秋月ファンクラブ掲示板

No.3586へ返信

記事投稿フォーム
補助
送信

daruma(2017/12/25 Mon 23:24) [ 編集 ] [ 返信 ]

Re^3: フォトMOSリレーを使った8チャンネルセレクタ

JPG 960x720 35.1kb

次のネタをどうしようかと考えていたのですが、原点回帰でこれに取り組みたいと思います。

2012/10/24 (Wed) 16:53、旧秋月ファンクラブ掲示板で初めてinara1さんに質問したのが「4chオーディオセレクタ 」でした。
「どのマイクを(入力選択)どの無線機に(出力選択)」にPTT(PushToTalk)スイッチとスピーカーも絡めたセレクタをというネタでした。おまけにLEDサウンドメーターまで詰め込んだぎゅう詰めで、お蔭様で完成にこぎつけました。お世話になりました。

で、今になってみるとハンダ付けも怪しく死んでいるCh等の不具合も出て、マイクやリグ(無線機)のコレクションも増えたことだし心機一転新しい回路であらためて作ろうと思います。

全体像は図のとおり前作と変わりません。
入力セレクタ部は、マイクを平衡で使いたいので(キャノンコネクタを使いたいというこだわりで)、マイクのH/C2芯を切り替えるのがよいかと思います。GNDは共通でよいのかもしれませんが、後段の無線機も含めそれぞれのシャーシGNDが結ばれていないしPTTスイッチもあるので、GNDも含め4ラインを切り替えることを考えています。
出力セレクタ部は、マイクH/CとPTTが「8Chのどれへ」なのですが、以前の回路が双方向可だったのとは違い今回の回路には、
> 信号入力は必ずIN側としてください(逆にすると信号源の出力が短絡されてしまう)。
と但し書きがありますね。この点は回避できるでしょうか。また、スピーカー切替(どの無線機出力をSPに繋ぐか)は「8Chから一択」なのですが同一セレクタでいっしょに切替できるのではと思います。
普通のリレーを使った回路のほうがシンプルに双方向にできるでしょうか。

マイクはインピーダンス600Ω、PTTスイッチはDC5〜12V(機種により異なる)のON/OFF、スピーカーはインピーダンス8Ωと想定しています。

フォトMOSリレーを複数パラにして扱える信号ラインを増やす作戦で行けますよね。