秋月ファンクラブ掲示板

  1. MP3 Player(2)
  2. Rotary Phase Converter について(8)
  3. Excel VBAで太陽電池の電流−電圧特性を計算する方法(1)
  4. この回路を作りたいです(9)
  5. cell phone jammer blocker(0)
  6. LED Cube2(6)

daruma(2018/02/28 Wed 10:18) [ 編集 ] [ 返信 ]

MP3 Player

JPG 1024x768 158.2kb

小ネタです。

私は音楽を聴く趣味・生活習慣が無いので、これと言った音源がありません。このたびの入力セレクタやサウンドレベルメーターに音を通してみるには、PCのヘッドホン出力からミニプラグで取り出してクリップで繋ぐなどめんどうなことをしていました。

なにか手軽に音の出る物をとaitendoから
http://www.aitendo.com/product/11604
を買ってありました。3Wアンプ付きで電池とスピーカーを繋げば使えるという手軽さで、小さな箱に入れてと考えていたのですが、いざ作ろうとすると虫が騒いでしまいました。Playerの操作にタクトスイッチ3個を付けるのに、敷地が空いているからとサウンドレベルメーターも付けたら、「サウンドメーター付きプレイヤー」というより「プレイヤー付きサウンドメーター」になってしまいました。

USBメモリとSDカードが使えるのですが、挿入口を開けるのが厄介なので、こんなふうにしました。以前、『FMラジオ』
http://darumakobo.wixsite.com/work/fmradio
でやったのと同様です。
ケースの中はスピーカーと乾電池だけ。実験のとき電源装置は実験対象に使っているので、電池駆動にしました。スピーカー開口部は『IN-9温度計』の目盛板に使ったパンチアルミの残りです。一応ステレオなので、向こう側にもスピーカーがあります。『LED Cube』のときに買ってみた小さなLEDを付けて、取り付けに要するスペースは普通の2mm幅LEDと同じなのですが、「小粒感」が出ました。

プレイヤーの出力は普段はジャンパピンでスピーカーに直結していますが、ピン位置を変えると外に取り出してまたスピーカーに戻すことができます。

「むき出しで変だ」と家人には不評です。

inara1(2018/03/01 Thu 05:45) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: MP3 Player

パワーアンプ付きのMP3プレイヤが950円ですか。これでは自作派はますますいなくなります。

電子マスカットさんの掲示板にも出してますね。
http://www.zea.jp/audio/bbs/index.cgi
まだ返信はついてないようですが。

daruma(2018/03/01 Thu 09:24) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^2: MP3 Player

まったく、Made in China恐るべしです。

darum@工房ページも更新したのですが、ひとつ困ったことが起きています。
新しいページをつくるときは既存ページをコピーしてリネームし写真やテキストを入れ替える手法をとっているのですが、新しいページのURLに入るページ名がコピー元ページのページ名をひきずるのです。'ioselectorの'ページに'voltagemeter'という具合に。
リンク先を掲載したときトンチンカンでカッコ悪いです。

darum@工房サイトは「WiX」のサービスを使っているのですが、開設した当初はこんなこと無かったのに、いつのまにかこうなっています。それでもちゃんと動いて実害はないのですが。

chy_farm(2018/01/27 Sat 00:29) [ 編集 ] [ 返信 ]

Rotary Phase Converter について

inaraさん、こんばんは。ご無沙汰しております。

表記の装置は、単相200Vから三相200Vを作り出す装置です。
原理は古くウィキによれば私が子供のころお世話になった信越線の碓氷峠にあったアプト式登坂鉄道の電力供給に使われたことがあったそうです。

手元に30年前に購入した三相200Vモーター(2.2Kw)と、単相200Vモーターがひとつずつあるので、これを使って試作しようと考えています。

こんな装置を作ろうというのは、こちら日本では物好きですが、米国ではそれほど稀ではなく、よく知られたサイトもあります。
http://www.practicalmachinist.com/vb/transformers-phase-converters-and-vfd/rotary-phase-converter-designs-plans-101231/

添付のリンクにある画像は米国のジム・ウィルソン氏が試作したものです。
http://www.paragoncode.com/shop/rotary_converter/Converter_20HP.pdf

左側のL1、L2、N、はそれぞれ単相200Vを接続します。Nは中間線です。

はじめにS2をONすると、PonyMotorが回り始めます。
次にS1をRunにすると、PonyMotorがOffになり、同時にK3がOnになってIdlerMotorが回り始めます。

右端の端子、A、B、C、は三相の出力端子です。

A-B間、B-C間の電圧はそれぞれがほぼ同一になるようにCp、Csのコンデンサで調整します。

A-B間、B-C間の電圧は、A-C間の電圧より5%高くなるようにコンデンサで設定します。

コンデンサCpfは、右の単相200VのL1ーA端子への電流、L2線ーB端子への電流が。IdlerMotor回転時にもっとも低くなるように設定します。

質問:
この回路で使用する電解コンデンサは、耐圧400Vにするように指定されていますが、流してよい電流値についての記述が無く、選ぶのに迷っています。
ジム氏は、一山いくら、のいろいろ入ったコンデンサパックをひとつ買ったら半分くらい使った、と言っていますが、、、。
これはどういうタイプを選んだら良いのでしょうか?
他のサイトを見ると、かなり大き目の、端子がねじ止め式のものを組み合わせています。
手元に日本ケミコンのサイトからダウンロードした電解コンデンサのカタログはあります。

よろしくお願いします。

inara1(2018/01/27 Sat 02:01) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: Rotary Phase Converter について

交流電圧なので、無極性のフィルムコンデンサですね。

マルツにあるDC400V耐圧のフィルムコンデンサはここ
https://www.marutsu.co.jp/RatedList.jsp?goodsClassCode1=16&goodsClassCode2=0008&goodsClassCode3=0008&idsf=&q=&rv3=400V&sdgf=&shopNo=3
ですが、1つを除いて1μF以下のものばかりです。80μFは非常に高価です。

千石電商にあるAC250V耐圧のフィルムコンデンサはこんな感じです。
https://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/search.php?cid=3301&st=40

chy_farm(2018/01/27 Sat 08:25) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^2: Rotary Phase Converter について

> 交流電圧なので、無極性のフィルムコンデンサですね。

表面がメタリックな緑色のオーディオ用電解コンデンサがあるので、そういうタイプがあるのかと思っていました。

ずいぶん高価ですね、
中古品の性能はどうでしょうか?電解のように劣化しますか?

chy_farm(2018/01/27 Sat 12:35) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^3: Rotary Phase Converter について

ちょっと安いものですが、こういうのをご使用になったことはおありですか?

https://www.qiannipicture.com/pic/uploadfile2/UploadFile/P0/SKU510400/8A829D8D96379A33CD9C92C99B539363C7CE5499D2C7369C83D2CE15C8C79DD2CB63C6837FD283134336268363CF9373C6CA13F513.jpg

1本どれも3.99ドル。下記のスペックです。

Specification:
Ambient temperature: -25℃ ~ + 70℃
Capacitance range: 15uF/20uF/25uF/30uF/35uF/40uF/45uF/50uF +/- 5%
Rated voltage: 450V AC 50/60HZ
Capacity: precision: J:±5% K:±:10%
Insulation resistance: T-T≥3000MΩUf(20℃,100VDC)
Tg loss tangent value: tgδ≤0.002(100HZ,20℃)
Withstand voltage: 2.0Un 3S

Dimensions: (Diameter x Height)
15uF- 4.4 x 7.5cm
20uF- 4.4 x 9.8cm
25uF- 4.6 x 10cm
30uF- 4.8 x 9.9cm

chy_farm(2018/01/27 Sat 13:03) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^4: Rotary Phase Converter について

> ちょっと安いものですが、

こういう会社の製品でした。
https://www.capacitorindustries.com/product-category/motor-run-capacitors/

「Capacitor Industries is comprised of 3 marketing divisions; Motor Capacitors, Inc., Chicago Condenser Corporation, and SEI Capacitors, Inc. 」

inata1(2018/01/27 Sat 17:40) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^5: Rotary Phase Converter について

>こういう会社の製品でした
メタライズドフィルムコンデンサですね。ポリプロピレンフィルムの表面に金属を蒸着させただけの構造で、電解コンデンサの電解液のような液体を使っていないので、ほとんど劣化のないコンデンサです。体積あたりの静電容量が小さいので、100μFといった大容量ではバカでかくなってしまいます。

こちらにはDC耐圧250V・10μFのメタライズドフィルムコンデンサがありますが、消しゴムのような大きさです↓
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-11713/

メタル缶のコンデンサは使ったことはないです。いかにもモータ用という感じですね。

chy_farm(2018/01/27 Sat 20:12) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^6: Rotary Phase Converter について

>ポリプロピレンフィルムの表面に金属を蒸着させただけの構造で、電解コンデンサの電解液のような液体を使っていないので、ほとんど劣化のないコンデンサ

そういう簡単な構造なら支那製でも使えそうです。

ありがとうございました。

inara1(2018/01/28 Sun 04:49) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^7: Rotary Phase Converter について

いろいろなコンデンサの構造や特徴がここに出ています。
http://www.tdk.co.jp/techmag/electronics_primer/index.htm

昔のテレビ(真空管式)には今では絶滅したコンデンサ(ぺーパーコン、マイカコン、チタコン)が使われていました。真空管回路は電源電圧が高いので、小さい容量でもバカでかいコンデンサでした。

chy_farm(2018/01/28 Sun 09:28) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^8: Rotary Phase Converter について

そうですね、「Capacitor、Tube amp audio」と入れたら高耐圧のが出て着ました。
https://www.ebay.com/sch/i.html?_from=R40&_trksid=p2047675.m570.l1313.TR0.TRC0.H0.TRS0&_nkw=Capacitor+for+tube+amp+audio&_sacat=0

真空管のテレビや、ラジオは子どものころ家にあったのをみただけ。真空管オーディオアンプ、工業大学の先生をしていた友人が自作した、と自慢していたのを思い出します。音が違うんだ!と言っていました。耳が悪いのか、私には違いがはっきりしませんでした。

三相モータの原理は面白いですね。
真ん中のカゴ型ロータを平たくした模型をアルミ箔で作って水に浮かべ、磁石で引っ張ってみました。
https://www.youtube.com/watch?v=1INPQLsPwVw

磁界の移動が速いほうが動くかな、と速い動きで実験しましたが動きません。(動かすところはビデオの1/4から後です)
磁界はゆっくり動かした方がはっきりと動くのがわかります。
たぶんアルミ箔が薄いから渦電流がわずかで、生成される磁界も小さいためなのでは、、?と推察しています。
アルミ箔を6枚重ねてラミネート状にしたら、よりはっきり動きます。
理論どおり動いて面白いです。

Rotary Phase Converterにすると、
「三相モーターへの最初の通電処置」と同時に
「ローターに外力を与えて回転させるという作業」が、

この実験の「磁石を動かす」というきっかけになっていて、

それが隣り合う枠に磁場の変化を与え、

それがさらに隣り合うコイルに正弦波の電流を発生するのだ、とわかります。

inara1(2017/10/06 Fri 07:17) [ 編集 ] [ 返信 ]

Excel VBAで太陽電池の電流−電圧特性を計算する方法

PNG 720x2646 541.4kb

Yahoo知恵袋の回答の補足にここを使わせてください。

左上の画像をクリックすると拡大表示されます。Excel2010とExcel2016で動作することを確認しました。

貼る付けるVBAコードはこれです。この文章をコピー&ペーストしてください。
ここから↓
Function I(Iph, Rsh, Rs, I0, nVt, V)
If Iph < 0 Or Rsh < 0 Or Rs < 0 Or I0 < 0 Or nVt < 0 Or V < 0 Then
I = ""
Exit Function
End If
Dim eps As Single, a As Single, x As Single, x0 As Single, x1 As Single

eps = 1 / 10 ^ 6 ' --- 相対計算精度
x0 = -2 * Iph
x1 = Iph ' --- I の値を x0 から x1 の範囲で探す
I0 = I0 / 10 ^ 12 ' --- I0の単位をpAからAに変換
nVt = nVt / 1000 ' --- nVtの単位をmVからVに変換
While Abs((x0 - x1) / (x0 + x1)) > eps
x = (x0 + x1) / 2
a = (V + x * Rs) / nVt
If a > 700 Then a = 700 ' --- exp 計算のオーバフロー防止
If Iph - (V + x * Rs) / Rsh - x - I0 * (Exp(a) - 1) > 0 Then
x0 = x
Else
x1 = x
End If
Wend
I = x
End Function
↑ここまで

このプログラムは、I(Iph, Rsh, Rs, I0, nVt, V)という関数を定義しているものです。中身は2分法で電流を計算しています。ワークシートのセルに
=I(Iph, Rsh, Rs, I0, nVt, V)
と書けば、I-V特性の縦軸の電流(A単位)を計算してくれます。
Iphは光電流(A単位)、Rshは並列抵抗(Ω単位)、Rsは直列抵抗(Ω単位)、I0は飽和電流(pA単位)、nVtは理想係数×熱電圧(mV単位)、VはI-V特性の横軸の電圧(V単位)です。

Excelシートを保存するときは、ファイルの種類を「Excelマクロ有効ブック」としてください。

inara1(2018/01/12 Fri 06:22) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: Excel VBAで太陽電池の電流−電圧特性を計算する方法

今回作成したVBAコードを以下に添付します。電流を引数として電圧を求めるユーザ関数です。Iphは光電流[A]、Rpは並列抵抗[Ω]、Rsは直列抵抗[Ω]、I0はダイオードの飽和電流[pA]、Vtは熱電圧[mV]、Iは出力電流[A]です。I0とVtの単位に注意してください。

Function V(Iph, Rp, Rs, I0, Vt, I)
If Iph < 0 Or Rp < 0 Or Rs < 0 Or I0 < 0 Or Vt < 0 Or I < 0 Or I >= Iph Then
V = 0
Exit Function
End If
Dim eps As Single, a As Single, x As Single, x0 As Single, x1 As Single

eps = 1 / 10 ^ 6 ' --- 相対計算精度
I0 = I0 / 10 ^ 12 ' --- I0の単位をpAからAに変換
Vt = Vt / 1000 ' --- Vtの単位をmVからVに変換
x0 = 0
x1 = Vt * Log(1 + Iph / I0) ' --- V の値を x0 から x1 の範囲で探す

While Abs((x0 - x1) / (x0 + x1)) > eps
x = (x0 + x1) / 2
a = (x + I * Rs) / Vt
If a > 700 Then a = 700 ' --- exp 計算のオーバフロー防止
If Iph - (x + I * Rs) / Rp - I - I0 * (Exp(a) - 1) > 0 Then
x0 = x
Else
x1 = x
End If
Wend
V = x
End Function

lactaman(2017/12/14 Thu 21:08) [ 編集 ] [ 返信 ]

この回路を作りたいです

JPG 891x444 30.2kb

inara1さん、なんじゃらほいさん、darumaさん、ご無沙汰しています。
1年以上工作から遠ざかっていましたが、作りたい物が出来たのでご教示下さい。
LTspiceもPICも使い方を忘れていて手さぐり状態です。
こちらの回路とプログラムを使わせてもらっています。http://www.aurora.dti.ne.jp/~honeybee/Laboratory/ShiftPoint2/Index.html

変更点は入力パルスが0-5Vに対して0-10Vを入れるので分圧したのと、トランジスタを1815にしています。机上では上手くいったのですが、回路を作ってバイクに載せたら誤作動ばかりです。(点灯、消灯を繰り返す)

バイクという条件の悪いモノに載せようとしているので色々と問題点があると思いますが、考えられる対処法が有れば宜しくお願いします。

inara1(2017/12/15 Fri 03:24) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: この回路を作りたいです

PNG 720x1040 151.7kb

実験していませんがこういう回路でいいのではないでしょうか。トランジスタの電流増幅率や温度が変わっても特性に変化がないことは確認しています。

lactaman(2017/12/15 Fri 20:24) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^2: この回路を作りたいです

inara1さん、早々にありがとうございます。
折角興味を持ち出していた電子工作も暫くぶりで最初から勉強ですね。
理解していないからなんでしょうね。

上記の回路で入力すると格段に安定しました。ただ、時々PICが誤作動します。
今回はプログラムがHEXファイルしか公開されていないので中身が分かりませんが、インターフェイスまでしっかりしているので完成させたいです。
短時間ならオシロをバイクの所に持って行けるので、入力信号を測定してみようと思います。

公開されているHPではノイズ対策でコレクタに繋がる抵抗を10kに変えたとあるのですが、この抵抗値を変えると何が変わるのでしょうか?
また、7805で5Vを作るのとDC-DCコンバータ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-07179/
を使うのでは電源ノイズに対するメリットなんかは有りますか?
宜しくお願いします。

inara1(2017/12/16 Sat 07:35) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^3: この回路を作りたいです

元の回路は無理やりな感じがします。コレクタ抵抗は何Ωから10kΩに変更したのか分かりませんが、抵抗値が小さいほど応答が速くなります。低回転時と高回転時の入力信号の波形は撮れますか。

そのDCコンバータは使ったことがないのでデメリットは分かりません。無負荷時の消費電流が5mAあるので、負荷電流が小さいときは高効率とは言えません。

lactaman(2017/12/17 Sun 15:30) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^4: この回路を作りたいです

JPG 640x240 96.1kb

お世話になります。
駐輪場でオシロを使うのが難しいので、ハンディタイプのオシロ(DSO202 Note II)を買って測定しました。左がアイドリング中、右が回転を上げた時で、両方10V/divです。

色々と勘違いがありました。
サービスマニュアルでタコメーターの点検に0-10V デューティ0.5の波形を入れろと有ったので、てっきりECUやタコメーターに繋がっているラインのパルスもそうだと思い込んでいましたが、相当高い電圧でした。

こんな入力波形ですがマイコンに入力する方法は有りますか?
宜しくお願いします。

inara1(2017/12/17 Sun 16:59) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^5: この回路を作りたいです

PNG 720x1399 236.5kb

入力信号は反転しているのですね。40Vくらいのスパイクノイズを入れてシミュレーションしてみましたがが問題ないようです。40Vの信号が印加されたときのトランジスタのベース電流は4mAくらいなので、この回路ではトランジスタが壊れることはありませんが、前の回路だと10pFが入っているので、10pFを通して高周波ノイズがトランジスタ直に入ることになるのでまずいかもしれません。

>こんな入力波形ですがマイコンに入力する方法は有りますか?
その波形を屋内で出せば、寒い駐車場で怪しげな行動をしなくて済みますね。

LTspiceで発生させた信号はwaveファイルで保存できます。waveファイルをPCなどで再生すれば、スピーカ端子にその波形が出てくるので、40Vくらい出せるアンプで適当に増幅して、その回路に加えればいいです。

55Vまで出力できるオペアンプ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-00065/
があります(手元にもあります)。上の回路の試験だけなら、実際に40Vのノイズまで加える必要はないかもしれませんが、電源ラインにそのノイズが回り込んでPICが誤動作する可能性もあるかもしれません。必要ならアンプの回路図を書きますが、電源電圧は45Vくらいは必要です。秋月に48Vのスイッチング電源(入力はAC100V)があります。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-12352/

LTspiceで発生させた信号はwaveファイルで保存する方法について、過去にそういう質問がokwaveというサイトであったので回答したことがあります。
https://okwave.jp/qa/q9050191.html

Yahoo知恵袋のIDはokwave_inara1ですが、知恵袋に来る前はそのokwaveでinara1というIDを使っていたのでそういう名前にしました。

lactaman(2017/12/18 Mon 22:36) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^6: この回路を作りたいです

最初にinara1さんに謝らなくてはなりません。
ハンディオシロの入力は40Vp-p迄だったのです。
×10プローブは有りますが変換コネクタが手元に有りません。
いろいろとバイクの事を調べると、この入力はイグニッションコイルの一次側の電圧のようで、200V程度は有りそうでした。サービスマニュアルでは155V以上で正常と有りました。よく調べずにすみませんでした。この信号を再現するのは現実的ではないですね。

こちらのページと波形は似ています。
ダイオードクランプの所が分かりませんが…
http://bit.ly/2BHiiRq

inara1(2017/12/19 Tue 04:36) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^7: この回路を作りたいです

そのサイトの「イグニッション波形」の所(トランジスタのコレクタ電圧)を観測したのではないのですか。その波形では55Vくらい出ていますが問題ないと思います。

ダイオードクランプの所は、ツェナダイオードで5V以上の電圧がロジックICにかからないようにしているだけです。今回の回路はロジックICでなくトランジスタに信号を入れているので、そのような回路は不要です。

lactaman(2017/12/19 Tue 21:28) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^8: この回路を作りたいです

JPG 1200x1600 354.1kb

>今回の回路はロジックICでなくトランジスタに信号を入れているので、そのような回路は不要です。

了解しました。

イグニッションコイルについても知らなかったので少し調べました。
私のバイクの場合トランジスタ点火でECU内にトランジスタ回路があります。一次コイルのプラス側に常時14Vをかけていて、一次コイルのマイナス側にECUからの信号が14Vから0Vに落ちた時に励磁させているのですね。14Vに戻った時に逆起電力で点火になるんですかね。

現状としてはinara1さんが書いてくれた入力回路でトランジスタはスイッチングできていてPICの入力はできています。ありがとうございます。ただ、設定より低い回転で誤作動してLEDが点灯する時があります。誤作動時にPICの入出力がどうなっているか調べようと思います。

lactaman(2017/12/27 Wed 18:43) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^9: この回路を作りたいです

報告が中途半端になってすみません。
プログラムをそのまま頂いて中身が分からずに誤作動の原因追及に限界を感じました。
楽をしようとしたことを反省しています。

inara1さんに入力方法を教えていただいたので、timer0,timer1を初めて使って、12f629でプログラムから作っています。有難うございました。

jammer-buy(2017/12/23 Sat 19:39) [ 編集 ] [ 返信 ]

cell phone jammer blocker

れていません.
In serious cases, personal information leak more and more people received harassing phone calls, received several a day, or even a dozen harassing phone calls will seriously affect our work and life, in the face of harassing phone calls, we can do?

By whom we cannot control our information is leaked out, also can't control of harassing phone calls to disturb, we can only be used in the home to install cell phone jammer, can effectively avoid harassing phone calls to disturb.

http://www.jammer-buy.com/app-dangerous-phone-security.html

mail web

daruma(2017/12/01 Fri 01:01) [ 編集 ] [ 返信 ]

LED Cube2

このスレッドは『LED Cube』の続きです。

> パラメータの設定次第で数時間になることはおかしくありません。

昨日の実験では、STEPDATAを'5'でTIME100でトップスピードへの変化時間よりはるかに長く待っても抜け出せないので、時間がかかっているのではなく無限ループだと考えました。そのあとSTEPDATAが'1'でTIME1Mのものを再度走らせて朝まで7時間、やはり同じ状態になっていたのでこれもそうだと考えました。早計でしたか?

> こういう場合は、STEPDATAを52とかにして

STEPDATAを'52'でTIME100にしてやってみました。やはり、上りつめたところで変化しなくなりました。

> チカラ技第2弾の修正HEX STEP7 1mS

走らせてみました。42分で全点灯(に見える)状態になりそれが数秒続いた後減速に転じました。これが想定通りの動きですね。「チカラ技第2弾」ですから、ループ回数を4段階に分けているのですね。

> チカラ技第3弾のHEX STEP変化版 重複あり1mS

これまで固定だったSTEPDATAを途中で変化させる仕様なんでしょうか。
100分で全点灯に達しました。わずかずつの変化を見続けていたのですが、低速域ではステップを大きく、中速域では小刻みに変化させているのでしょうか。「2発点灯(に見える)横走り」「3発点灯(に見える)横走り」の状態がたっぷり続きました。

> 頭脳技版TIMER1使用の最低加減速インターバル50mS版
> 頭脳技版TIMER1使用の最低加減速インターバル250mS版
> 頭脳技版TIMER1使用の最低加減速インターバル250mS版 STEPDATA5 最低ウェイト150マイクロ秒

これらは力ずくではないスマートで美しい方法なんですね。
走らせてみました。ひとつめとふたつめはほぼ同じに見え2分で全点灯に達し、それが1秒弱続きました。みっつめは1分で全点灯に達し続いた時間はもっと短かったです。

割り込みというのはさらに難しそうですね。
「チカラ技」のほうは、読んでぼんやりとですが流れがわかります。それとて細部はよくわかりません。

> チカラ技第2弾のソースは240行〜260行の間にバグの原因があります。

難しい宿題です。今夜は各HEXを走らせて観察するだけで過ぎてしまいましたから、明日頭をひねります。

daruma(2017/12/01 Fri 14:24) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re: LED Cube2

宿題が解けました。
249行 GOTO UPSTART → GOTO DNSTART
ではないでしょうか。これで意図どおりに動作します。

いろいろカットアンドトライして、
STEPDATA 30
TIME150
それに、ループ回数の配分を
200,120,30 から 100,20,10 に変更しました。
これで、
・1発点灯横走り
・2発点灯(に見える)横走り
・3発点灯(に見える)横走り
・3発点灯(に見える)縦走り
・全点灯(に見える)トップスピード
の見せ方で上り坂35秒全点灯10秒下り坂35秒と程よい遷移です。

頭脳技もご提示いただきましたが、今回はこれでフィックスとさせていただきたく思います。

daruma(2017/12/02 Sat 12:44) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^2: LED Cube2

JPG 1024x768 140.0kb

試作4号機が形になりました。
これまでと同じく両面ノンスルホール基板を使って、部品面の裏にヘッダソケットを付け、天地を裏返しにしています。柱になる足の都合でソケットをできるだけケース天板に近づけたいからです。
LED群は初期作の少々いびつな物をつけていますが、あとでもう少しましなのを作ります。

高さが取れるのでPICはソケット装着にしましたが、ICSPのピンも立てました。
これまでPICkit3と秋月のアダプタで書き込んでいますから、このICSPピンはまだ使っていません。
PICkit3をここに挿して、いつものように書き込みすればいいのでしょうか。その場合回路電源はOFFにしておくのですよね。まだやってみてはいません。

daruma(2017/12/06 Wed 17:26) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^3: LED Cube2

JPG 1024x768 149.8kb

ICSPで書き込むことができました。MPLAB IPEで書き込みを開始すると、PICKit3からの電源で回路が走り出したのには驚きました。なるほど便利ですね。

試作4号機もケースに収めました。基板が1階建てなのでもっと低くできたのですが、試作3号機と同じ高さに揃えました。

inara1さんにお世話になった試作3号機はすでに
http://mpga.jp/akizuki-fan/index.php?mode=article&id=3538&page=1
で報告していたとおりめでたく完成です。ありがとうございました。

なんじゃらほいさんにお世話になった試作4号機もこれにて完成です。ありがとうございました。
せっかく頭脳版プログラムで鍛えてくださろうとしていたのに区切りをつけてしまって申し訳ありません。

なんじゃらほい(2017/12/06 Wed 23:03) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^4: LED Cube2

>これもそうだと考えました。早計でしたか?

いやむしろ悠長で気が長いという意味です。



>> チカラ技第3弾のHEX STEP変化版 重複あり1mS

>これまで固定だったSTEPDATAを途中で変化させる仕様なんでしょうか。

重複回数を指定する部分にSTEPDATAを設定する記述を追加しました。

MOVLW D'12'
MOVWF STEPDATA
GOTO UPSTART ;どれも該当しないなら、そのまま表示へ

S1SET MOVLW D'200'
MOVWF CHOUFU
MOVLW D'1'
MOVWF STEPDATA
GOTO UPSTART

S2SET MOVLW D'120'
MOVWF CHOUFU
MOVLW D'4'
MOVWF STEPDATA
GOTO UPSTART

S3SET MOVLW D'30'
MOVWF CHOUFU
MOVLW D'8'
MOVWF STEPDATA
GOTO UPSTART

> 頭脳技版TIMER1使用の最低加減速インターバル50mS版
> 頭脳技版TIMER1使用の最低加減速インターバル250mS版
> 頭脳技版TIMER1使用の最低加減速インターバル250mS版 STEPDATA5 最低ウェイト150マイクロ秒

>これらは力ずくではないスマートで美しい方法なんですね。

一定のインターバルで何かを処理する場合は、クロックを基準に自動的に一定間隔で処理するタイマー割り込みを使うのが正当な手法ですが、タイミングがシビアでなければ必然ではありません。

タイマー割り込みを使った方が、チカラ技版よりもリニアに変化させることが出来るので、美しくできる可能性がありますが、自由度という意味ではチカラ技版を極めた方が幅が取れます。

今回使った割り込みプログラムの大部分は、前回バスケットボールの24秒タイマーとかを作ったときに、7セグパターンのスキャンで処理速度がばらつき、あまりにも精度がメチャメチャだったので、その時に書いたものの抜き取り加工品です。



割り込み版はインターバル250mS版ではざっと計算したらDPCNTが70を割らないと、ほぼ意味がなかったようで、

>走らせてみました。ひとつめとふたつめはほぼ同じに見え2分で全点灯に達し、それが1秒弱続きました。
>みっつめは1分で全点灯に達し続いた時間はもっと短かったです。

よって、この様な結果だったと言うことですね。

>割り込みというのはさらに難しそうですね。

レジスタの設定が増え、お約束処理も増え、面倒が増えるだけですね。

解れば何てこと無いですが、初心者〜初級の人には結構敷居が高いはずです。



フィックス宣言が出る前にアセンブルしてあった物です。

気が向いたらどうぞ。10分掛からないと思います。

最低ウェイト150マイクロ秒、速度変化インターバル1秒版
:020000040000FA
:020000001528C1
:08000800AB00030EAA00AC0AD4
:1000100014302C02031D0E28AC01291458200C109A
:100020002A0E8300AB0E2B0E0900831660308F0062
:1000300000308600F03085008117831207309C0065
:100040000030900083160C1483120B178B17850158
:100050008601851405158515FF30A6000130A8001E
:10006000AC01A90133285D2061206D2065206D2041
:1000700069206D2065206D20291C34281010280867
:10008000A602031833280130A6005D2061206D20F0
:1000900065206D2069206D2065206D20291C462873
:1000A00010102808A607031C4528FF30A600332897
:1000B000C9308E003C308F000800AC01582010146D
:1000C000080085100515851508008514051185158E
:1000D0000800851405158511080005108601061411
:1000E0008A20860186148A20860106158A208601C8
:1000F00086158A20860106168A20860186168A20A1
:10010000860106178A20860186178A208601051433
:100110008A2008002608A7009D20A70803190800C8
:10012000A70B8C2808001330A1000000000000007D
:10013000A10B95280000000008001D30A100000060
:100140000000A10B9F280000000008006430A300FD
:100150000000000000000000000000000000A30BF1
:10016000A82808003230A4009320A40BB42808006B
:100170006430A4009320A40BBA2808002830A500FE
:10018000B220A50BC02808006430A500B220A50B42
:10019000C6280800C930A500B220A50BCC2808004D
:02400E00503F21
:02401000FD3F72
:00000001FF



>宿題が解けました。
>249行 GOTO UPSTART → GOTO DNSTART
>ではないでしょうか。これで意図どおりに動作します。

>いろいろカットアンドトライして、
>STEPDATA 30
>TIME150
>それに、ループ回数の配分を
>200,120,30 から 100,20,10 に変更しました。
>これで、
>・1発点灯横走り
>・2発点灯(に見える)横走り
>・3発点灯(に見える)横走り
>・3発点灯(に見える)縦走り
>・全点灯(に見える)トップスピード
>の見せ方で上り坂35秒全点灯10秒下り坂35秒と程よい遷移です。

これで、今回の勉強は十分でしょう。

>ICSPで書き込むことができました。MPLAB IPEで書き込みを開始すると、PICKit3からの電源で回路が走り出したのには驚きました。なるほど便利ですね。

>なんじゃらほいさんにお世話になった試作4号機もこれにて完成です。ありがとうございました。

ようやく完成ですね。不適切なパラメータの試験レポートご苦労様でした。



>せっかく頭脳版プログラムで鍛えてくださろうとしていたのに区切りをつけてしまって申し訳ありません。

レベルの飛びすぎたプログラムに手を出して混乱するよりも、現状レベルで少しずつステップアップする方が勉強になります。

daruma(2017/12/07 Thu 17:06) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^5: LED Cube2

> いやむしろ悠長で気が長いという意味です。

先述したとおり
>> STEPDATAを'5'でTIME100でトップスピードへの変化時間よりはるかに長く待っても抜け出せないので、時間がかかっているのではなく無限ループだと
判断するのは短時間でできたのですが、もしや私の方でSTEPDATAとTIMEを変更したことが原因かもと、いただいたままの状態でも試してみたわけです。「長時間かかる」とのことだったものですから、

> 一定のインターバルで何かを処理する場合は、クロックを基準に自動的に一定間隔で処理するタイマー割り込みを使うのが正当な手法

はるか昔、BASICでプログラムを書いていた頃に、マウスの処理は割り込みでした。割り込みというもののイメージはわかるのですが、それをPICで書くのは
> レジスタの設定が増え、お約束処理も増え、面倒が増える
ことの想像もつきます。そんなわけで、チカラ技版で所期の動作が実現しましたので「これでできあがりに」とさせていただきました。どこをどう増減すると速さや回数が変わるのかを自分で試すことができてありがたかったです。

> 最低ウェイト150マイクロ秒、速度変化インターバル1秒版
走らせてみました。3分でトップスピードに達します。

> これで、今回の勉強は十分でしょう。
ありがとうございます。
今日はひさしぶりに机の上をかたづけました。

daruma(2017/12/20 Wed 19:12) [ 編集 ] [ 返信 ]


Re^6: LED Cube2

daruma工房のサイトを更新しました。
いくつかたまっていた作品を掲載し、LED Cube2種(4017版とPIC版)を掲載しました。
inara1さん、なんじゃらほいさん、あらためてありがとうございます。

daruma工房をご訪問ください。
http://darumakobo.wix.com/work

  1. 前8件
  2. 1
  3. ...
  4. 13
  5. 14
  6. 15
  7. 16
  8. 17
  9. 18
  10. 19
  11. (145-150/150)
  12. 次8件