秋月ファンクラブ掲示板

No.4885へ返信

記事投稿フォーム
補助
送信

chy_farm(2019/08/18 Sun 21:33) [ 編集 ] [ 返信 ]

Re: IRS2108(Half-Bridge-Driver)を使ってみました

JPG 1928x978 169.5kb

この後は、実際に141VをInputして実験したいので、その前にスナバー回路を追加しようとしています。

手元のサンプル回路によれば、ここに使うダイオードはSchottky Barrier Diodeを使え、となっています。

この部分は、ハイサイドのゲート電圧に、141Vが加わる部分で、そのOFFのときにスパイクが出るとすると200Vにはなってしまうのでは、、、と考えました。

そうすると、ショットキーダイオードは耐圧の高いものにしなければならないのかも、と考えました。

そうすると、秋月では次の二つがありますが、一つ目は4個買うと3200円もします。

SiCショットキーバリアダイオード 650V20A
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-13750/

ショットキーダイオード(150V20A)
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-06169/

二つ目(画像に挿入のもの)は安価ですが、これを直列で使用するとか、、、はできるのでしょうか?