秋月ファンクラブ掲示板

No.4822へ返信

記事投稿フォーム
補助
送信

inara1(2019/05/03 Fri 16:01) [ 編集 ] [ 返信 ]

Re^3: 単相 Inverter の仕組み、その他

JPG 720x832 171.2kb

LTspiceで同じことをすると添付画像のようになります。

実在のコンパレータICを使わずに、ビヘイビア電圧源(デバイスリストにある名前はbv)を使ってコンパレータと同じ動作となるように、IF文で記述しています。

PWM変調された信号(out1)をローパスフィルタに入力して高周波成分を抑制すると元の波形が復元できます(振幅は大きくなっている)。

LTspiceの回路図ファイルの中身はテキスト形式で書かれているので、以下の内容を適当なテキスト編集ソフト(NotePadやWordPadなど)に張り付けて、ファイル名.ascという名前(拡張子をascとする)で保存すると、そのままLTspiceで読み込めます。

Version 4
SHEET 1 1672 680
WIRE -528 -320 -528 -368
WIRE -528 -192 -528 -240
WIRE -320 -192 -320 -240
WIRE -208 -192 -320 -192
WIRE -80 -192 -128 -192
WIRE 32 -192 -80 -192
WIRE -80 -160 -80 -192
WIRE -80 -64 -80 -96
WIRE -528 -32 -528 -80
WIRE -320 -32 -320 -192
WIRE -528 96 -528 48
WIRE -320 96 -320 48
FLAG -528 -192 0
FLAG -528 -368 tri
FLAG -528 96 0
FLAG -528 -80 sin
FLAG -320 -240 out1
FLAG -320 96 0
FLAG -80 -64 0
FLAG 32 -192 out2
SYMBOL voltage -528 -336 R0
WINDOW 0 52 52 Left 2
WINDOW 3 -1114 54 Left 2
WINDOW 123 0 0 Left 2
WINDOW 39 0 0 Left 2
SYMATTR InstName V1
SYMATTR Value PULSE({-A_tri} {A_tri} 0 {1/2/f_tri} {1/2/f_tri} 0 {1/f_tri})
SYMBOL voltage -528 -48 R0
WINDOW 0 52 52 Left 2
WINDOW 3 -519 44 Left 2
WINDOW 123 0 0 Left 2
WINDOW 39 0 0 Left 2
SYMATTR InstName V2
SYMATTR Value SINE(0 {A_sin} {f_sin} 0)
SYMBOL bv -320 -48 R0
WINDOW 0 58 38 Left 2
WINDOW 3 54 99 Left 2
SYMATTR InstName B1
SYMATTR Value V=IF(V(tri)-V(sin)+0.5, {out_L}, {out_H})
SYMBOL res -112 -208 R90
WINDOW 0 0 56 VBottom 2
WINDOW 3 32 56 VTop 2
SYMATTR InstName R1
SYMATTR Value 100k
SYMBOL cap -96 -160 R0
WINDOW 0 44 10 Left 2
WINDOW 3 44 56 Left 2
SYMATTR InstName C1
SYMATTR Value 0.01uF
TEXT -1256 -712 Left 2 !.param f_tri=1.6kHz A_tri=1V
TEXT -1256 -464 Left 2 !.tran {2/f_sin}
TEXT -1256 -648 Left 2 !.param f_sin=100Hz A_sin=0.8V
TEXT -1256 -584 Left 2 !.param out_L=-10V out_H=10V
TEXT -1256 -520 Left 2 !.ic V(out2)={(out_L+out_H)/2}