秋月ファンクラブ掲示板

題名 返信数 画像数 最終更新

motomuraさんからリクエストがありました。

6年くらい前に駆動回路を私が紹介したようですが、残念ながら記憶も記録もないので1から作ることにしました。

motomuraさんが以前撮影したミルククラウンの動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=t1EVUtd1yug&t=12s

駆動回路はミルクを滴下した瞬間の音をマイクで検出して、そこからある時間遅らせてストロボ発光させるというものです。今回依頼のあったのは、光源としてパワーLEDを使うというものです。

■LEDは3W3個
■LED発光時間は固定でOK(0.2mS位?写真)
■音を拾ってからの発光時間が変えられる遅延回路
■1回の音で1回の発光
■音の間隔=最短約3秒
■電源は5V(5V8Aがあります)

全体の回路図は添付図のようになります。ブレッドボードで動作確認しました。手元にあるコンデンサマイクを付けて3WのパワーLEDを点灯させていますが、実際にミルクは滴下していません。

コンデンサマイクの出力信号をトランジスタ(2CS1815)で増幅して、音が出たらデジタルIC(TC4538BP)で単一パルスを発生させ、そのパルスでパワーLED(パルス光源)を一瞬だけ点灯させるというものです。

マイクで音を拾ってからパワーLEDが発光するまでの時間(発光遅延時間)はボリュームで変えられるようにしています。パワーLEDが発光している時間は固定(0.2msくらい)です。

この回路では2種類の動作モードがあります。1つはパワーLEDを1回だけ発光させるsingleモードです。最初に滴下音を拾ってパワーLEDが点一瞬点灯すると、その後に音が入ってもパワーLEDは発光しません。もう1つはmultipleモードです。これは音を拾うたびにパワーLEDが一回点灯します。singleモードを入れたのは、滴下音以外の音を拾って多重露光にならないようにするためです。

どちらのモードでも、音を検出したときに別の「音検出LED」が一瞬だけ点灯するようにしてあります。このLEDは、マイクがちゃんと音を拾っているかの確認用ですが、パワーLEDがなくても発光するので、マイク感度を調整するのに使えます。

この他に、現在のstatus(ステイタス)を表示するLEDも付けました。LEDは2つあって、StopとReadyのLEDのどちらかが点灯します。Readyというのは、音待ち状態にあるという意味で、multipleモードではReadyが常時点灯します。singleモードではReadyが点灯しているときに音が入るとパワーLEDが1回だけ点灯します。

Stopというのは音待ち状態ではないという意味で、singleモードでの初期状態はこれになります(multipleモードではStopは点灯しない)。この状態では音を拾ってもパワーLEDは点灯しません。点灯させるには、Startボタンをチョイ押ししてReady LEDが点灯するようにします。この後に音を拾うとパワーLEDが1回だけ点灯して、その後Stop LEDが点灯します(これが点灯すると、その後音を拾ってもパワーLEDは点灯しない)。

実際の撮影では、周囲の音を拾ってパワーLEDが点灯してしままわないように、singleモードにしておいて(初期状態はStop)、撮影準備が整ってから、Startボタンをチョイ押ししてReady LEDが点灯させた後にミルクを滴下するという手順になります。

multipleモードは撮影以外で、音に合わせてパワーLEDがピカッ、ピカッと光る遊びに使えます。

配線図は今度の土日に描きます。
ミルククラウン撮影用のパルス光源駆動回路
*
[4042] inara1 (2018/05/30 16:36)

44 21

motomura
2018/06/22 12:46

オシレータの関連ネタですが別スレッドにしました。

ねがてぃぶろぐ
http://gomisai.blog75.fc2.com/
に出ていた正弦波発振器(回路図のリンクは切れている)をユニバーサル基板に作ってみました。抵抗やコンデンサを後で差し替えられるように、ピンソケット
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-01591/
をばらしたものをソケットにしています。抵抗やコンデンサの値を少々変え、振幅調整VRを追加しました。1μFのコンデンサに書かれている(BP)は極性なしという意味です。

歪調整VRはなかなか難物です。調整点によっては、他の周波数レンジで発振しなくなります。三端子レギュレータで15Vを作り、LTC1144で-15Vを作っています。消費電流は20mA程度なので小型の78L15で済みます。LTC1144の出力は安定化されていないので、念のために79L12で-12Vに安定化してオペアンプの負電源としています。

周波数調整用のVRは2連の10kΩが必要です。秋月の2回路・6接点のロータリースイッチで周波数レンジを切り替える予定です。
正弦波発振器
*
[3860] inara1 (2018/05/01 09:14)

95 36

daruma
2018/06/19 16:36

前回8チャンネルオーディオセクターでお世話になりました。
今回は船のスイッチボックスを作りたく投稿させて頂きます。
本電源は24V(24〜28V)
制御するのは電球やLEDライト等です。
12回路図を予定しています。
スイッチはこれ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-04075/
を使い一度押してオン、もう一度押してオフになる、オン時にはスイッチのLEDが光るようにしたいです。
フリップフロップ回路を使うといけるようなのですがよく分かりません。
IC を使うと制御分の電源は5Vが良いかと思い制御分の電源は
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-02038/
を使い5Vで
リレーも5Vのこれ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-06696/
を使いたいと思っています。
全体的な回路がわかりません。
今回もお力をお借りしたくよろしくお願いいたします。
船のライト用スイッチ

[4020] Tomo (2018/05/26 13:44) mail

20 5

Tomo
2018/06/18 12:35

inara1さん、こんばんは。お世話になります。

以前、回路を作っていただいた微小電流測定ユニットのことで、また教えてください。

通常で使用するレンジはR9〜R7の範囲にしています。電流測定端子の二つを接続して0点を確認してから使用しています。

今日の質問はこの通常の使用ではないことで質問させてください。

以前、このように↓教えていただきました。


「Re: 5レンジ電流−電圧変換 - inara1
2012/04/23 (Mon) 19:03
7pin-6pin間に100pF程度のコンデンサを入れてみてはいかがでしょうか。オペアンプの反転入力端子(6pin)と出力端子(7pin)間に抵 抗を入れて電流−電圧変換させる回路では、抵抗値が大きくなると、反転入力端子の入力容量によって発振しやすくなります。これは周波数特性にピークができ るため(そのピーク周波数で発振する)ですが、反転入力端子(6pin)と出力端子(7pin)間にコンデンサを入れることで、ピークをなくすことができ ます。私がブレッドボードで組んだときの写真(上から2番目)では、リード線をよじっていますが、これには意味があります。1つは、「よじり」によって、 6pin-7pin間の線間容量が増えるために発振しにくくなっていること、もう1つは、ねじることで外来ノイズの影響を受けにくくする効果があります (ねじることで配線が作るループが小さくなるので磁束で誘起されるノイズが減る)。」

今度はこの発振を利用したいのです。

電源ON時に、手元のこのユニットでこの発振をオシロで測ると、
電流測定端子の両端子間で約32kHz,
測定端子を開放にして、出力端子間で約36kHz有ります。
(画像次の投稿にて)

の発振周波数を、これを中心に上下に変更させて実験したいのです。
どんなふうに改造すれば良いですか?

ご教示よろしくお願いします。
微小電流測定ユニットの発振について
*
[4047] chy_farm (2018/05/31 21:11)

15 7

chy_farm
2018/06/15 18:55

秋月で見つけました。

◆Nutube 6P1 直熱型双三極管
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-11130/
◆評価基板
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-13411

本家KORGのサイトはここ↓
https://korgnutube.com/jp/

大幅な省エネ化(従来比2%以下)と省スペース化(同30%)を実現したとあります。

ただ、どうして端子部分の互換性をオプションパーツなどで用意していないのか疑問です。
かなりの需要が見込まれると思うのですが。
Nutube(直熱型双三極管)
*
[4095] sealockman (2018/06/13 03:11)

3 1

inara1
2018/06/13 09:55

返信数が99に達したので新規に作成しました。

回転数計の較正用の100Hzのパルス発生回路の配線図を添付します。ダイオードブリッジはこちらで使ったこれ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-11666/
を想定した配線図ですが、外部のダイオードブリッジを使う場合は、配線図を適当に修正してください。

>AC12VからDCへ変換時のDOWNは無視して良いですか?DC10.4Vになります。
DOWNって何でしょうか。
LED点滅(2)
*
[3961] inara1 (2018/05/12 10:26)

32 13

motomura
2018/05/25 20:40

5/15に秋月からアナログシンセサイザキットが発売されました。
フロントパネル付き(\5800) http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-12334
フロントパネルなし(\4000) http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-13271
パネルだけで\1800もしますがパネル付きを買いました。

筐体はありませんが、ここ
http://www.nekonohou.com/2018/05/noise-toaster.html
のように木箱に入れればカッコよくなります。

どんな音が出るかはYouTubeに出ています。
https://www.youtube.com/watch?v=f8_3p8SpsZ0&list=PLVMOcCLZtPTLrs8wiV6Gk6JcYLUlmK2PQ

回路図はここです。
http://musicfromouterspace.com/analogsynth_new/NOISETOASTER/NOISETOASTER.php

純粋なアナログ回路です。トランジスタは日本製でないですが、2N3904→2SC1815、2N3906 → 2SA1015、2N5457 → 2SK30、1N914 → 1N4148 で置き換えられると思います。LM324はLM358の4回路入りバージョンです。2N3904、2N3906、2N5457、LM324、1N914は秋月にあります。

motomuraさんがミニオシロを購入しましたが、音色と波形の関係を調べると面白いかもしれません。

このキットは当面は未開封になると思います。時間があるときに作ってみようと思います。
秋月のアナログシンセサイザキット

[4009] inara1 (2018/05/22 15:29)

1 0

daruma
2018/05/23 17:56

inara1さま
よろしくお願いいたします。
------------------------------------
LED1個を1秒間に100回〜1000回位(可変)点滅させたいのですが可能でしょうか?
(1回のLED点灯時間はなるべく短く)

ストロボスコープの代わりとして使いたいのですが。
------------------------------------
LEDは瞬間点灯はできますか?
LED点滅

[3743] motomura (2018/04/07 16:41) mail

99 25

motomura
2018/05/12 08:56

  1. 前8件
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. ...
  10. 19
  11. (1-8/150)
  12. 次8件