29 Sun 16:10) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^45: LED点滅

JPG 2557x2748 1061.2kb

以前、何かの時に使ったものですが何か所を短絡してあります。
その時はうまくいかなかったのでそのままにしてありました。

型番は不明ですが2個ありました。
写真で型番がわかりますか。

mail

inara1(2018/04/29 Sun 16:39) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^46: LED点滅

JPG 1040x720 268.3kb

3・1/2桁でも4・1/2桁でも配線は同じです。表示桁数が違うだけです。motomuraさんの写真のは2つともPM-128EBL(3・1/2桁でバックライト付)ですね。PM-328E(4・1/2桁でバックライトなし)を使った場合は添付写真のようになります。

3・1/2桁だと10rpmまでの表示、4・1/2桁だと1rpmまで表示できますが、4・1/2桁で表示しても最後の桁は安定しません(±1くらい変わる)。安定しないといっても10000に対して±1変わるというのは±0.01%の変化ですから、非常に安定していると言えます。

motomura(2018/04/29 Sun 16:58) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^47: LED点滅

写真は10,000回転数を表示されていますが、今のままでその回転数まで計測出来るのでしょうか?

inara1(2018/04/29 Sun 17:10) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^48: LED点滅

>写真は10,000回転数を表示されていますが、今のままでその回転数まで計測出来るのでしょうか?
13000rpmくらいまで測定できます。PM128EBLだと1300表示になりますが。

小型モータに何もつけないときには13000rpmくらい出ますが、プロペラを付けるとトルクが大きくなるので10000rpmはとても出ないと思います。

motomura(2018/05/01 Tue 10:24) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^47: LED点滅

パーツ到着いたしましたが、
DC-DCコンバーターの接続図をお願いします。
1ピン=5V
2ピン=0V
3ピン=?
4ピン=?
5ピン=?

mail

inara1(2018/05/01 Tue 11:34) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^48: LED点滅

JPG 1040x720 76.7kb

>DC-DCコンバーターの接続図をお願いします。
添付します。10kΩは必ずつけてください。小型の1/6Wとか1/4Wの抵抗でいいです。

motomura(2018/05/01 Tue 17:20) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^49: LED点滅

JPG 1139x1095 189.8kb

DC-DCコンバーターのコンデンサーを注文したので明日電源を完成させます。

mail

inara1(2018/05/02 Wed 09:00) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^50: LED点滅

JPG 1040x720 174.8kb

4・1/2桁の電圧計の設定を添付します。

motomura(2018/05/02 Wed 15:53) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^51: LED点滅

JPG 1000x1000 68.4kb

出来ましたので写真を添付します。

最低と最高です。

mail

motomura(2018/05/02 Wed 16:44) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^51: LED点滅

お陰様で一件落着致しました。 ありがとうございました。

お時間ありましたら「パワーLED3灯」の検討をお願いいたします。

mail

motomura(2018/05/03 Thu 08:00) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^51: LED点滅

■計測範囲についてお願い■

現在の範囲より低速範囲にするには、改造が必要でしようか。

1,000rpm〜位が希望です。最高はそんなに高速の必要はありません。

ご検討をお願いします。

mail

inara1(2018/05/03 Thu 12:54) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^52: LED点滅

JPG 1040x720 136.1kb

>現在の範囲より低速範囲にするには、改造が必要でしようか
添付図の赤丸で囲ったコンデンサを1μFにすれば1/10になります。

コンデンサは積層セラミックコンデンサ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-08150/
でも、アルミ電解コンデンサ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-03114/
でもいいです。電解コンデンサには極性(+−)があるので、添付図の+−に合わせて取り付けて下さい。リード線の長いほうが+です。

>お時間ありましたら「パワーLED3灯」の検討をお願いいたします。
3灯化については前にお答えしましたが↓

>これを3個駆動するのは大変でしょうか?
3個並列にして大丈夫です。「パワーLED + 1Ω」を3個並列にしてください。ヒートシンクなしでも2SJ334には5Aくらいの電流を流せます。

集光レンズ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-04411/
を付けると光を絞れるのでより明るくなります(この集光レンズは手元にあります)。集光レンズを付けると配線の邪魔になりますが、うまく配線してください。

inara1(2018/05/03 Thu 13:38) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^53: LED点滅

JPG 720x1399 135.9kb

3灯化用回路を添付します。

motomura(2018/05/03 Thu 16:12) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^53: LED点滅

回転数を落とす為
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-08147/
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-09481/
これを付けた場合の回転数はいかがでしょうか?

mail

inara1(2018/05/03 Thu 16:25) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^54: LED点滅

コンデンサの容量をN倍にすると測定できる回転数は1/Nになります。

motomura(2018/05/03 Thu 17:06) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^55: LED点滅

3灯付けて明るさは十分です。

コンデンサーで回転ボリュームのように無段で容量を変えられるような物は無いのでしょうか?

mail

motomura(2018/05/03 Thu 20:25) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^55: LED点滅

youtubeにUPしました

https://youtu.be/1HbJ0D2fjx0

mail

inara1(2018/05/04 Fri 08:42) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^56: LED点滅

>コンデンサーで回転ボリュームのように無段で容量を変えられるような物は無いのでしょうか?
1μFの容量を連続的に変えられるものはないと思います。0.00001μFから0.001μFまで変えられるものはあります(ラジオのバリコン)。

2つのコンデンサをスイッチで切り替えるようにすればいいのではないでしょうか。

YouTube見ました。バックライト付の3・1/2桁の電圧計にしたのですね。

motomura(2018/05/04 Fri 14:56) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^57: LED点滅

明日コンデンサー3種類届きますので切り変えてテストしてみます。

3灯にしたら2SJ334が熱くなりましたのでヒートシンクを付けました。

mail

motomura(2018/05/04 Fri 20:15) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^57: LED点滅

コンデサーを並列にセットした時はどうなりますか?
また、直列の時には?
例えば、
0.1μFを2個を並列にするとXμF
0.1μFを2個を直列にするとXμF

inara1(2018/05/05 Sat 08:06) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^58: LED点滅

JPG 1134x1512 406.2kb

0.1μFを2個を並列にすると2× 0.1μF=0.2μF
0.1μFを2個を直列にすると(1/2)× 0.1μF=0.05μF
です。

コンデンサを切り替えて回転数レンジを3種類としたストロボ回路の配線図を添付します。パワーLEDの駆動回路も一体化しました。パワーLEDに接続する端子の右側を空けてあるので、LEDを4個以上にするときはこの空きスペースが使えます。

motomura(2018/05/05 Sat 15:41) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^59: LED点滅

JPG 1680x1260 1291.8kb

0.1μFを沢山使えば好きな様に出来るのですね。

今日、5種類のコンデンサーが到着しましたので今出来上がりました
手元に12チャンネルロータリースイッチがありましたので6個のコンデンサーの切り替えで作ってみました。
うまくいってます。

回転計は4・1/2を使いました。3・1/2もそのままです。

mail

inara1(2018/05/05 Sat 16:31) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^60: LED点滅

JPG 378x378 15.0kb

>手元に12チャンネルロータリースイッチがありましたので6個のコンデンサーの切り替えで作ってみました
6レンジとは豪華ですね。

> 回転計は4・1/2を使いました。3・1/2もそのままです
パネル表面に切粉がついています。2737の表示は安定していますか。

回転数計は調整箇所がありませんが、配線図
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=image&file=3845.jpg
の一番下にある3.3kΩの抵抗を5kΩくらいの半固定抵抗に置き換えて、抵抗値を調整すると、表示がより正確になります。

周波数の正確な発振器が必要ですが、配線図の「パルス入力」のところに、振幅0V-5V、周波数100Hzの信号を入れたとき、表示が6000(4・1/2桁の場合)になるように半固定抵抗を調節するだけです。100Hzは1分間に6000回の振動なので6000rpmになります。

調整は微妙なので、多回転の半固定抵抗(5kΩ)http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-12697/
を使うと楽に調整できます。

motomura(2018/05/05 Sat 16:47) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^61: LED点滅

>パネル表面に切粉がついています。2737の表示は安定していますか。
安定していません
-----------------------------------------------------------
>5kΩくらいの半固定抵抗に置き換えて、抵抗値を調整すると、表示がより正確になります。交換してみます

両方とも「.【P-00110】ヘリカルポテンショメータ」の100Kを使っています
---------------------------------------------------------
>多回転の半固定抵抗(5kΩ)http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-12697/
を使うと楽に調整できます。

交換してみます
---------------------------------------------------
少しづつ改良しましょう。

--------------------------------------------------
toutubeにUPしました
https://youtu.be/IyfeNjI-w_U

mail

motomura(2018/05/05 Sat 17:53) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^61: LED点滅

>周波数の正確な発振器が必要ですが、配線図の「パルス入力」のところに、振幅0V-5V、周波数100Hzの信号を入れたとき、表示が6000(4・1/2桁の場合)になるように半固定抵抗を調節するだけです。100Hzは1分間に6000回の振動なので6000rpmになります。

この調整方法を理解出来ません。
-------------------------------------------------------------
>周波数100Hzの信号を入れたとき

特にこれがわかりません

mail

motomura(2018/05/09 Wed 15:22) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^61: LED点滅

inara1さん
3.3KΩを5kΩの半固定抵抗に置き換えましたが、調整方法がわかりません。
いろいろと調整してみましたが、良い結果が得られませんでした。
調整の方法を教えて下さい。

>配線図の「パルス入力」のところに、振幅0V-5V、周波数100Hzの信号を入れたとき

周波数100Hzの信号はオシロが無いとわかりませんか?

mail

inara1(2018/05/09 Wed 16:25) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^62: LED点滅

> 周波数100Hzの信号はオシロが無いとわかりませんか?
作業場は長津田ですか。だったらAC100Vの周波数が50Hzなので、それを使って100Hzの信号を作ることができます。

AC100Vは感電の可能性があるので、電源トランスで感電しない低い電圧に落として、その信号から100Hzの矩形波を作る方法があります。

電源トランスはここ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-08735/
のような小型のもので構いません。明日から2日間は仕事なので実験できませんが、次の土日に実験して回路図を紹介します(そのトランスは持っています)。

上のトランスを使うと、AC100Vから±15VのDC電源を作ることもできます(最大電流は50mA)。オペアンプの電源電圧は±15Vが多いので、±15VのDC電源があれば、オペアンプ回路の電源として使えます。

motomura(2018/05/09 Wed 21:38) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^63: LED点滅

スライダックを持っていますが、それで良いでしょうか?

mail

motomura(2018/05/10 Thu 09:45) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^63: LED点滅

JPG 3264x2448 678.3kb

写真のトランスとブリッジダイオードがあります。
AC100V入力でDC15.8Vが得られます。
---------------------------------------------------
>配線図の「パルス入力」のところに、振幅0V-5V、周波数100Hzの信号を入れたとき

「パルス入力」はどこでしょうか?
----------------------------------------------------
その他手持ち品
スイッチング電源
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-06969/
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-05758/
■ACC100/DC12V 30A 2台(1台は機織り機に使用)
■型番不明 入力DC12V/0〜MAX10V

mail

inara1(2018/05/11 Fri 03:47) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^64: LED点滅

JPG 1040x720 119.5kb

トランスとダイオードブリッジがあるのなら添付図のように配線すれば調整できると思います。

変更した0.1μFはそのまま付けておいてもいいです。

motomura(2018/05/11 Fri 18:56) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^65: LED点滅

トランスAC12Vでブリッジダイオード出力はDC10.4V
周波数抵抗を一番左で3.3Kの抵抗を回して電圧計は1430、右いっぱいで1130
DC12Vでも同じです。(3.1/2電圧計)

周波数調整を回すとLEDは反応しますが電圧計は変化ありません。
--------------------------------------------------------
0.1μfはフイルムコンデンサではなく、セラミックコンデンサだからなのでしょうか?

mail

inara1(2018/05/12 Sat 04:20) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^66: LED点滅

失礼しました。
こちらで実験したところ動作しませんでした。

motomuraさんはTC4538というICはお持ちですか?それを使って実験してみます。

0.1μFのコンデンサは0.01μFに戻してください。

inara1(2018/05/12 Sat 06:26) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^67: LED点滅

JPG 1040x720 149.2kb

TC4538を使った回路でうまくいきました。

TC4538BP
千石電商 https://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=75PU-A7DZ
マルツ https://www.marutsu.co.jp/GoodsDetail.jsp?salesGoodsCode=26025933&shopNo=3#item_description
サトー電気(町田店)
https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%82%B5%E3%83%88%E3%83%BC%E9%9B%BB%E6%B0%97+%E7%94%BA%E7%94%B0%E5%BA%97/@35.5457033,139.4423976,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x6018feb2f05a06df:0x80d61887bda0dc88!8m2!3d35.5457033!4d139.4445863?hl=ja&dcr=0

motomura(2018/05/12 Sat 07:29) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^68: LED点滅

パルス入力のGNDはそのまま刺したままで良いですか?

mail

inara1(2018/05/12 Sat 07:47) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^69: LED点滅

パルス入力のGNDと電源GNDは基板内部でつながっているので、パルス入力のGNDの配線は不要です。

町田のサトー電気にも4538があるようです。
http://www.maroon.dti.ne.jp/satodenki/dic.html
TC4538BPかどうか分かりません。

motomura(2018/05/12 Sat 07:50) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^70: LED点滅

千石に注文致しました

mail

motomura(2018/05/12 Sat 08:56) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^70: LED点滅

較正用の基板を作りたいと思いますので、実装図をお願いします。

AC12VからDCへ変換時のDOWNは無視して良いですか?
DC10.4Vになります。

mail

  1. 前8件
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. ...
  10. 19
  11. (1-8/150)
  12. 次8件